Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム > カバーストーリー バックナンバー

発明の精神を燃え立たせる企業

HP創業のガレージを復元

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
HP研究所
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
日本HPサイトマップ
ビル・ヒューレットとデイブ・パッカード

■ 関連リンク

HPの歴史
HPガレージの復元 米国のサイトへ
HPのルーツ
"invent"のスピリットとは

ガレージの扉から飛び出し、時間と空間を超えて今日のHPを築き上げた"invent"のスピリットについて、 さらに詳しくお読みください。
http://www.hp.com/go/garage/ 米国のサイトへ

クイックリンク
 
シリコンバレー誕生の地
小さなガレージから生まれる大きな発想
企業としてのスタートを切る

1938年 - ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードは、小さなガレージを借りました。ここから、巨大テクノロジー企業、ヒューレット・パッカードが生まれました。 このガレージでHP初の特許を取得した製品であるオーディオ発振器が開発され、この製品が、その後のHPの発明の基礎となりました。
2005年11月 - 1年に及ぶガレージの復元プロジェクトがついに完成しました。フォーチュン50社に選ばれる企業が誕生した時代と、業界をリードする会社を回顧する場所です。

シリコンバレー誕生の地

  HP創業当時のガレージ
 

スタンフォード大学を卒業したデビッド・パッカードとウィリアム・ヒューレットの2人は、1939年カリフォルニア州パロアルトにある小さなガレージでヒューレット・パッカード カンパニーを創立しました。このガレージは現在カリフォルニア州の歴史的建造物になっています。

カリフォルニア州パロ アルト市アディソン通り367番地にはエレクトロニクス業界黎明期の最も象徴的な建物があり、ハイテク業界のみならず、歴史家、技術者、その他多くの人々からシリコンバレー発祥の地と認められています。 だからこそ、HPは業界の礎である歴史の1ページをそのままの形で保存することに、取り組んだのです。

2005年1月に開始した復元プロジェクトでは、ガレージのほか、デイブ・パッカードと妻のルシールが暮らした家とその裏にある小屋の復元が行なわれました。この小屋には、ビル・ヒューレットが1939年にフローラと結婚するまで住んでいました。


小さなガレージから生まれる大きな発想

2005年に復元されたガレージ
2005年に復元されたガレージ
今日に至るまで、HPは、お客様に真の価値を提供する革新的技術ソリューションを生み出す優れた技術者によってその名を知られています。そのよい例が、HP最初の発明であるHP 200Aオーディオ発振器、音響装置のテストに使用する電子計測器でしょう。 それまでの発振器は非常に複雑で高価な上に、安定性がなく、すぐにひずみが発生しがちでした。 ビル・ヒューレットは、設計に白熱バルブを加えることでこの問題を解決しました。お客様のためにテクノロジーを簡素化し、コストを下げるという伝統が、今も引き継がれています。

HPが新しいものを生み出す発明の精神を燃え立たせ、常に技術革新に対する投資を怠らないのもそのためです。今日の業界における技術革新のペースを決めたのはHPであり、現在HPの特許取得件数は史上最速の1日11件となっています。 その積み重ねにより、現在の特許数は合計2万5千件となり、さらに出願中のものも数多くあります。

これらすべての始まりが、小さなガレージで生まれたあの白熱バブルであり、次世代のHPの発明者の道を照らすひとつの大きな発想なのです。

企業としてのスタートを切る

HPは常に発明者の集団であり、発想とソリューションの間にあるギャップを埋めてきました。

■ 主なできごと

1942年 - HP 200Aオーディオ発振器(音響装置のテストに使用する電子計測器)がHP初の特許となりました。 それまでの発振器は非常に複雑で高価な上に、安定性がなく、すぐにひずみが発生しました。 ビル・ヒューレットは、設計に白熱バルブを加えることでこの問題を解決しました。「ITの簡素化」というHPの使命がここに誕生しました。
1984年 - HP初の大衆市場向けパーソナル・インクジェットプリンタ、HP ThinkJetを発表しました。 HPが開発したサーマル・インクジェット・テクノロジーにより、個人でも高品質で低価格の印刷が可能となり、これまで使用されていた音のうるさいドットマトリクスプリンタは終焉を迎えました。 2004年には、HPはこのテクノロジーにより米国電気電子技術者協会(IEEE)のコーポレート・イノベーション賞を受賞しています。
1986年 - HPは主要コンピュータ企業として初めて、RISC(縮小命令セット・コンピュータ)に基づくプレシジョン・アーキテクチャを発表しました。 HPプレシジョン・アーキテクチャファミリーは、RISCアーキテクチャを搭載した最初の商用アプリケーションです。 これは当時、HPで最も高額な資金をつぎ込んだ研究開発となり、真に差別化できる技術革新に最重点を置くというHPの姿勢を証明するものとなりました。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡