Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

HPスイッチで通信インフラを刷新

市川市

お客様事例

市川市
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

情報系ネットワークの信頼性、安全性向上を実現

千葉県市川市では、1990年代後半より行政サービスのIT化を進めてきましたが、相次ぐ拡張によってネットワーク環境が複雑化。また、障害が多発するなど、信頼性に関わる問題も生じていました。そこで同市では、情報系ネットワークの再構築を実施し、コア・スイッチには、「HP A7506」、ディストリビューション・スイッチには「HP A5500 EI」、エッジ・スイッチには「HP A3100 EI」を導入しました。また、サーバ仮想化ソフトによるシステム統合も実施し、ITコスト削減と運用効率化に成功しました。
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(976KB)

導入背景

IT 活用を積極的に推進し、住民サービスの向上に努める

導入効果

以前のように障害に悩まされることがなくなった

課題

情報系ネットワークの信頼性低下が課題に
基幹系ネットワーク及び本庁舎内の情報系ネットワークの機器が老朽化。
各種情報システム安定稼動のために、停止しないネットワークの構築。
動画配信等に対応する為、情報系ネットワークの帯域拡張が急務。
情報漏洩防止に対するセキュリティの確保。


お客様背景

IT活用を積極的に推進し、住民サービスの向上に努める

千葉県の中核都市の一つとして、古くから発展してきた歴史を誇る市川市。住民サービスにITを活用しているのも同市の大きな特徴です。一般に市町村のIT部門は「課」レベルで運営されることも多いが、同市では「情報政策部」を設置し、様々な取り組みを行っています。情報政策部 情報システム担当の犬伏彰一主査は「施設予約や電子申請などのサービスはもちろん、電子自治会やIT講習会など、地域の情報化支援にも力を入れています」と語っています。

情報系ネットワークの信頼性低下が課題に

市川市では、基幹系ネットワークは市の基幹業務に、情報系ネットワークはインターネットを用いた行政サービスに、それぞれ活用されています。

市川市 情報政策部 情報システム担当 主査 犬伏 彰一氏
市川市
情報政策部
情報システム担当
主査
犬伏 彰一 氏

しかし、どちらのネットワークも、構築からかなりの年月が経過したことで、様々な課題が目に付くようになってきました。特に情報系ネットワークでは、信頼性に関わる問題が無視できなくなっていたと言います。「再構築に着手する直前頃には、週に一度はネットワークがダウンするという状態でした。このままの環境では安定したサービス提供が行えないため、一刻も早く改善の必要があると考えました。」(犬伏氏)。

さらに、信頼性の問題に加え、もう一つ大きな問題になっていたのが保守の問題でした。同市では「市の職員が通勤する施設には、すべてネットワークを敷設する」というポリシーを定めているため、接続先の拠点数は実に約180 ヶ所にも上がります。しかも、順次拡張を続けてきたため、ネットワーク環境が非常に複雑になっていたのだ。犬伏氏は「どこがどう繋がっているのかすぐに把握できず、ネットワーク構成図もなかなか描けないような状況でした」と苦笑します。

こうした状況を解消すべく、同市では2006年度より情報系ネットワークの再構築に着手。多様なニーズに即応できる高機能、安定的な行政サービスを実現できる高速、高信頼性、高いセキュリティなどを用件とする入札を実施しました。その結果選ばれたのが、HP 製スイッチ群です。



ソリューション

「HPスイッチ」で先進ネットワーク環境を実現

実際の構築作業には、2007年11月より着手。2008年3月より本稼動を開始しました。市の情報系業務を支えるネットワークを、わずか4 ヶ月で再構築しました。データセンターと本庁舎を結ぶコア・スイッチには、「HP A7506」を4台導入。各施設内のディストリビュージョン・スイッチには「HP A5500 EI」×120台を、エッジ・スイッチには「HP A3100 EI」×1400台をそれぞれ導入しています。

「HPスイッチ」で先進ネットワーク環境を実現

[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます




効果と今後の展望

以前のように障害に悩まされることがなくなった

エッジからコアまでをHPのスイッチで統一し、通信経路の冗長化も図ることで、信頼性、可用性の大幅向上が実現。さらに、高度な進入検知機能を揃えたISP 装置を組み合わせることで、インターネット系システムに欠かせない高いセキュリティを確保することにも成功しました。

犬伏氏は「H3Cスイッチ導入してからは、以前のように障害に悩まされることがなくなりました。また、ネットワーク構成がシンプルになったことで、保守性も格段に向上しています」と満足げに語っています。障害対応などの作業を業者に委託する回数も激減したため、運用コストの削減にもつながったといいます。さらに、副次的な効果として、システムのレスポンスが向上した点も見逃せません。もともと同市ではサービスレベルの維持に力を入れていたため、ユーザーからも大きな不満が出るようなことはありませんでした。しかし、今回の再構築によって、庁内の標準的な通信速度が100Mbpsから1Gbpsに向上、これにより、従来はやや遅かった拠点などでも、より快適にシステムを利用できるようになったとのことです。



会社概要

市川市
市長: 大久保 博
面積: 56.39ku
総人口: 475,920人(2009年8月1日現在)
URL: http://www.city.ichikawa.lg.jp/このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 自治体
  HPネットワーク


  本ページに掲載されているHPの記載は、2010年4月にHPにより買収された3Com、H3C、TippingPoint、またその製品を示し、またHP製品に置き換えています。またこの記載内容は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡