Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > エグゼクティブ・チーム

デビッド・パッカード(David Packard)

HPエグゼクティブ・チーム 経歴書

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報 [英語]
HP決算報告書
イベント・セミナー
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
Content starts here
デビッド・パッカードの写真
デビッド・パッカード (David Packard)
(1912-1996)

デビッド・パッカードはビル・ヒューレットと共にヒューレット・パッカードを創設しました。1993年9月、取締役会の会長を退任し、名誉会長に任命されました。1996年3月26日に亡くなるまで、同職を務めました。本社はカリフォルニア州パロアルトにあります。

パッカードは1912年9月7日、コロラド州プエブロに生まれました。カリフォルニア州のスタンフォード大学に通い、1934年に教養学部学士号を取得し、1939年に電気工学の修士号を取得しました。

1936年から1938年まで、パッカードはニューヨーク州スケネクタディのゼネラル・エレクトリック(GE)社でエンジニアとして働いていました。1938年にパロアルトに戻り、翌年「ヒューレット・パッカード・カンパニー」というパートナーシップを、スタンフォードのクラスメイトだったウィリアム・ヒューレットと共に設立しました。

HPの最初の製品は、ヒューレットが大学院在学中に開発したデザインをもとに作った「オーディオ発振器」でした。初の「工場」はパロアルトの小さなガレージで、資本金は538ドルでした。
パッカードは、1939年の創立から1947年の株式会社設立に至るまで、パートナーとして働きました。1947年 社長に就任、その後1964年に取締役会会長兼CEOに選任されました。

パッカードは1969年、ニクソン政権下で米国防省次官を務めるために、HPを離れました。3年近くその職務を務め、1971年に辞任しました。そして、カリフォルニアに戻った後、再び、HPの取締役会会長に選任されました。

長年にわたり、パッカードは数多くの専門家集団、教育活動、市民活動、あるいは企業組織の活動に積極的に関わってきました。彼は米国電機電子技術者協会の特別会員、米国アカデミー・オブ・エンジニアリングのメンバー、米国インスツルメント・ソサエティの永久会員でした。また、アメリカン・エレクトロニクス学会の設立メンバーであり、元会長でもありました。

亡くなるまで、パッカードは1964年に始めた「デビッド&ルシル・パッカード財団の理事長兼会長でした。この組織は個人の寄付やボランティア活動に依存する、大学、国立機関、コミュニィティ・グループ、ユース・エージェンシー、ファミリー・プランニング・センター、私的資金とボランティアに依存している病院などを支援しています。

パッカードは、パッカード一家の5,500万ドルをかけた慈善事業であるモントレー・ベイ水族館の設立に際し、重要な役割を果たしました。彼はモントレー・ベイ水族館財団の会長であり、モントレー・ベイ水族館付属研究所の会長兼理事長を務めました。

パッカードはハーバート・フーバー財団、米国エンタープライズ・インスティテュート、およびフーバー・インスティテューションの理事でした。1983年にカリフォルニア自然保護委員会の副会長に就任し、1983年から1989年にはバージニア州ビエナにある、芸術活動をを支える団体ウルフ・トラップ財団のディレクターを務めました。

1985年、パッカードは当時の大統領であったレーガン氏に防衛管理に関するブルー・リボン委員会の長に任命されました。1973年から1981年のあいだ、三者間協議委員会のメンバーを、1975年から1982年にかけて、米ソ貿易・経済協議会において科学・技術部門のメンバーを、1983年から1985年にかけては、日米諮問委員会の議長を務めました。さらに、1990年から1992年まで、科学技術に関する大統領諮問委員会のメンバーを務めました。

パッカードはビジネス円卓会議にも積極的に関わり、カリフォルニア円卓会議の最初の副会長でした。他にも、ボーイング社、キャタピラー・トラクター社、シェブロン社、ジェネンテック社など、いくつかの企業でディレクターを務めました。彼は亡くなるまで、ベックマン・レーザー・インスティテュート・アンド・メディカル・クリニックのディレクターでした。

パッカードはコロラド・カレッジから科学の名誉博士号を、カリフォルニア大学、カトリック大学、ペッパーダイン大学から法学の博士号を、南コロラド州立カレッジから文学博士号を、ノートルダム大学から工学の博士号を、それぞれ授与されています。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡