Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム > カバーストーリー バックナンバー

京都・立命館小学校で日曜参観
スクイークの開発者アラン・ケイ博士が児童たちと交流

会社情報

HPについて
ニュースルーム
エグゼクティブ・チーム
グローバル・シチズンシップ
HP研究所
アナリスト向け情報
(英語のページへリンク)
投資家向け情報
日本HPサイトマップ
京都・立命館小学校で日曜参観
スクイークの開発者アラン・ケイ博士が児童たちと交流

■ 関連リンク

ニュースリリース
HPスーパーサイエンスキッズ 公式ホームページ 
2006年6月11日に京都・立命館小学校で行われた日曜参観に、アラン・ケイ博士が参加しました。3年生の授業で児童によるSqueak(スクイーク)作品の発表が行なわれ、アラン・ケイ博士が児童の作品を見て回ったり、博士による講演会も行われました。
今春開校した立命館小学校の正面玄関
今春開校した立命館
小学校の正面玄関
クイックリンク
魔法のソフトウェア「スクイーク」を子ども達へ
創造力あふれる子ども達のスクイーク作品
“スクイークの生みの親”アラン・ケイ博士から児童たちへのメッセージ

コンピュータプログラミング言語「スクイーク」は、小さな子どもたちでも遊びながら理解することができ、科学や数学などの難しいとされがちな分野に親しむことのできる魔法のソフトウェアです。立命館小学校では独自の授業カリキュラムにスクイークを導入しており、児童達は授業で作ったそれぞれのスクイーク作品をクラスメイトや保護者に発表しました。

 魔法のソフトウェア「スクイーク」を子ども達へ

HPスーパーサイエンスキッズの協賛企業である日本HPは、グローバル・シチズンシップに基づく社会貢献活動、特に教育分野および社会的・経済的弱者に対する支援に重点を置き、日本でも好奇心旺盛な児童・生徒がより活発に学び、知識を活用できるようITの側面から支援を行っています。その中で2006年4月に開校した立命館小学校をピーチヘッド(日本の教育機関のリーダー)と位置づけ、子ども達に親和性の高いタブレットPC 33台や大型プリンタ、プロジェクタなどの周辺機器を寄贈。ITの活用を通して、子ども達の創造力育成に貢献するため、日本HP社内のボランティア組織「HP-Squeakers(HPスクイーカーズ)」と、共にスクイークの普及に取り組んでいます。

 創造力あふれる子ども達のスクイーク作品

各自がスクイーク作品を発表
各自がスクイーク作品を発表

立命館小学校には現在、1〜3学年まで368名の児童が在籍し、「力・原理」「電気・回路」「プログラミング・制御」「デザイン」「社会倫理」の5領域を合わせた独自の教育カリキュラム「ロボティクス」において、スクイークを取り入れています。この日の授業では、3年生の2クラスがそれぞれ自分たちの作品を発表しました。それまでの授業でスクイークで絵を描き、それらをモニター上で自在に動くようにプログラミングを完了させている児童もいれば、「ここをもっとこうしていきたい」と制作途中の作品について熱心に話す児童もいました。

児童の作品はどれも創造力豊かなものばかりでした。人気のあったテーマは、「恐竜」「海のいきもの」「宇宙」「花」「ちょうちょ」など。しかし、同じものをテーマにしていてもPCのモニターに描かれたそれらはどれも個性があり、スクイークでの表現方法も様々でした。スクイークを開発したアラン・ケイ博士は「コンピュータは複雑だけれど、紙に絵を描く以上のすごいことができる。」と語っています。

例えば、「海のいきもの」をテーマにイルカの動きにあったプログラムを作ろうとした男児は、「まず最初に海とそこに棲むいきものたちを、紙に絵を描くようにスクイークで書きました」と発表。「それから、イルカが海上で生き生きとバク転するだけでなく、少し遠くにいるタコが墨を吐くようにプログラミングしました」と、作品の制作過程を話しました。紙なら平面上に描くだけに留まりますが、PCでは自由な創造力で、絵を動かすこともできます。海全体の様子をスクイークで表現しようとする男児の細かな観察力には驚かされました。

小学校3年生の授業参観
小学校3年生の授業参観

当日は、参観に来ていた保護者から児童達に「スクイークを使って、ここまで仕上げるのにどれくらいかかったの?」「これから、もっと工夫したいところはありますか?」などの質問も飛び出し、どの児童も「最初はPCとスクイークに慣れることが難しかった」ことに触れつつも、操作できるようになった今では、満足そうな表情で自分の制作したスクイーク作品について答えていました。

授業の終わりに、アラン・ケイ博士は「私のように年を重ねた科学者でも、まだまだ好奇心がいっぱいあります。だから、皆さんもいろいろなことに興味を持って欲しい。世界は目に見えているものが全てではないから、注意深く見て下さい。いつも疑問を持ち、その質問の答えを見つけることを楽しむことが大切です」と、児童達に声をかけました。

  “スクイークの生みの親”アラン・ケイ博士から児童たちへのメッセージ

アラン・ケイ博士の話に
耳を傾ける児童たち
アラン・ケイ博士の話に
耳を傾ける児童たち

スクイークを使った授業参観の後に行われた講演会で、アラン・ケイ博士は児童たちに、自身がコンピュータを通じて得た科学や数学の楽しさを話しました。「皆さんの中には、私のように科学者としての仕事を楽しんでいることに驚かれた方もいるかもしれません。しかし、実際に科学や数学は、音楽や芸術と同様に楽しいものなのです。科学の大部分は“遊び”ですが、音楽を志す人が努力するように、我々も努力しなくてはなりません。音楽や芸術のゴールは、他者とコミュニケーションし会話していくことです。そのように捉えると、ややこしいと思われがちなコンピュータも、ある種のコミュニケーションツールになります。コンピュータを紙と考えてみてください。紙に絵を書くことができるなら、PCにも絵を描けるでしょう。そして、それらを動かすこともできます。ストーリーも伝えていけます。」と、科学が、音楽や芸術と同じであることを児童達に語りかけました。「コンピュータを使えば、世界がどのように動いているのかを知ることができます。私たちが使うテクノロジーが地球の温度・気温に与える影響もわかるのです。皆さんには、そんなふうに、コンピュータの隠れた部分を理解して欲しい。先ほど、授業の終わりに、世界は目に見えているものだけではないと言ったのはそういう意味です。皆さんは、恐れることなく好奇心を持って取り組んでください。それを手助けするのが我々、大人の役目です。」と、語りました。

講演では、HPスーパーサイエンスキッズが日本各地で行なっているワークショップで製作された作品も立命館小学校の児童達たちに公開されました。他校の生徒たちの、そのアイディアのおもしろさや、創造力の豊かさに会場からは「すごーい!」という驚きの歓声が起こりました。

スクイークを通して、アラン・ケイ博士と交流した児童たちから、こんな質問が飛び出しました。「どうすれば博士になれるの?」それに対し、アラン・ケイ博士は「世界をぐるっと見回しましょう。よく見ると、必ずあなたの興味の持てるものがありますよ。その好きな分野を突き詰めていくと、それに対して意見が持てるようになる。さらにそれを深く突き詰めていくと、私(博士)のようになれるでしょう」と、答えました。児童達が好奇心に目を輝かせながら聞き入る様子が、印象的でした。


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡