Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > HPについて > 沿革と概要 > HPの歴史

ガレージ復元工事のスライドショー

会社情報

HPについて
沿革と概要
HPの歴史
HPの歩み
バーチャル・ミュージアム
HP Garage
(HP創業のガレージを復元)
日本HPサイトマップ
051031 051025
10月31日−保存、復元作業が正式に終了。   10月25日−造園作業が進み、家具が設置される。ガレージの塗装が完了し、ビルとデイブの作業台が再現される。
051018 051011
10月18日−通路、歴史的建造物の看板、フェンス部分などの総仕上げが行われる。   10月11日−家の最後の仕上げが行われる。環境に配慮した私道が作られ、ビルとデイブの作業台の再現計画が始まる。
051003 050927
10月3日−スタッフたちはガレージ内外、その他あらゆる部分で最終段階の作業に取り組む。   9月27日−ペンキが塗られ、キャビネットや備品を設置。幅木や絵をかけるための横木が取り付けられ、新しいパティオにコンクリが打たれる。
050920 050913
9月20日−残りわずか1カ月となり、塗装、組み立て、シートロックの設置、目張り、窓枠取り付けといった作業が内外で本格化。   9月13日、裏口や車椅子用の昇降装置の作業が行われる。煙突が完成に近づき、家の部屋に断熱材やシートロックが取り付けられる。
050906 050830
9月6日−家の作業が集中的に行われる。玄関の基礎にコンクリが打たれ、トリムペイントの下塗りが行われる。硬質レンガで煙突が作られ、チームが自らの名を刻む。   8月30日−家に新しい雨どいや屋根板が取り付けられ、ドアが追加される。裏口の階段の型枠が作られ、装飾調のデザインが復活。
050823_2 050823
8月23日−玄関の階段が作られ、内部の階段や窓、ドアが取り付けられる。小屋はほぼ完成し、HPガレージの屋根が新しいものになる。   8月23日−補強された煙突の土台や暖炉が設置され、屋根の上まで鉄柱が伸びる。
050816 050812
8月16日−小屋に杉板の屋根材が取り付けられ、家の2階に窓が設置され、特製の垂木の補強材が組まれるなど、この週も改装が着々と進む。   8月12日−家の作業が進むとともに、歴史的建造物の記念プレートを新しく、より見やすくするための土台作りが行われる。
050809 050802
8月9日−暖炉や屋根窓など、家の各所の作業が行われる。   8月2日−この週は完成間近のガレージや小屋の細かい作業が行われる。
050728 050721
7月28日−小屋とガレージにペーパールーフが付けられ、暖炉の基礎が作られ、配管や暖房設備などが設置される。   7月21日−この週は合板の屋根の下地が作られ、雨どいが交換されるなど、作業が着実に進行する。
050714 050707
7月14日−家に玄関の新しいひさしが取り付けられ、電気配線、配管が行われたほか、ガレージの風雨への耐性が強化される。   7月7日−正面玄関の改築が始まる。玄関部分は1938年当時のようにオープンな構造に戻される。
050630 050621
6月30日−家の窓枠が復元され、裏口部分の骨組みが完了。ガレージの外壁版が再び取り付けられる。   6月21日−シロアリ対策といったきわめて重要な処置を含め、床下から屋根に至るまで、すべての建物に、必要とされる処置が丁寧に施される。
050614 050602_2
6月14日−ガレージの新しい縁石にコンクリが打たれ、近くの古い納屋の解体によりガレージの修復にちょうど良い木材が確保される。   6月2日−家が下ろされる中、元の垂木が修復、再利用される。
050602 050512
6月2日−基礎が完成し、家が下ろされる。   5月12日−この日は大々的なコンクリートの流し込み作業が行われる。コンクリートが固まれば、家を下ろす準備は完了。
050427
4月27日−基礎を強化するため、コンクリート補強用の鉄筋が入れられる。   4月22日−新しい基礎の型枠が設置される。
050418 050413
4月18日−予定されていたガレージの屋根の作業が始まる。   4月13日−ガレージが目隠し用のシートで覆われ、小屋の最終工事が進む。
050412 050404
4月12日−HPガレージの解体が始まる。   4月4日−何段階にもわたる工程を経て、家が地面から4フィート(1.2メートル)余りの高さにゆっくりと持ち上げられる。
050401 050325
4月1日−構造技術者、現場作業員、住宅運搬業者が一大計画に向け結集。   3月25日−「持ち上げ」準備として、内部の支柱や骨組みの取り付けが続く。
050314 050310
3月14日−雨が降る前に煙突の解体が急いで行われる。   3月10日−硬質レンガの煙突の解体や部材の一覧作成作業が始まる。
050307 050301
3月7日−ついに好天に恵まれ、屋外の作業が再開される。   3月1日−月初めは雨、また雨・・・。
050224 050222
2月24日−隠れた階段など、家の中の新たな秘密がいくつか明らかに。   2月22日−作業が急ピッチで進みだし、意外な新事実が判明。
050208 050204
2月8日−家の裏側で本格的な解体作業が始まる。   2月4日−当初の間取りや家の細部が徐々に明らかに。
050119 041217
2005年1月19日−保存・復元作業が本格的にスタート。   2004年12月17日−当時の建築の秘密が次第に明らかに。
Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

■関連リンク

HP創業のガレージを復元
復元工事のスライドショー
HPガレージ年表
ガレージ復元プロジェクトについてのFAQ
HPガレージの概要(PDF) 米国のサイトへ

■カバーストーリー

発明の精神を燃え立たせる企業
HPのルーツ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡