Jump to content
日本-日本語

HP Directplus 個人のお客様向け

 お問い合わせ

省エネ 【消費電力を下げる】
HPのパソコンを上手に使って、賢く節電!

 
Content starts here
HPのパソコンを上手に使って、賢く節電!省エネ×ピークシフト

家庭での節電効果を高めるために、パソコンでできること─。
HPは、「省エネ」と「ピークシフト」をいう2つのキーワードを中心に、パソコンの上手な節電方法を提案します。

家庭内でのパソコンの消費電力は、意外と少ない!?

家庭内消費電力構成グラフ 出典:資源エネルギー庁 「平成16年度電力需要概要」

出典:資源エネルギー庁 「平成16年度電力需要概要」

上手に節電するために、まずは家庭内での消費電力の構成を見てみましょう。一般家庭でのパソコンの消費電力は、実は意外と少ないのです。

とはいえ、パソコンは性能や使い方によって、変動が大きくなるのも事実。

節電効果を高めるためには、省電力性の高いパソコンを選ぶこと、そして上手な使い方をすることがポイントです。

最新のテクノロジーでしっかり節電 - Tab - Selected

最新のパソコンってこんなにすごい!

機能だけじゃなく、消費電力もこんなに進歩!

最新の「Windows® 7」が搭載されているパソコンは、優れた電力管理機能を搭載しているのも特長です。
一般的な使い方を想定した場合、「Windows® XP」時代のパソコンに比べて、デスクトップパソコンで約49%、ノートパソコンで約55%の電力しか消費しません。
最新OSの効率のよい電源管理機能は、省エネにも大きく貢献しているのです。

グラフ:2年前のパソコンと最新のパソコンの消費電力処理スピードの違い

日本マイクロソフト調べ

 詳細はこちら日本HP外のウェブサイトへ

最新のプロセッサーを搭載したパソコンならこんなに節電!

処理スピードも上がって時短にも貢献

最新の第2世代インテル® Core™ プロセッサーと、数年前のプロセッサーを比較すると、同じ内容の操作を行っても処理に掛かる時間が大幅に短縮されていることが分かります。
動画編集などの負荷の高い処理をおこなう機会が多い方ほどこの傾向は顕著となり、操作時間の短縮は消費電力に大きな影響を与えます。最新プロセッサーを搭載したパソコンを使うことは、それだけで高い節電効果を生むのです。

新旧デスクトップ 処理速度、消費電力比較

グラフ:3年前のパソコンと最新のパソコンの消費電力の違い
グラフ:3年前のパソコンと最新のパソコンの処理スピードの違い

* インテル調べ
【テスト条件】1分12秒のHDビデオの圧縮
(MPEG2形式のファイル171MB(1280×720)をMPEG4-AVC形式のファイル36MB(720×405)に変換
■テストマシン
デスクトップ
3年前のパソコン:HP Pavilion Desktop PC v7480jp
(インテル® Core™2 Duo プロセッサー E8400/Microsoft® Windows® Vista Home Premium/ Microsoft® Office Personal 2010+HP 2009f 20インチワイド液晶モニター)
最新のパソコン:HP Pavilion Desktop PC s5-1050jp
(インテル® Core™ i5-2300 プロセッサー/ Microsoft® Windows® 7 Home Premium/Microsoft® Office Personal 2010+HP 2011x 20インチワイドLED液晶モニター)


新旧ノートパソコン 処理速度、消費電力比較

グラフ:3年前のパソコンと最新のパソコンの消費電力の違い
グラフ:3年前のパソコンと最新のパソコンの処理スピードの違い

* インテル調べ
【テスト条件】1分12秒のHDビデオの圧縮
(MPEG2形式のファイル171MB(1280×720)をMPEG4-AVC形式のファイル36MB(720×405)に変換
■テストマシン
2年前のパソコン: HP Pavilion Notebook PC dv6200
(インテル® Core™2 Duo プロセッサー T7200/Microsof® Windows® Vista Home Premium/ Microsoft® Office Personal 2007)
最新のパソコン: HP Pavilion dv6-6000(インテル® Core™ i5-2410M プロセッサー/ Microsoft® Windows® 7 Home Premium/Microsoft® Office Personal 2007)

最新のLEDモニターは、消費電力が約57%削減!

HPのモニターは、これまで主流だった蛍光管バックライトから、LEDバックライトを採用。高品質な映像を描画する性能に加え、省電力性にも優れています。

グラフ:2年前の蛍光管バックパネルモニターと最新LEDバックパネルモニターの通常消費電力の違い

こんなにすごい!HPの最新テクノロジー

SSDは処理も早くて省電力な優れもの

SSD(Solid State Drive)は、ハードドライブと比べ、データの読み書きが速いだけでなく、回転部やモーターが無いため、消費電力がとても低いという特長を持っています。
HPSSD搭載モデルを活用することにより、節電効果の高い環境を作ることが可能となります。

シーンに応じて、賢く使い分け

最新のノートパソコンには、必要に応じてグラフィックスを切り替える「Switchable Graphic」が搭載されています。

たとえば、動画編集やゲームなどの高負荷な操作をする場合は、高いパフォーマンスを必要とするグラフィックス。

日常のインターネットやメールなどを利用する際には、消費電力が少ないオンボードグラフィックスへ切り替えるなどして、消費電力をコントロールすることができます。

ピークシフトを自動で管理【HP Power Assistant】

「HP Power Assistant」は、電源設定のスケジューリングや、設定したモードの節電量を金額ベースに換算することが可能。節電効果を目で直接確認できる便利なツールです。

詳しくはこちら

電気を効率よく利用する【Active PFC】

「Active PFC(Power Factor Correction)」回路を採用した電源ユニットは、電源に入ってきた電力を、より効率的に使用することができます。無駄な消費電力が抑えられるため、とても経済的です。

HPの省エネへの取り組みは、世界各国から高い評価を受けています。

HPは2009年に、「2011年末までに、2005年対比で40%の消費電力を削減する」という高い目標を掲げました。
グローバルベンダーの中でも、独自に厳しい基準を設け、これに積極的に取り組むことで、2011年3月には、50%の消費電力を削減することに成功。予定より9ヶ月も早く、より高い目標に到達することができました。

こうした、省エネへの高い意識と積極的な取り組みは、世界各国から高い評価を受け、Newsweek誌の2010年グリーン企業ランキングで米国内・グローバルそれぞれで2位を獲得しました。

☆ Newsweek誌Green Rankings:U.S.Companies 第2位獲得
☆ Newsweek誌 Green Rankings:Global Companies 第2位獲得

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。

※ HP DirectplusではMicrosoft® Internet Explorer 7.0以上が推奨ブラウザとなります。

お見積り・ご注文のご依頼

法人のお客様
(従業員100名未満)

フリーダイヤル0120-830-130

 個人のお客様はこちら

法人のお客様
(従業員100名以上)

フリーダイヤル0120-676-232

 個人のお客様はこちら

官公庁、教育/研究機関、
医療機関のお客様

フリーダイヤル0120-703-203

 個人のお客様はこちら

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜19:00 (土・日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)

※ 複数台をご検討中のお客様は是非上記電話番号までご連絡下さい。  担当のスタッフが対応させて頂きます。

● コールバックをご希望のお客様

ご都合のよいお時間にお電話差し上げます。
<携帯電話からも無料!>
 コールバックご希望のお客様はこちら

● Eメールでのお問い合わせ

ご意見・ご要望および製品に関するご質問を申込フォームにてお伺いいたします。
弊社からのご返答はEメールとなります。
 お問い合わせフォームこちら

製品仕様についてのお問い合わせ

● 製品仕様について

フリーダイヤル0120-436-555

(携帯電話・PHS) 03-5749-8291

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜19:00、土曜日 10:00〜17:00
(日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)

ご購入後のご質問と修理受け付け

● ビジネスデスクトップ、ビジネスノートPC

操作や技術的なお問い合わせ

操作や技術的なお問い合わせ

フリーダイヤル0120-566-589

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜21:00、土曜日 9:00〜17:00

修理受付や修理状況のお問い合わせ

修理受付や修理状況のお問い合わせ

フリーダイヤル0120-206-042

受付時間 : 月曜日〜金曜日 9:00〜17:00

 個人のお客様はこちら

● その他の製品 : 
製品・技術的なご質問や修理に関するお問い合わせは こちら から