Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

ソリューション  >  大企業向け

羽田空港・新国際線旅客ターミナル全域を
無線LANでカバー

東京国際空港ターミナル株式会社

お客様事例

東京国際空港
ターミナル株式会社
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

HP E-Series Access Pointにより
複数サービスの一体運用を実現

2010年10月、羽田空港にオープンした新国際線旅客ターミナル。訪れる旅客やターミナル利用者に対する利便性の向上と各種空港業務の高度化に向けて、東京国際空港ターミナル株式会社(略称:TIAT)が注力したのがネットワーク環境の充実だ。HP E-Series Access Pointを全面採用し、ターミナル内のほぼ全域をカバーする無線LANを構築した。
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(1.16MB)

目的

アプローチ

ターミナル内のラウンジや出国エリアにおける公衆無線LANサービスの提供
搭乗者の荷物管理に用いるハンディターミナルのワイヤレス化など、空港業務の効率化
キャリアの認証を受け、公衆無線LANサービスで多く実績を持つHP E-Series Access Pointを全面採用
新国際線旅客ターミナルの1 〜 5階の一般旅客が利用するエリアを中心にきめ細かく無線LANアクセスポイントを配置

システムの効果

ビジネスへの効果

自律モードでの運用により、シンプルかつ高機能な無線LAN環境を実現
VSC(仮想アクセスポイント)機能を活用し、1台の無線LANアクセスポイント上で公衆無線LANサービスと、空港業務用途の混在運用を行い、IEEE802.11bのチャンネル数不足に対応
来訪客に対する利便性を高め、空港利用満足度を向上
航空輸送におけるグランドハンドリング(地上業務)の高度化への基礎を築いた


ソリューション

約120台の無線LANアクセスポイントを配置し広大な空港ターミナル内をくまなくカバー

アジアをはじめとする外国人旅行者の増加や新たな国際線就航を期待する声に応え、2010年10月21日、羽田空港に新国際線旅客ターミナルがオープンした。

地上5階建、延床面積約159,000uの広さを誇る同ターミナルは、東京の新たな“玄関口”として、常に時代の先端を行くターミナル施設とサービスを提供することをコンセプトとしている。その一環として東京国際空港ターミナル株式会社(略称:TIAT)が整備したのが、ターミナル内のほぼ全域をカバーする無線LAN環境である。

主に出国エリアにおいて、NTTドコモの「Mzone」、NTT東日本の「フレッツ・スポット」、NTTコミュニケーションズ の「ホットスポット」、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、NTTコミュニケーションズの「1DAY PASSPORT」の各商用サービスをサポートする他、無料の無線LANサービス(SSID:TIAT)も提供。さらに、各航空会社によるラウンジ利用者専用の無線LANサービスにも対応している。

もちろん、幅広い空港業務でも無線LANが活用されている。例えば、TIATでは搭乗者の受託手荷物をバーコードで管理しており、それを読み取るハンディターミナルをすべて無線LAN上で運用している。また、レストランやショップなどのテナントが、独自のサービスやイベントを展開したいといった場合にも、そのインフラとして無線LANを利用できるよう体制を整えている。

そして、この無線LAN環境を構築するにあたり、TIATが全面的に採用したのが、IEEE 802.11nに対応したHPの無線LANアクセスポイントHP E-Series Access Pointである。

HP E-MSM422 Access Point を主機として、屋外型のHPE-MSM320-R Access Pointを一部加えた合計約120台のHP E-Series Access Pointを同ターミナル内にくまなく配置することになったのである。設置場所は1 〜 5階の各フロアや駐車場にも及んだ。

この決定に至った最大の理由は、HP E-Series Access Pointが持つ実績である。

数ある公衆無線LANスポットの中でも空港ロビーは極めて利用率が高いだけに、サービスが不安定であってはならない場所だ。その点HP E-Series Access Point は、実際に全国各地の公衆無線LANスポットにおいて7,000台以上が導入されている。また、長年にわたって同じアーキテクチャーを守っており、“枯れた技術”をベースにしている点も大きな安心と受け止められた。


自律モードでの運用によりネットワーク構成をシンプル化

運用面においてもHP E-Series Access Pointには大きな優位性があった。

無線LANアクセスポイントの運用形態には、大きく自律モードと制御モードの2つがある。簡単に言えば、自律モードはアクセスポイントを単体で運用する方式、一方の制御モードは複数のアクセスポイントを中央の制御装置(コントローラ)により集中管理を行う方式である。

一般に企業内の無線LAN環境では、制御モードを採用するケースが多い。ほとんどのメーカーが制御モードを中心とした製品開発を行っており、無線管理機能やMACレイヤーの機能、セキュリティ機能がコントローラ側に実装されている製品が主力を占めているからだ。

このためアクセスポイントの持つ機能が簡略化され、自律モードをサポートできないか、仮にサポートできても制御モードに比べて使用できる機能そのものが大幅に制限されてしまうというデメリットがあった。また、制御モードで運用する場合でも、コントローラの機能に依存するため、ユーザートラフィックが常にコントローラを経由しなくてはならないという制約が生じてしまう。

これに対してHP E-Series Access Point は、自律モードと制御モードの両方に対応しているのはもちろん、そのどちらのモードにおいてもほぼ同等の機能が実装されており、同じ水準で活用することが可能なのである。

今回の無線LAN環境の構築を担当した株式会社JALインフォテックによると、空港ターミナルには、吹き抜けや電波の反射率の高い大きなガラス窓などがたくさんあり、無線LAN環境の設計は非常に難しい条件にある。これらのアクセスポイントをコントローラで管理するとなると、ネットワーク構築の自由度が損なわれる場合がある。しかし、自律モードと制御モードの両方に対応しているHP E-Series Access Point は、現在は自律モードで動作させるが、将来は機能が拡充されたコントローラを採用し、既存の無線アクセスポイントを利用して統合管理する制御モードへの移行が可能になる、といった柔軟性を持っている。

PoE機能を活用した自由な配置でレイアウト変更にも柔軟に対応

実際、無線LAN環境の構築に際しては、さまざまな場面で臨機応変な対応が求められた。

TIATがHP E-Series Access Point の導入を正式決定したのは2009年末のことである。10月21日の新国際線旅客ターミナルのオープンに備えて、7月末までには無線LAN環境を含めたネットワークインフラ全体を完成させておく必要があった。

すでに完成した建物内に無線LAN環境を構築するのであればそれほど苦労はないが、新築現場の場合、建物そのものの工事と並行し、現場で細かな調整を図りながらネットワーク構築にあたらなければならない。

どのテナントがどの場所に入居し、どんな設備を設置するのか、まず各フロアのレイアウトが固まらないことには、アクセスポイントの位置決めにも着手できない。雰囲気を損なわないようアクセスポイントを目立たない場所に隠すことが求められるエリアもある。実際、新東京国際ターミナルでは、4階のレストラン/ショッピング街(通称:江戸小路)では無線アクセスポイントは目立たないように設置されている。

先の自律モードに加え、HP E-Series Access Point ではイーサネットケーブルを介して給電を行うPoE(Power overEthernet)機能を活用し、レイアウト変更にあわせてアクセスポイントを自由に移動できることから、臨機応変な対応が可能となっている。




効果と今後の展望

仮想アクセスポイント機能により独立したVLAN上で各サービスや業務を運用

新国際線旅客ターミナルがオープンしてから約4カ月が過ぎた現在にいたるまで、HP E-Series Access Point は安定した稼働を続けており、空港利用満足度の向上に少なからず貢献している。

例えば、同製品に備わっているVSC(仮想アクセスポイント)の機能だ。

VSCは、単一の物理アクセスポイントを複数の独立したアクセスポイントとして見せるために、アクセスポイントの機能を多重化する。本来の802.11規格上では、物理的なアクセスポイント当たりに一つしかないBSSID(基本サービスセット識別子)ならびにSSID(サービスセット識別子)の組み合わせを、単一の物理アクセスポイントの中に複数共存させるのである。これにより、同じ物理アクセスポイントの同じ無線周波数(チャンネル)内で、無線クライアントから見ればあたかも異なるアクセスポイントが複数存在するように見え、複数の無線LANサービスを独立したLANセグメント(VLAN)として提供することが可能となる。

先述したように、新国際線旅客ターミナル内では複数の公衆無線LANサービスをサポートする他、さまざまな空港業務でも無線LANを活用している。TIATは、VSC機能を活用することで、こうした複数のインスタンスを1台のHP E-Series Access Point に同居させて運用しているのである。

具体的には、VSCごとに異なるSSIDをブロードキャストし、それと紐づけられた完全に独立したVLANで個々のサービスや空港業務を運用している。なお、HP E-Series Access Point は、VSCごとに異なるユーザーアクセスやセキュリティを設定して制御できるため、安全対策上もまったく問題はない。

アクセスポイント・無線LAN一覧

[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

ローカルメッシュ機能をはじめ無線LANのさらなる高度利用を模索

こうしたHP E-Series Access Point の運用実績を踏まえると、現時点では利用していないさまざまな機能についても、有益な活用方法が考えられるだろう。ローカルメッシュ機能がその一つの候補である。

一般的な無線LANアクセスポイントでも、アクセスポイント間をイーサネットの替わりに無線リンクで接続できるWDSと呼ばれる機能を持つものがある。ただ、同機能を利用する場合、無線リンクを手作業で設定する必要があった。

これに対してHP E-Series Access Point が持つローカルメッシュ機能を利用すれば、無線リンクの設定が自動的に行われる。また無線リンクは1対1に限られず、しかも無線リンクは1ホップだけでなく、マルチホップが可能で無線リンクのみでネットワークの拡張が可能である。各アクセスポイントがお互いの電波圏内に配置されているだけで、同じグループIDを持つアクセスポイント同士が通信しあって、最適な経路を自動的に確立するのである。

例えば、テナントが何かのイベントを実施したいといった際にも、ローカルメッシュ機能を使えば対象となるVLANを一時的に空港ターミナル内の任意の場所に、無線LAN経由で容易に展開することが可能だ。また、万一いずれかの無線LANアクセスポイントに故障が発生した場合でも、ローカルメッシュ機能は正常なアクセスポイントを探し出し、自動的に経路の復旧を図る。ネットワークのダウンタイムを最小化し、空港内のサービスや業務の可用性を高める意味でも、ローカルメッシュ機能は有益に活用できるのである。

近年、航空輸送における旅客サービスやランプサービス、貨物サービス、機体整備、車両・施設整備、オペレーション管理、セキュリティなど、グランドハンドリング(地上業務)の高度化や効率化が強く求められている。それはまさに、羽田空港・新国際線旅客ターミナルがコンセプトとする「より便利に、より優しく、快適都市空港にふさわしいおもてなし」の具現化に他ならない。

こうした多方面の空港業務において、今後さらに無線LANの活用が進んでいくと予想される。HPとしてもSI ベンダーと歩調をあわせながら、より有益かつ最適なソリューションを積極的に提案していく考えだ。

無線LANを高度利用した新時代の国際空港のスタイルが、羽田空港・新国際線旅客ターミナルから発信されようとしているのである。




会社概要

東京国際空港ターミナル株式会社
所在地: 東京都大田区羽田空港2-6-5
代表取締役社長: 櫻井 正志
資本金: 45億円
従業員数: 53名(平成22年9月1日現在)
設立: 2006年6月20日
事業内容: 旅客ターミナルビル等整備・運営事業
URL: http://www.tiat.co.jp/このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: その他
  HP ネットワーク


  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡