Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム > カバーストーリー バックナンバー

HP iPAQ、Tablet PC が医療を変革する

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
HP研究所
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
* この記事はhp.com(US版)に掲載された記事の翻訳です。

医療に新たな光


クイックリンク
     医療革命
     迅速な対応で生命を救う


■ 関連リンク

HP Compaq Tablet PC
HP iPAQ Pocket PC
Health technology center 米国のサイトへ

登場する HP 製品

HP Compaq Tablet PC TC1100
HP iPAQ Pocket PC h5550
HP Compaq Tablet PC
TC1100

(クリックすると拡大します)
HP iPAQ Pocket PC
h5550

(クリックすると拡大します)

医療は、皆さんが好ましいと思う方向に変化しています。
HP のモバイル コンピュータ テクノロジーと病院、クリニック、医師のオフィスで電子的に診療記録を保存管理するソリューションを組み合わせることにより、医師に新たな力を与え、診療の向上や医療コストの抑制につながります。

安全なワイヤレス ネットワークと HP Compaq Tablet PC および HP iPAQ Pocket PC を使用すれば、医師は患者、検査結果、処方箋などに関する最新の情報にアクセスできます。 診察中にメモを取ることも可能で、医療記録が戻るまでに何日も待つ必要はありません。 また、Web サイトで医療情報を検索したり、医療研究における薬の相互作用や最新情報をチェックしたりできます。 これらの操作すべてを診察室で行うことができるのです。

これは、医師にとってはもちろん、患者にも朗報です。 必要な情報がいつも手元にあれば、医師は時間を節約でき診療効率が向上するため、患者と過ごす時間を増やしたり、より多くの患者を診察できるようになります。 そして、患者にすぐれた診療を提供する上で必要な情報にすぐアクセスできます。

医療革命

8 つの医局に 59 人の医師を抱えるユタ州プロボの Central Utah Multi-Specialty Clinic (ユタ中部総合クリニック) では、診察室で直接患者の情報にアクセスできるように、HP iPAQ h4150 と "Allscripts TouchWorks mEMR"という ソフトウェアを活用しています。 「医師が診察室を出るときにはすべての書類が完成しており、検査の指示が出されて処方箋もでき上がっています。 検査も同様で、 患者が帰宅する前にイメージング センターから結果が届いていることがよくありますよ」と IT ディレクターの Jamie Steck 氏は語ります。

このテクノロジーにより、クリニックは 1年間で100 万ドルを節約、医師が患者と過ごす時間も 25% 増えました。 急速に成長しているこのクリニックでは、コスト節約のために投資を行って診察室の PC を増やしたり、患者のカルテを保管するための大きな部屋を建設したわけではありません。

ニュージャージー州では、大学病院の医師会である University Physicians Associates (UPA) の 300 人以上もの医師が HP iPAQ Pocket PC と MedAptus からのソフトウェアを使用して、患者が負担する医療費を把握し、政府の規則に従っていることを確認しています。 UPA のエグゼクティブ ディレクター Michael Saulich 氏によると、UPA では医師が扱う書類の量が減り、患者が負担する医療費に関する処理もより正確になっただけでなく、グループ内の他の医師によって行われた診療もわかりやすくなったそうです。 「このことは、複数の医師による診療を受けている重い病気の患者にとっては特に重要なことです」

  ウルトラモバイルPCは業務に合わせて自在に対応可能。
  ウルトラモバイルPCは業務に合わせて自在に対応可能。
 

CapitalCare Medical Group (キャピタルケア メディカル グループ) の場合、ニューヨーク州アルバニーにある初期治療担当医師 William Busino Jr. 氏は、診察室で HP Tablet PC に患者に関するメモを記録することによって、6 つの医局で月 5,000 ドルも節約でき、音声記録を受け取るのも数日短縮できるようになったと言います。 「以前は、ある患者に問題があって別の医師が代わりに担当しなければならなかった場合、最新の情報が手元にないこともありました」

テキサス州スプリングの開業医 Stephen Fischer 医師は、看護婦にも HP Tablet PC を持たせ、ワイヤレス ネットワークで接続し、患者の経過の管理、容態の記録作成、スタッフ メンバーへのメッセージ送信、薬の補充に関する手続きなど、診療に必要なすべての書類の管理を行っています。

「Tablet PC は医療を変革するツールだと思います」と Fischer 氏は言います。 「Tablet PC は医師の働き方を変えるでしょう。 医療産業にこれまで登場した生産性向上のためのツールの中で、最高のツールですよ」

HP の Tablet PC は、病院にも浸透しつつあります。 カリフォルニア州マウンテンビューにある El Camino Hospital (エルカミーノ病院、ベッド数 426) は最近、ホスピタリストと呼ばれる入院患者担当医師に HP Tablet PC を持たせ、病院の医療情報システム Eclypsis e7000 に接続できるようにしました。

「研究によると、ベッドサイドですばやくデータを入力した方が、治療結果が良くなることがわかっています。 ベッドサイドで大きなコンピュータを扱うことは実用的でないし、特別なデバイスの導入もうまくいきませんでした。 しかし、Tablet PC は初めからベッドサイドでの入力が可能でした」と CIO (最高情報責任者) の Mark Zielazinski 氏は述べています。

迅速な対応で生命を救う

  NorthEast Medical (ノースイースト メディカル) で心臓が専門の Paul Campbell 医師は、HP iPAQ Pocket PC を使用して心臓発作の患者により速く対応するチームのメンバー。
  NorthEast Medical (ノースイースト メディカル) で心臓が専門の Paul Campbell 医師は、HP iPAQ Pocket PC を使用して心臓発作の患者により速く対応するチームのメンバー。
 

ハンドヘルド テクノロジーのもっとも画期的な使用方法の 1 つが、ノースカロライナ州コンコードにある NorthEast Medical Center (ノースイースト メディカル センター) の例です。HP iPAQ Pocket PC h5550 を利用した、新しい、デジタル化された心臓およびイメージング情報システムのおかげで、心臓専門医は地域の救急車からデータを受信して心臓発作の可能性がある患者をリモートで診断し、生命を救うための心臓血管形成手術を迅速に行うことができるようになりました。 このテクノロジーによって、心臓カテーテル室に患者が到着してから血管形成術を正常に完了するまでの時間を27分に短縮することができました。

「モバイル テクノロジー、医療に携わる人々、コミュニケーション、そして慎重な計画がすべてそろい、生命を救う上で、すばらしい成果を経験しています」と Paul Campbell 医師は話します。

医師がバインダーでなくコンピュータを持ち始めたとき、患者の反応はどうでしょうか。

「Tablet PC にすごく興味を引かれるみたいですよ。 画面で何をしているのか、よく患者に見せています」と CapitalCare の Busino 氏は話します。 患者が自分の状態や治療方法を理解しやすいように、画像を表示する際にも HP Tablet PC を使うそうです。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡