Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > エグゼクティブ・チーム

ウィリアム R. ヒューレット(William R. Hewlett)

HPエグゼクティブ・チーム 経歴書

会社情報

HPEについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
日本HPEサイトマップ
コンテンツに進む
Content starts here
ウィリアム R. ヒューレットの写真
ウィリアム R. ヒューレット (William R. Hewlett)
(1913-2001)

ウィリアム・ヒューレットは、デビッド・パッカードともに、ヒューレット・パッカードを創設しました。ヒューレットは1977年に社長職を退き、1978年にCEO(最高経営責任者)を退任し、かねてから告知していた計画通り、社内から後継者を登用しました。その後1983年にまで、HPエグゼクティブ・コミッティの会長を務め、同年HP取締役会の副会長に就任しました。1987年に名誉取締役に任命され、その後亡くなる2001年1月12日まで、同職を務めました。

ヒューレットは1913年5月20日に、ミシガン州アン・アーバーで生まれました。カリフォルニア州スタンフォードにあるスタンフォード大学に通い、1934年に教養学部学士号を取得しました。1936年には、マサチューセッツ工科大学で電気工学の修士号を取得しています。さらに1939年、スタンフォード大学でエンジニアの学位を取得しました。

ヒューレットはパッカードと、スタンフォード在学中に出会いました。工学のクラスの生徒だった二人は親しくなり、1939年、「ヒューレット・パッカード・カンパニー」という名のパートナーシップを設立しました。HPの最初の製品は、ヒューレットが大学院在学中に開発したデザインをもとに作った「オーディオ発振器」でした。初の「工場」はパロアルトの小さなガレージで、資本金は538ドルでした。

ヒューレットは、第二次世界大戦で陸軍将校を務めていた期間を除き、1987年まで積極的に会社の経営に取り組みました。陸軍信号参謀総長の任務を果たした後、陸軍省特別幕僚の新規開発部門の電子技術セクションの責任者を務めました。陸軍時代後半に、終戦直後の日本の産業を視察するというアメリカの特別チームにも参加しました。

1947年、パロアルトに戻ってから間もなく、ヒューレットはHPのバイス・プレジデントに任命されました。1957年にエグゼクティブ・バイス・プレジデントに、1964年に社長に選任され、1969年にはCEOに任命されました。

長年にわたり、ヒューレットは電子工業界において様々な組織の発展に貢献してきました。1950年から1957年にかけて、無線工学協会(現在の米国電機電子技術者協会)の運営委員を務め、1954年には同協会の会長を務めました。また旧西部電子製造業協会(現在の米国電子工学協会)の発展に重要な役目を果たしました。1983年、当時の大統領だったロナルド・レーガン氏はヒューレットに、米国で科学者にとって最高の栄誉である「ナショナル・メダル・オブ・サイエンス」を授与しました。

ヒューレットは教育や医学にも深い関心を寄せていました。1958年から1968年までカリフォルニア州オークランドのミルス・カレッジの理事を、また1963年から1974年までスタンフォード大学の理事を務め、1969年から1970年まではホワイトハウス特別委員会のサンフランシスコ地区の委員でもありました。

1956年から1958年までパロアルト・スタンフォード・ホスピタル・センター(現在のスタンフォード・メディカル・センター)」で理事会代表職、1958年から1962年にかけては理事長を務めました。また、1972年から1978年までカイザー財団ホスピタル・アンド・ヘルス・プランの理事長を、1972年から1974年にはワシントンDCの麻薬撲滅運動協議会の会長を務めました。

ヒューレットはカリフォルニア・アカデミー・オブ・サイエンスの名誉理事、米国アカデミー・オブ・エンジニアリングおよび米国アカデミー・オブ・サイエンスのメンバー、米国アカデミー・オブ・アート・アンド・サイエンス」の評議員でした。彼はまた、ワシントンの「カーネギー・インスティテューション」の名誉評議員を務めました。

1966年から1994年にかけて、亡き妻フローラと共に設立したウィリアム&フローラ・ヒューレット財団の理事長を務めました。その後亡くなるまで、名誉理事長を務めました。1995年、ヒューレットはパブリック・ポリシー・インスティテュート・オブ・カリフォルニアの設立を支援し、7000万ドルの寄付を行ないました。この学会は、カリフォルニア州が直面している主要な経済的、社会的、政治的問題に対して独自の、客観的な分析を行っています。ヒューレットは、12年間モントレー・ベイ・水族館付属研究所の理事長を務めた後、1998年から2001年まで、名誉理事を務めました。

ヒューレットは数々の名誉学士の称号を、アメリカのカレッジや総合大学から授与されました。カリフォルニア大学バークレー校、エール大学、ミルス・カレッジ、マルケット大学、ブラウン大学から法律学の名誉博士号を、ポリテクニック・インスティテュート・オブ・ニューヨークとケンヨン・カレッジから科学の名誉博士号を、ノートルダム大学、ダートマウス・カレッジ、ユタ州立大学から工学の名誉博士号を、そしてジョンズ・ホプキンス大学から人文学の名誉博士号を、それぞれ授与されています。

彼はまた、ランド・グラジュエート・インスティテュートから社会政策の名誉博士号を、サンタクララ大学から人文学の名誉博士号を授与されました。海外では、イタリアのボローニャ大学から電子科学の名誉博士号を授与されました。
1999年10月、エタ・カッパ・ヌー・アソシエーションのエミネント・メンバー・アワードを受賞しました。

ヒューレットは仕事以外にも幅広い分野への興味や趣味をもっていましたが、その多くは彼が好きだったアウトドア活動から派生したものでした。彼は植物学にも詳しく、熟練した登山家であり、スキーヤーであり、また釣りも得意でした。さらに、カリフォルニアとアイダホで、パッカードと共に、牧場経営や牛の飼育も行っていました。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡