Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > HPについて > 沿革と概要 > HPの歴史

HPガレージ年表

会社情報

HPについて
沿革と概要
HPの歴史
HPの歩み
バーチャル・ミュージアム
HP Garage
(HP創業のガレージを復元)
日本HPサイトマップ

1905年頃

カリフォルニア州パロアルト市のアディソン街367番地(当時は369 番地)に1軒の家と小屋が建てられる。記録上の最初の住人は 医師のジョン・スペンサー博士、アイオーネ夫人、および成人した 2人の娘アリスとマーサ。1909年、スペンサー博士は政府より 初代パロアルト市長に任命される。

1918年

家が367番地と369番地の2つのアパートに分割される。

■関連リンク

HP創業のガレージを復元
復元工事のスライドショー
HPガレージ年表
ガレージ復元プロジェクトについてのFAQ
HPガレージの概要(PDF) 米国のサイトへ

■カバーストーリー

発明の精神を燃え立たせる企業
HPのルーツ

1924年

12フィート×18フィート(3.7メートル×5.5メートル)のガレージがサンボーン保険会社のパロアルトの地図に記載される。この頃、自動車の増加に伴い、市道の舗装が進む。 1924年

1934年

ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードがスタンフォード大学を卒業。

1935年

デイブがゼネラル・エレクトリック社(GE)で働くためニューヨーク州スケネクタディに移る。ビルがスタンフォード大学の修士論文を書き終える。

1936年

ビルがMITの修士論文を書き終え、パロアルトに戻る。スタンフォード大学の研究助手としてサンフランシスコの医師向けの医療機器を開発。(スタンフォードのフレッド・ターマン教授が手配。)

1937年

デイブがパロアルトのビルのもとを訪ね、初めて正式なビジネス会議を開く。

1938年

デイブは、フレッド・ターマン教授のはからいで、夏にスタンフォードの特別研究員としてラス・バリアンと真空管技術の研究に当たる。
デイブはGEを休職し、ビルとの起業に向けパロアルトに戻る。

ビルはデイブのアパートを探し、2人が中で働けるほどのガレージが付いていたアディソン街367番地を選ぶ。

9月にデイブとルシールが1階(367番地)の3部屋あるアパートに入居し、ビルは裏の小屋に移り住む。当時、未亡人となっていた家主のスペンサー夫人はアパート2階(369番地)に住む。

ビルとデイブは538ドルの運転資本を元手にガレージでパートタイムの仕事を始める。538ドルは現金とシアーズローバック社製の中古ボール盤の価値を合わせた額。ここでHPの最初の製品であるオーディオ発振器を開発する。 1938年

1939年

1月1日、ビルとデイブは正式にパートナーシップを設立し、社名をコイン・トスで決める。

ビルがフローラとの結婚を機に小屋を出る。この小さな小屋に机とファイルケースを備え、HPのビジネスオフィスとなる。
1939年

1940年

ガレージが手狭になったため、ヒューレット・パッカードはページ ミル通り481番地の貸しビルに移転。デイブとルシールはパロアルト市内のバロンパーク地区に転居。 1940年

1944年

スペンサー夫人がパロアルトを離れる。その後の家主たちも家を分けて使用し、アパートとガレージを賃貸する。

1984年

HPはガレージが創業当時の場所に保存されるよう、歴史的建造物の認定を目指すことを決定。

1985年

ガレージがパロアルト歴史資産審議会によって市の歴史的建造物に指定される。

1987年8月7日

ガレージがカルフォルニア州歴史的建造物第 976 番に指定される。州はその敷地にブロンズの記念碑を設置することも許可。 1987年8月7日

1989年5月19日

ガレージが「シリコン バレー発祥の地」として州の歴史的建造物に指定されたことを記念する式典を開催。前庭に砂岩の記念碑が建てられる。

2000年

HPが家を買い取る。

2004年

HPはアディソン街367番地のガレージ、家屋、および小屋を改修、復元する計画を発表。

このページのトップへ

Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

 

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡