Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム > カバーストーリー バックナンバー

RFIDの「実際」をお届けします

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
HP研究所
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
日本HPサイトマップ
HPは、RFIDの実践的な活用方法をご提案しています

クイックリンク

アジア太平洋および日本地域に向けてRFID のノウハウを展開
素晴らしく先進的なコーヒー
もうひとつの試み - RFID Centre of Excellence

■ 関連リンク

eNewsletter 1月号
RFID(無線ICタグ)時代がやってきた!
HP Labs便り
RFID(無線ICタグ)の新たな可能性に挑む
RFID関連ニュースリリース
Talking RFID with
Wal-Mart's CIO
米国のサイトへ


世界中で蓄積されたRFIDのノウハウを生かし、HP は 2 つの新しい試みを通じて、この新しい
テクノロジーの本来の価値を、特にアジア太平洋および日本のお客様に向けて紹介しています。

今最も大きな話題であり、期待を集めているテクノロジーの 1 つとして、RFID (Radio Frequency Identification - 無線周波数識別:無線チップを組み込んだタグを利用して商品情報を管理する技術) が、世界中の製造業、流通業、卸売業、小売業者から注目されています。

ウォルマートのような大手の小売業者は、納入業者 上位100社に対して、来年までに RFID を採用させようとしています。このテクノロジーは販売、在庫、および流通などのビジネスの中核機能の多くに、将来大きなインパクトを与えるものです。

HP は RFID がもつユニークな価値に注目し、多くのリソースを投じて、この技術開発を進めるための研究をリードしてきました。 世界で 10 番目に大きなサプライチェーンをもつ HP は、自社のサプライチェーンを管理するために RFID を使い、世界最大の小売業者 ウォルマートが実施した最新のテストプログラムにも参加しました。 HP はまた、一連の RFID サービスをお客様にも提供しています。

「HPは自社における成功事例をお客様へのサービスとして提供しています。これは、HPにとっては、大きな優位性をもたらすものです。」と HP 研究所の センサー・ネットワーク の主任技術者である Salil Pradhanは述べています。

「他のベンダーも、物理的な、あるいは実装上の問題を理解していると言うかもしれません。 しかし、当社のように実際にプログラムを構築しなければ、現実の世界で RFID を活用するために必要な全てのことを理解するのは不可能だと思います。」

業界レベルでは、HPはシンガポール政府を含むグローバルな組織と協働し、RFID テクノロジーの業界標準の開発と応用を目指す上で、リーダーとしての役割を果たしています。 HP はその他の先端企業と共にEPC グローバルというコンソーシアムを組織し、世界標準仕様の早期の策定を支援することによってRFID の相互運用性を確保することを目指しています。

アジア太平洋および日本地域に向けてRFID のノウハウを展開

現在、HP はアジア太平洋地域および日本のお客様がこのテクノロジーについて理解を深め、どのようにビジネスに活用できるかをよりよく理解していただけるように、この分野における広範な知識とノウハウをまとめつつあります。

素晴らしく先進的なコーヒー

たとえば、シンガポールオフィスにある HP クールタウンでは、"RFID Café "と称して、RFIDがどのように高度に情報化されたサプライチェーンプロセス管理を実践するのか、実際のカフェを例にとってデモンストレーションしています。

飲み物の好みをはじめとするお客様の個人的なプロファイルを登録した後、RFID タグがコーヒーカップの底に埋め込まれると、そのお客様用に作られた、お好みのコーヒーを受け取ることができるようになります。 カウンターにコーヒーカップを置くと、カウンタートップに埋め込まれた RFID リーダーがお客様の個人情報を読み込み、お客様の写真とデータをカウンターの後ろにある HP LCD モニターに映します。

スマート・シェルフ(「洗練された棚」)・ソリューションはまた、このテクノロジーのもつ能力を示すもので、コーヒーが切れたときの再発注プロセスの設定から、コーヒーの再発注・再入荷時の在庫・品揃え情報の変更まで、サプライチェーン全体を管理します。

RFID タグからの情報により、ある期間中に一番売上げに貢献したお客様や、その日最も人気のあるコーヒーまで、カフェの貴重なデータをリアルタイムに追跡することもできます。

クールタウンシンガポール・アンド・モビリティのディレクターである Mark Mannersによると、このカフェはエンドユーザーの視点から、革新的かつ魅力的な方法でこのテクノロジーを見せるように設計されています。

「このカフェの目的は、お客様に革新をもたらす、あるいはプロセスを「創り出す」(invent)きっかけになることです。RFID のもつ機能を実際に見ることで、それが自分たちのビジネスにどのように応用できるかが、おわかりいただけると思います。」と Manners は述べています。

「当社はまた、お客様にこのユニークなテクノロジーがもつ価値をお伝えし、理解していただけるよう、各種ワークショップを計画しています。さらに実際のビジネス環境の中で、RFIDをどのように展開していくかプランするお手伝いをしていきます。」

もうひとつの試み - RFID Centre of Excellence

お客様に最新の RFID テクノロジーによりたくさん触れていただくためのもう1つの試みは、当社が新しく設立した台湾の "RFID Centre of Excellence" です。

このセンターは、HPが RFID の研究、開発、導入経験を通して得た、最新の RFIDの革新的技術と優れた事例をお見せすることを目的としています。

HP 台湾の Mingpey Chou によると、このセンターはお客様が RFID インフラを構築する際の要件をよりよく理解し、RFID のロードマップを作成するためのデモンストレーションと研究環境を提供します。

「私たちの目的は、RFID テクノロジーを当社のお客様が現実のものとして受け止める一方で、特に販売、製造、在庫管理などを含むビジネスにおいて、ビジネスや技術プロセスに対するコンセプトを確認していただくことです。」

「実際のビジネスのシナリオを使用して、在庫管理、製品の品質管理やロジスティックスが追跡できるように改善するなど、毎日の業務プロセスを改善することを通じて、RFID が売上と生産性を増大する上で強力な味方になることを示すことが目的です。」

台湾のセンターは世界では 2 番目の HP RFID Centre of Excellence です。最初のセンターは米国のパロアルトにあり、イタリアのミラノにも最近、開設されました。 将来はジュネーブ、シンガポール、東京、および英国に設立することを計画があります。

HP はこれらの 2 つのアジア太平洋および日本地域での新たな試みが、お客様に毎日の業務プロセスにどんどん組み込まれていく技術である RFID をよりよく理解していただくうえで役立つと信じています。

「RFID に興味をもっているものの、どこから手をつけていいのわからない企業が多いと思います。
グローバルに培った専門知識を活用することで、HPはお客様に独自の視点から、 RFID が顧客企業の組織に現在および将来にわたりもたらす価値について、提案していきたいと思います。」とMannersは述べています。


RFIDの機能

RFID はタグが付けられた品物を識別するために無線の周波数を使います。 このシステムは、ID タグとタグリーダーの 2 つの基本コンポーネントから成り立っています。 RFID リーダーは ID タグと情報交換を行うための電磁波のフィールドを生成します。 このタグにはアンテナとデータが埋め込まれたマイクロチップが入っています。なお、EPC グローバルクラス標準では、製造業者、品物のID、そしてEPC シリアル番号のみデータと呼びます。 タグにはもっと多くのデータを追加することもできますが、現時点ではタグに使用された EPC グローバルクラス標準データのみが小売チェーンに渡されます。 これらの標準は、機能の増大と共に進化していく可能性があります。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡