Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

HP Technology at Work

実行していますか?省エネ対策

HP Directplus
個人のお客様
法人のお客様
(従業員500名未満)
法人のお客様
(従業員500名以上)
公共機関のお客様
製品カテゴリ
デスクトップ
ノートブック
ワークステーション
x86サーバ/ストレージ
サーバ・ソフトウェア
PDA(iPAQ Pocket PC)
プリンタ
プリンタサプライ&
アクセサリ
保守サービス
純正オプション
その他オプション
(他社製品)
カートの中身を確認
お知らせ
キャンペーン&新着情報
新聞・雑誌広告ギャラリー
サポート
販売代理店一覧
HP Directresellerの
ご案内
アフィリエイトプログラム
ソリューション/
SIサービス
サイトマップ
お客様向け情報
見積構成の確認
注文状況の確認
納品先の確認
登録内容の変更
 
コンテンツに進む
HPが取り組む新たな「エコ施策」とオフィスの「CO2削減術」

掲載記事についてさらに詳しくは(英語サイト)

≫  Switch on to energy conservation
今、二酸化炭素排出量削減は、早急に取り組むべき地球規模のテーマ。特に、企業による排出量は全体の約半分を占め、企業はもちろん、そこに属する人の個人レベルでの努力も、ますます強く求められる傾向にあります。世界の省エネ意識が高まる今、私たちは何を実行すべきなのか?……参考として、HPの昨今の「エコ施策」の動きと、オフィスで実行できるCO2削減のヒントをお伝えします。


「グリーン・コンピューティング」を目指すHPの新たな試み

気候変動や環境破壊など、地球に大きな影響を与えるものとして問題視されている、二酸化炭素排出量の増加。昨今は「カーボン・フットプリント(人間の活動によって1日に排出される一人あたりの二酸化炭素推定量)」という指標も登場し、その削減への取り組みが、今年1月のダボス会議※1のテーマになるなど、環境問題への意識は今、世界的な高まりを見せています。
そんな中、活発化しているのが、放出量の半分を占める産業界の取り組み。人間が活動する以上、資源の消費や、廃棄物の排出、それによるCO2排出を避けることはできないのですが、「国や企業、ひいては一人一人の心がけで、その減少に寄与することはできる」という観点から、さまざまなエコ・プロジェクトを発足させ、本格的対策を試みる企業が続々と増える傾向にあるのです。

例えば、社会貢献的な立場からエコロジー施策に取り組む「グローバル・シチズンシップ・プログラム※2」の実施や、エネルギー効率を高めるための「リサイクル・再利用が容易な製品」の製造、サプライチェーンすべてにおける高い対策レベルの維持……などは、CO2排出削減のための代表的な施策の一例。

HPももちろん、こうした課題に積極的に取り組んでいるのですが、昨今の新たな動きとして、「製品の“設計改善”でエネルギー効率を向上させる」という施策にも着手。IT Eco Declaration(ITエコ宣言)や、特定のエコラベルの基準を満たす製品を次々に発表し、お客様に、エネルギー効率のいい製品を選んでいただくことで、コスト削減や環境負荷の削減に貢献しようとする試みを進めています。
これは、今後IT企業に強く求められる企業理念「グリーン・コンピューティング」※3の第一歩とも言えるもので、対象となっているいくつかの製品カテゴリーについてご紹介しておきましょう。

エネルギー効率に優れた、新しいBusiness Desktop PC

HPが新たに発売したHP Compaq dc5700、dc5750、dc7700などのデスクトップPC、は、消費電力が従来の製品より少なく、昨今のユーザーの「消費電力管理」「冷却の効率化」といったニーズにも対応。米国環境保護局(Environmental Protection Agency)と協調して環境保護に取り組んでいる団体「ENERGY STAR」が設けた基準であるENERGY STAR 4.0にも適合し、信頼性の向上やメンテナンスコストの低減、空調コストの低減などのメリットを発揮しながら、製品の寿命を大幅に延ばすこともできます。

オールインワン(AiO)複合機

プリンタ、スキャナ、コピー機(製品によってはファクシミリまで)を、一つの装置に統合したオールインワン複合機。利便性に優れるだけでなく、それぞれの単一製品を設置する場合より、使用する材料、エネルギー、包装等について、40%前後の削減を行うことができます。

独自設計が施されたHP BladeSystem c-Classサーバ

ファンの設計から高度センシング技術、電力管理技術に至るまで、画期的なテクノロジーが駆使されたブレード型サーバ。通常型のサーバに比べ、エネルギー消費を30%以上節減できるのが大きな特徴となっています。
※1 世界の有力企業、知識人、ジャーナリスト等が、毎年スイスのダボスでグローバルな問題を話し合う世界会議。
※2 “良き地球市民” としての施策。HPでの取り組みはこちら
※3 いかに環境負荷を与えることなく、増大するコンピューティングのニーズを満たすか、という考え方。

一人一人のちょっとした心がけが、地球への負荷削減につながる

なお「省エネ仕様の機器」を備える一方で、もう一つ試みたいのが、毎日のオフィスで実行できる「省エネ策」。まずは、「あるべき理想を明確に」して目標を定め、「環境負荷を作り出しているのも自分」なら、「それを減らせるのも自分」だという意識を強く持ち、やるべきことをきちんと実行することが重要です。大きな結果も、小さな積み重ねから生まれるもの。一人一人のちょっとした心がけを、地球への負荷削減につなげていくことは十分可能なのです。以下はCO2削減につながるいくつかのヒント。あなたもぜひ早急に実行してみてください。

  • 「電力の消費」「印刷用紙の使用」「リサイクル」「新規購入ガイドライン」など、社内の方針を策定しましょう。
  • PCや各種機器を使用していない時は電源を切り、省電力機能を常にオンにしておきましょう。
  • 日常業務での印刷やコピーには再生紙を使用し、ドラフトモードを使いましょう。
  • 打ち合わせ、トレーニング、会議は、可能な限りオンラインで行いましょう。
  • 現在使用中の電球をエネルギー効率のいいものに変え、使用しないときは消しておきましょう。
≫ ご感想をお聞かせ下さい
抽選で3名さまに「iPAQ」をプレゼント!
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 HP Directplus販売条件
本ページに掲載される製品の色、デザイン、仕様、価格、その他の情報は、予告なしに変更されることがあります。