Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ


サイト全体に関わるJavaScriptの機能の概要

サイト全体に関わるJavaScriptの機能の概要

日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

HPウェブサイトJavaScript使用の解説

HPウェブサイトでは、共通のいくつかの機能・効果を実現するためにJavaSciptをページソースの中で用いています。ただし用途としてはあくまでも補助的に、あるいは機能的に他の手段でニ重化されていることを前提に用いており、JavaScriptが実行できない、または実行しないことを選んだ環境にいるユーザにも不自由なくサイトを利用していただけるように使用を制限しております。下記に、これらサイト共通で使われているJavaScript機能について解説しています。またここで説明されている共通機能に加えて、サイトの特定エリア、ページに限定された機能・目的のために導入されるJavaScriptも今後考えられますので、ご了承ください。

スタイル(CSS)のカスタマイゼーション

HPウェブサイトでは、ユーザが用いているブラウザやOSを判別する目的にJavaScriptを用いています。各々のブラウザの性質上、データ表示の現れ方はまったく同じではないので、出来る限り各々のユーザの環境で見やすく使いやすいように、フォント、色、スペースなどを制御したいと考えています。これには通常、CSS(Cascading Style Sheets)と呼ばれる方法を用いて行いますが、HPウェブサイトでは、ユーザがページを参照したとき、JavaScriptによってそのユーザの環境にもっとも適していると考えられるCSSを動的に選定して送り出します。もしJavaScriptが動作しない状況であれば、ブラウザのデフォルト(通常定義)の状態にて、問題なく表示されます。

イメージのロールオーバー

HTMLソース上でリンクが"roll over"と定義されているものは、画像が変化します。具体的には、マウスを画像イメージの上に載せたときに、画像が変化し、マウスを画像イメージからはずすと元の画像に戻る動作をロールオーバーといいます。
これは純粋に生き生きとした感じを演出する視覚効果であって、たとえJavaScriptが実行されない環境にあってもリンク自体は通常どおりの動作になります。

プルダウンメニューのナビゲーション

HPウェブサイトで、プルダウン形式のリンクメニューがナビゲーションに使われているページがあります。これらはドロップダウン式の入力フォームによって構成され、いくつかの移動先ページの選択肢を表示し、プルダウンから選択することで即座に選択されたサイト・ページへの移動が実現します。このリンク動作は、JavaScriptによって実現されており、この場合JavaScriptが動作しない環境ではリンクは無効になります。が、これらのリンクはサイトのほかの箇所で同じリンクが提供される形となっており、プルダウンは利便性を向上させるショートカットとして用いられています。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡