Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

「配信」・「管理」の一元化を実装する
「クライアント管理システム」

東京都大田区役所

導入事例

東京都大田区役所
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

PC管理ツール「DotCOE」により多様化した業務を効率化

東京都大田区役所で使用される端末は3000台を超え、その設置場所も200箇所以上に渡る。行政サービスの向上や業務効率化のため、設置する端末の台数や設置拠点数が年々増加し、これに伴い端末の仕様が多種多様化していった。このことに比例して、外字やプログラムの配信・セキュリティウィルス対策や情報漏えい防止・資産管理等、情報システム課の業務は繁雑となっていった。限られた資源で、これらの複雑多様化した業務を効率的に行うために、大田区役所は横河レンタ・リースのPC管理ツール「DotCOE」を導入し、端末に対する「配信」・「管理」の一元化を実装するシステム「クライアント管理システム」を構築した。
お客様背景
ソリューション
導入成果と今後の展望
横河レンタ・リース 大田区役所向けDotCOE導入担当者に聞く〜お客様の環境に合わせ成功する作業フロー構築〜
大田区役所概要

目的

横河レンタ・リースからのアプローチ

配信・管理に関連する作業の一元化
約3000台の端末に対する外字やセキュリティパッチ等の確実な配信と適用
正確でタイムリーな資産管理
容易な運用
PC管理ツール「DotCOE」の導入による端末の一元管理
システム構築後の安定運用を実現するための「運用フェーズの設計支援」を提案
HP Proliant サーバーを含むハードウエアとインフラ構築を組み合わせたシステム全般の提供

システムの効果

大田区役所の業務効率化

「DotCOE」により端末の構成情報を収集し、取得した情報を資産管理に展開
OSパッチやウィルス定義ファイル、外字等の配信適用に要する時間削減
セキュリティレベルの水準化によるセキュリティ強化
安定した端末の稼動による地域住民サービスの継続的提供

お客様背景

配信システムとホストコンピュータのリプレイスプロジェクト

大田区役所 庁舎
大田区役所 庁舎
大田区役所 経営管理部 情報システム課 情報システム担当係長 遠藤 芳行
大田区役所
経営管理部 情報システム課
情報システム担当係長
遠藤 芳行氏
大田区役所ではLinuxサーバーによる内製の配信システムで各端末へ配信を行っていたが、このサーバーがリース切れを向かえリプレイスすることとなった。また、同時期に基幹系業務システムを担うホストコンピュータ(以下、ホスト)に接続されていた300台の端末もリース切れになり、配信システムだけではなくこれらの端末も含めた大規模なリプレイスプロジェクトが始まった。

「情報システム課の業務は、ホストやサーバーの管理だけではなく各施設にある端末のセキュリティ確保や資産管理など多様化しています。そのため、プロジェクトは、配信システムだけではなく、この多様化した業務の効率化にも焦点を置いて進めました。大田区役所では配信システムが3系統稼動していましたが、役所の縦割り組織のため情報システム課の中でも管理者は担当別で、横の連携が密ではありませんでした。
そのためホストで使用していた300台の端末がリース切れになると判明した際、私達のプロジェクトを『大規模リプレイスPCプロジェクト』に変更し、配信システムと端末入替えをまとめてリプレースすることにしました。」

配信システムのリプレイスプロジェクトが、300台の端末のリプレイスを含めたプロジェクトにまで拡大したことにより、従来の縦割り組織に横串をさす必要があった。遠藤氏は、このプロジェクトを成功に導くため「横串をさすために、あえて横紙破りも辞さない」という強い意思を持ち、課内の各担当から選抜された10名のプロジェクトチーム(以下PT)を率いて実行に移した。


ソリューション

PC管理ツール「DotCOE」による端末の一元管理

大田区役所 >経営管理部 情報システム課 波瀬山 明孝氏
大田区役所
経営管理部 情報システム課
波瀬山 明孝氏
大田区役所 >経営管理部 情報システム課 蔵方 拓也氏
大田区役所
経営管理部 情報システム課
蔵方 拓也氏
このプロジェクトを成功させるために必要なシステムを検討した結果、横河レンタ・リースの「DotCOE」が採用された。
システム開発にあたり、要件定義・詳細設計・運用設計へと工程が進む中で、通常のシステム開発には見られない側面があった。それは、本プロジェクトメンバが「DotCOE」を今後利用するユーザでありながら本システム開発案件も同時に担当するという面であった。
「本開発プロジェクトの特異性は、ユーザが情報システム課であるということです。同じプロジェクトメンバに対して要件定義や機能確認、運用設計等をヒアリングし、都度打合せを重ねてきました。その中で、最も留意したことは、各プロジェクトメンバが個別最適に走ることを抑制し、全体最適にベクトルを向けさせることです。そのために、各自が業務担当者とシステム開発担当者であるという二面性を意識しながらプロジェクトを進める必要がありました。レビューは必ず全PTメンバで実施し、横河レンタ・リース様にも客観的な角度から見ていただき、大田区として最適な仕様を目指しました。」(波瀬山氏)

「今までの資産管理といえばExcelの表に端末の配備場所やIPアドレスを手作業で入力していました。そのため、組織改正が起きる度に入力が繰り返され、端末が指定とは違う場所にあったり、空いているはずのアドレスが無かったりといったトラブルもありました。このような機器管理においても、「DotCOE」で端末の構成情報を一括収集しIPアドレスと所在を把握する事も可能となります。もちろん当初予定していたプログラムを全端末へ確実に配信できるので、常に最新の状態でアプリを使用する環境が実現しました。」(蔵方氏*2009年3月31日まで情報システム課に在籍、現人事課)


大田区役所 「DotCOE」 運用イメージ 大田区役所に導入されたDotCOEのクライアントコンソール画面
大田区役所 「DotCOE」 運用イメージ
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
大田区役所に導入された
DotCOEのクライアントコンソール画面

導入成果と今後の展望

地域住民への円滑なサービスを下支えする安定した情報システム

左下から:大田区役所 波瀬山氏 遠藤氏 蔵方氏 左上:横河レンタ・リース 藤野氏 高橋氏
左下から:大田区役所 波瀬山氏 遠藤氏 蔵方氏
左上:横河レンタ・リース 藤野氏 高橋氏
情報システム課の役割としては、職員が日常使用する端末及び区内のネットワークが安定して稼動する事にある。そのため表舞台にでる機会は少ないが、業務システム構築と運用を常に下支えしている。配信システムのリプレイスから始まったプロジェクトだが、「DotCOE」の導入により配信システムの効率化に加えセキュリティ、資産管理も含めた端末の一元管理を達成した。

「今回の大規模リプレイスプロジェクトは、組織の壁を破りながら、また運用委託事業者との連携もとりながら進めるという大きなチャレンジでありましたが、このプロジェクトを通じ、担当者や運用委託事業者間のチームワークを確立する事ができました。本プロジェクトにおける情報システム課の役割は『システムの安定稼動』です。今回確立したチームワークと「DotCOE」の活用により、セキュアで安定した業務システム運営が可能となりました。」(遠藤氏)

「配信システムのリプレイスで始まったプロジェクトでしたが、「DotCOE」を検証する事で資産管理も可能となり、セキュリティの強化も行なえました。今後はさらに「DotCOE」の機能を拡張する事でより、資産管理台帳との連携強化やセキュリティパッチやパターンファイルを含めた情報配信の効率化など機能強化が期待できます。私は、2009年4月から人事課に異動となりましたが、ここでも今回のプロジェクトに参加して得られた経験を基に連携とチームワーク、考え方を実践していけると思います。」(蔵方氏)

「「DotCOE」を導入して機能を把握すればするほど今後のシステム拡張への展望がみえてきました。まだアイデア段階ではありますが、大田区役所の端末はリースになっているため取替えが都度発生し、端末の再構成に時間がかかっています。この端末の再構成において、サーバーからイメージファイルを一括配信適用させることで業務の効率化が可能だと考えています。また、大田区独自の資産管理データを「DotCOE」にインポートすることで、各運用担当者の横断的な資産管理業務が可能だと考えています。「DotCOE」の持つポテンシャルには更に期待をしています。」(波瀬山氏)


横河レンタ・リース 大田区役所向けDotCOE導入担当者に聞く
〜お客様の環境に合わせ成功する作業フロー構築〜

「DotCOE」は、元々米国ヒューレット・パッカードの社内PC運用管理ツールPC-COEをベースとし、.NET Framework対応版としてYRLが開発・販売している。大田区役所がこの「DotCOE」導入、構築するにあたりYRLが出した答えは“成功する作業フロー”であった。

「大田区役所様の案件では、お客様が抱えていた配信システムの問題や資産管理の効率化を達成するため、製品単体ではなくソリューションとして提案しました。この提案内容には「DotCOE」を核とし、インフラの構築から運用、支援まで一貫したサポート体制が必要でしたが、弊社にはその全てに対応できる組織がありますので、窓口を一元化しこの導入プロジェクトを円滑に進めていきました。」 (高橋氏) 横河レンタ・リース株式会社  コンピュータ営業本部 第一営業部 部長 高橋 拓也氏
横河レンタ・リース株式会社
コンピュータ営業本部
第一営業部
部長 高橋 拓也氏
「大田区役所様では担当毎に端末が専用化されていたので、それぞれの端末専用ビューワを開発し使い勝手を向上しました。また資産管理では端末が持つ情報に加え、担当者の名前を含め管理できるようにするなどの機能強化も行ないました。このように業務に沿った柔軟な対応ができるのは、自社開発ツールだからこそのメリットです。」(行友氏) 横河レンタ・リース株式会社 
コンピュータ営業本部 システムエンジニアリング統括 ソリューションコンサルティング センタ2グループ 行友 司氏
横河レンタ・リース株式会社
コンピュータ営業本部
システムエンジニアリング統括
ソリューションコンサルティング
センタ2グループ
行友 司氏
「サーバーにはHP Proliant DL380(マスター)とDL360(スレーブ)を使用しています。Proliantを選定した理由の1つにHPが持つSIM(Systems Insight Manager)があります。このSIMによる効率的なサーバー管理に加え、何か障害を検知した際にはSIMを経由してWindows Messengerで通知するようにカスタマイズができる等、お客様の環境合わせて運用形態を設定できるためです。」(原尾氏) 横河レンタ・リース株式会社 システムエンジニアリング統括 ソリューションコンサルティングセンタ コンサルティンググル-プ 担当マネージャ 原尾 嘉展氏
横河レンタ・リース株式会社
システムエンジニアリング統括
ソリューションコンサルティングセンタ
コンサルティンググル-プ
担当マネージャ 原尾 嘉展氏

YRLでは、「DotCOE」が行政サービスの向上にも貢献できるポテンシャルがあると語る。自治体の端末仕様は多様化しており、プログラム等の配信メンテナンス業務が専門化している。しかし、自治体の端末に対する制約が緩和され、1台の端末で住民票の交付から納税といった複数の業務が行えるようになれば、地域住民は1つの窓口で用件を済ませられるだろう。また、徹底した資産管理を実施している自治体はそう多くはない。適正な資源を把握することで、ムリ・ムダなコストを削減させることは、もはやスタンダードレベルである。「DotCOE」はお使い頂くことで成長するため、行政改革の一翼を担うシステムとして各自治体から多くの注目を浴びている。


大田区役所のシステムイメージ HP Proliantによるサーバー構成
大田区役所のシステムイメージ
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
HP Proliantによるサーバー構成
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

横河レンタ・リース株式会社このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
DotCOE製品についての詳細はこちらこのリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。


大田区役所概要

所在地: 東京都大田区蒲田五丁目13番14号
職員数: 4590名(2009年4月1日現在)
大田区の人口: 692,466人(2009年4月1日現在)
URL: http://www.city.ota.tokyo.jp/index.html このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 自治体
  セキュリティ、資産管理、PC-COE
  HP Proliant DL380HP Proliant DL360Systems Insight Manager
  Windows
  この事例は大田区役所における配信システム構築時の情報に基づき、取材・構成されています。その後変更となっている場合もございますので、ご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡