HP TECHNOLOGY@WORK 東京 2012

クラウド時代を勝ち抜くテクノロジー・イノベーション

 

開催日:2012年2月10日(金)
開催時間:10:00~18:00(受付開始:9:30)
会場:グランドハイアット東京(六本木)
主催:日本ヒューレット・パッカード株式会社
定員:500名 日本HP外のウェブサイトへ 日本HP外のウェブサイトへ 日本HP外のウェブサイトへ


開催概要

この度、お客様のビジネス(WORK)に役立つテクノロジーをご紹介するHPの総合テクノロジーイベント 「HP TECHNOLOGY@WORK」の2012年度の開催が決定いたしましたことをご案内申し上げます。
3回目となる今回のテーマは、「クラウド時代を勝ち抜くテクノロジー・イノベーション」です。
「クラウド・コンピューティング」という概念はすでに定着した感があり、2012年は本格普及の年になるだろうと予想されています。そのような中、クラウドに関しては「パブリッククラウドはプライベートクラウドより安価」、「クラウド化の唯一の方法はインフラの仮想化からコツコツ積み上げることである」、「ミッションクリティカルなシステムはクラウド化できない」など、多くの「神話」とも言うべき固定観念が存在します。
それらはある側面からは事実ですが、一方でHPはこのような固定観念を打ち破るテクノロジーを多数ご用意しています。
クラウドへ至る道は、本来もっと多様で柔軟なものです。このイベントでは、お客様がご自身のIT戦略に合ったクラウドへの取り組み方を知り、それを効率的に進めるためのテクノロジーを発見することをご支援いたします。
今回は、大規模な展示コーナーを設け、セッション中で紹介されるソリューションを体感いただける実機やデモも多数ご用意する予定です。ご多忙の折とは存じますが、皆様のご来場を心からお待ちしております。

開催日: 2012年2月10日(金)
開催時間: 10:00~18:00(受付開始:9:30)
会場: グランドハイアット東京(六本木)
主催: 日本ヒューレット・パッカード株式会社
協賛: インテル株式会社
受講対象者: 大企業/中堅規模企業 全業種のIT部長/課長、パートナー各社のキーパーソンの皆様
定員: 500名
アカウント: @HPServersJP / ハッシュタグ: #taw2012
※当日の様子を実況でお伝えします。アカウントをフォロー後、発言の際はハッシュタグの記載をお願いします。

アジェンダ



※午前中のキーノートセッション終了時間がダイレクトメールでご案内しておりました内容と変更になりましたのでご注意ください。
ブレイクアウトセッションの時間に変更はございません。何卒、ご了承の程よろしくお願い致します。

時間 内容
キーノートセッション
10:00~12:00












































ご挨拶

日本HP株式会社
代表取締役
社長執行役員
小出 伸一
K-1 クラウド時代に向けたHPのテクノロジー戦略とConverged Infrastructureが果たす役割
日本HP株式会社
執行役員
エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括
杉原 博茂
K-2 中国のIT市場の展望 ~バイドゥの戦略~
中国のインターネット利用人口は2011年についに5億人を突破しました。その巨大市場・中国において、バイドゥの中国本土の検索エンジン市場におけるシェアは8割を超え、様々なサービスを展開しています。本講演では、クラウドとITコンシューマライゼーションの発達を背景に益々躍進する現代中国のIT市場のトレンドとバイドゥの事業戦略、またこれらのビジネス展開を支える、ネットワーク・インフラストラクチャを中心とするHPのテクノロジーの採用状況についてお話しいただきます。

百度中国公司 駐日首席代表 バイドゥ株式会社 代表取締役副社長 陳 海騰(ちん かいとう) 氏








K-3 ICTがつなぐクルマと人、コミュニティ
豊田市でのスマートコミュニティの実証実験のご紹介をベースに、これからのクルマがより安全で環境に優しく変わっていく上で欠かせない、ICTを活用したより快適なサービスがクルマと人、コミュニティに安心と喜びを与えていくというテーマでご講演いただきます。

トヨタ自動車株式会社 IT・ITS企画部 部長 森 敬一(もり けいいち)氏









12:00~13:30 休憩
ブレイクアウトセッション    ※タイトルをクリックするとセッション概要が表示されます。
 
テクノロジートラック
【対象:企業ITの技術検討・採用担当者の方】

IT戦略トラック
【対象:全社IT企画・戦略策定担当者の方】
  Track A:
クラウド・テクノロジーの潮流


Track B:
クラウド化へのステップ~仮想化と標準化

Track C:
即効!TECHNOLOGY @WORK

Track E:
グローバル時代のIT戦略とIT部門の役割
13:30~14:10












A-1 HP ConvergedSystems の活用による、“欲しいもの”から考えるプライベートクラウドの取り組み方







日本HP株式会社
尾崎 亨
B-1 毒舌教室リターンズ!
仮想化の“番人”公森先生が語る現実解 Part 2








日本HP株式会社
公森 義貴
C-1 仮想化環境におけるデータ保護と災害対策導入事例

キヤノンIT
ソリューションズ株式会社
SIサービス事業本部
西日本事業部
西日本営業第三部
部長 小黒 武将 氏

日本HP株式会社
諏訪 英一郎
13:30~16:00

グローバル時代のIT戦略とIT部門の役割

日本HP株式会社
藤田 政士

企業成長を加速させるITのあり方

日本HP株式会社
宮原 猛

収益性向上を目指すITのあり方

日本HP株式会社
黒木 昭広







14:10~14:25 休憩
14:25~15:05






A-2 事例講演 仮想化ストレージ「HP 3PAR」を活用したプライベートクラウドの構築

クオリカ株式会社
アウトソーシング事業部
営業推進室 主査
藤野 哲 氏
B-2 クラウド時代のネットワークとは~HP が描く Converged Infrastructure の現実解



日本HP株式会社
伊佐治 俊介
C-2 スポンジからデータセンターまで、サーバー面白オプションの数々




日本HP株式会社
定村 浩司
15:05~15:20 休憩
15:20~16:00











A-3 クラウドの向こうにあるサーバーの未来:究極の省電力&ミッションクリティカルプラットフォーム






日本HP株式会社
山中 伸吾
B-3 事例講演~ 仮想化時代の最適なネットワークを提供するHP Networking






日本HP株式会社
大木 聡
C-3 事例講演「ソフトバンクの成長を支える、顧客向けサービスのスピードと品質を高めたテスト自動化とその実践法」

 
16:00~16:20 休憩
    Track D:
クラウド時代のITマネジメント
 
16:20~17:00







A-4 事例講演 ビジネスコミットできるクラウドサービス ~エンタープライズ企業のマシーンルームへ~

B-4 クラウド化の第一歩としてのデータベース標準化



日本HP株式会社
後藤 宏
D-4 クラウド・仮想化移行で運用が破たん?! そうならないための実践的アプローチとは


日本HP株式会社
中村 憲仁
 
17:00~17:15 休憩
17:15~17:55







A-5 徹底比較!最新BIソリューション




日本HP株式会社
寺崎 孝
B-5 ワークスタイルの変革を支えるHPのインフラソリューション ~進化したクライアント仮想化ソリューション~

日本HP株式会社
高橋 誠
D-5 クラウドで変革が進むITでビジネスリスクを最適化するエンタープライズセキュリティソリューション

日本HP株式会社
増田 博史

※セッションの内容は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください

お申し込み方法

 

※今回の受付は終了いたしました。

 
 
 

お問い合わせ:HPセミナー事務局
Eメール:call.hp@hp.com
※本アドレスへの特定電子メール(広告や迷惑メール等)の送信は御断り致します。

 

個人情報の取り扱いについて

お申し込み時にいただきました内容については、本セミナーの連絡に使わせていただきます。
なお、住所と電話番号は、HPからのご案内(イベント・セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査にも利用いたします。(但し、この利用につきましては、これらの利用(情報提供)を必ずしもお約束するものではありません。)
HP及び共催会社は、個人情報につき必要な保護措置を行ったうえで、各社の個人情報保護に関する方針に従いお取り扱いいたします。

日本HPの個人情報保護について
http://www.hp.com/jp/pip

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。