ハードディスクドライブパーティショニング
ハードディスクパーティションメニューでは、あらかじめ、システムの動作に必要なファイルを格納するSYSTEMパーティションと、復元用ドライブであるHP Recoveryパーティション(Dドライブ)の領域を確保した上で、残りの領域について、お選びいただいたパーティションメニューの比率にて、オペレーティングシステムがインストールされるCドライブと、論理ドライブ(EおよびFドライブ)を設定します。別途購入可能なリカバリメディアを使用してリストアを実行した場合も、ここでお選びいただいたパーティション設定が再現されます。
リストアの実行後は、ハードディスク上に保存されたデータは、その保存先にかかわらず、すべて消去されます。
閉じる