Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

HP Technology at Work

仕事がはかどる!PCの徹底活用術

HP Directplus
個人のお客様
法人のお客様
(従業員500名未満)
法人のお客様
(従業員500名以上)
公共機関のお客様
製品カテゴリ
デスクトップ
ノートブック
ワークステーション
x86サーバ/ストレージ
サーバ・ソフトウェア
PDA(iPAQ Pocket PC)
プリンタ
プリンタサプライ&
アクセサリ
保守サービス
純正オプション
その他オプション
(他社製品)
カートの中身を確認
お知らせ
キャンペーン&新着情報
新聞・雑誌広告ギャラリー
サポート
販売代理店一覧
HP Directresellerの
ご案内
アフィリエイトプログラム
ソリューション/
SIサービス
サイトマップ
お客様向け情報
見積構成の確認
注文状況の確認
納品先の確認
登録内容の変更
 
コンテンツに進む
PCの性能を引き出す7つの“コツ”

掲載記事についてさらに詳しくは(英語サイト)

≫  Seven habits for better computing
あなたは自分のPCの能力を最大限に引き出し、要領よく効率的に使用していますか? ファイル検索や、システム、ソフトウェアのトラブル対処に多くの時間を費やしていませんか?…デスクトップの整理整頓やウィルス対策が重要なことはわかっていても、ついその作業は先延ばしにしてしまうもの。しかし、いくつかのコツを習慣づければ、あなたのPCは、今より格段にパフォーマンスを上げることができるのです。そこで、あなたの生産性とデスクトップやノートパソコンのパフォーマンス向上に役立つ、7つの方法を列挙してみましょう。


ファイリングシステムを整理する

重要なファイルを探し出すのに手間取って、時間をムダにしてしまう経験はありませんか? 実は、目的のファイルを探し出すのは、そんなに大変なことではありません。一貫性を持たせたファイリングシステムをあらかじめ決めて、そのルールに従って分類と整理を行えばいいのです。ここで大事なのは、現在進行中の作業と、完了した作業をきちんと分けておくこと。なお、フォルダやディスクなど複数の場所にまたがったファイル整理では、ショートカットを使うのが便利です。
手順は、対象ファイルを右クリックして「ショートカットの作成」を選択するだけ。作成したショートカットをフォルダにドラッグ&ドロップすれば、オリジナルのコピーが保持されます。

受信トレイを整理する

メールソフトの受信トレイがいっぱいになる前に、メールの内容や目的に応じてサブフォルダを作成して、分類、整理することが大切です。懸案事項、進行中のプロジェクト、得意先顧客……など、自分にわかりやすいカテゴリを作成して、メールを分類していきます。ルールに基づいて、受信トレイを整理してしまえば、検索ツールで特定のメールを探し出すのは簡単です。例えばOutlookであれば、[ツール] − [検索] − [高度な検索]を使って、送信者やキーワードなどの検索基準で簡単に目的のメールを検索することができます。

写真を整理する

ファイリングシステムは、写真を整理したり探したりするのにも便利ですが、写りが悪かったり、同じアングルの写真が何枚もあるなど、保存する必要性のないものまでストックしてしまう場合も多く、データ量の増大など思わぬ不都合を招くケースも見受けられます。撮影した写真をデジタルカメラからダウンロードする際には、ストックする必要のないものはすぐその場で削除をする習慣を持つことが大切です。また、保存するものには、撮影日付などの他に、後からでもわかりやすい
タイトルをつけ、フォルダ毎に整理していきます。例えば、年毎にマスターフォルダを作成し、サブフォルダに「イタリア旅行」「休日のパーティ」…というように名前をつける、という具合です。

PCをメンテナンスする

コンピュータを最適な状態で動かすには、車のように定期的な調整が必要です。PCを調整するのは簡単です。[スタート] −[すべてのプログラム]− [アクセサリ] − [システムツール] − [ウィザード]を選択し、メンテナンス関連の指示に従えばいいのです。メンテナンスウィザードは、スキャンやデフラグのようなメンテナンスを行い、ファイルが論理的にきちんと保存されるようにします。また、定期的なディスクエラーの整理やハードドライブの中の「プロパティ」ボックスからテンポラリファイルを取り除くことなどを実行しましょう。これによってあなたのPCはより高速化し、時間を節約できるようになります。

不意のアクシデントに備える

電圧変化など、PCの致命的な被害に結びつくアクシデントに見舞われても困らないよう、システムの復元機能を使って、PCのシステムファイルと設定のスナップショットを作っておきましょう。スナップショットを作成しておけば、突然のアクシデントに見舞われても、システムを元に戻すのは簡単です。[スタート]−[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[システム ツール]−[システムの復元]を実行します。インターネットからソフトをダウンロードするなど、危険予知できるアクションを実行する前に、復元ポイントを作成することを習慣づけるようにしたいものです。

自分のPCを守る

ウィルスやソフトウェアのバグなどに冒されると、セキュリティが脅威にさらされ、情報漏えいなどのリスクが発生するだけでなく、PCのパフォーマンスが著しく悪化し、作業の生産性をひどく落とすことになります。そんな危険を阻止するために、最新のウィルス対策ソフトを使いましょう。また、常に最新版のウィルス定義ファイルへ更新することも大切です。また、ソフトウェアメーカーからの、バージョンアップの通知には必ず目を通し、ソフトウェアの最新性の維持も忘れずに。

休憩をとる

長時間PCの前に座ることは、思っている以上に疲れる作業です。生産性を保ちながら身体の故障やストレスを防ぐには、姿勢を正しくし、規則的に休憩したり、手足をストレッチしたり、歩いたりすることが大切です。また、目の疲れを防ぐには15分ごとに30秒くらい目を休ませましょう。一時間ごとにもう少し長めの休憩をとれれば理想的です。

≫ ご感想をお聞かせ下さい
抽選で3名さまに「iPAQ」をプレゼント!
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 HP Directplus販売条件
本ページに掲載される製品の色、デザイン、仕様、価格、その他の情報は、予告なしに変更されることがあります。