電源オプション

セカンダリトラベルバッテリを使用すればバッテリ駆動時間が最大約5.3時間(JEITA値)に拡張できます。
また、セカンダリトラベルバッテリを装着したままオプションのドッキングステーションにもドッキング可能なスマート設計です。
閉じる