Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム > カバーストーリー バックナンバー

Invention2:  HP研究所と
Compaq研究所の長所の融合

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
HP研究所
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

* この記事は、2002年9月にhp.com(US版)に掲載された記事の翻訳です。
原文は、http://www.hp.com/hpinfo/newsroom/feature_stories/invention02.htm をご覧ください。

 
ポケット コンピュータの可能性を広げた最小型のItsy
ポケット コンピュータの
可能性を広げた最小型の
Itsy

合併以前には、HPとCompaqの研究所は、お互いをライバルだと思っていました。

RISCアーキテクチャを採用した高速で経済的なコンピュータの開発や、高性能ハンドヘルド デバイスやワイヤレス デバイスの開発などの分野で、両社の研究員はそれぞれ優れた業績を残しています。また、インターネットの前身であるARPAnetへの接続などの画期的な技術の研究においては、競争関係にありました。

「Compaq は我々にとって長年の競争相手でした」と、HP研究担当上級副社長兼HP研究所長であるDick Lampmanは述べています。「それが今では同じチームの一員であり、協力して開発に取り組んでいます。とてもすばらしい体験です。」

約100名のCompaqの研究員が加わったHP研究所では、デジタル イメージングやプリンティング、次世代型コンピュータ システム、最先端の情報インフラストラクチャの構築と管理を簡略化するソフトウェアやソリューションの開発に全力で取り組んでいます。

 
ハードウェア カメラの試作品 - デスクトップと同等の性能を備えた最初のポケット コンピュータ、Itsyをベースにしています。
ハードウェア カメラの試作品 - デスクトップと同等の性能を備えた最初のポケット コンピュータ、Itsyをベースにしています。
「Compaq の研究員の才能と着想は、HP研究所をより優れた研究所へと発展させるでしょう」とLampmanは述べています。「結果的に、我々の主要な研究プロジェクトは飛躍的な進歩を遂げることになるでしょう。」

HP研究所では、カラー サイエンスからコンピュータ アーキテクチャ、ナノサイエンスまで、広範な技術分野を専門としています。このことから、旧Compaqの研究員は、今回の両社の統合によって彼らの研究に新たな成果がもたらされることを期待しています。ケンブリッジ 研究所 ディレクタのRich Zippelは、両社の共同作業によって、同氏のチームの研究がより高度になり、新たな方向性を見い出すだろうと予想しています。

「今回の統合は、単なる研究員の増員によって期待される成果以上の、より大きな成果がもたらされるでしょう」とZippelは述べています。_ 「私たちは、実際の組織の規模よりも、もっと巨大な組織の一員であるかのように感じています。」Zippelのチームは現在、電話やビデオ会議の機能や、複数の物理ネットワーク間でのローミング機能などをハンドヘルド デバイスに追加する研究をしています。最終的な目的は、人々がワイヤ接続から解放され、世界中のどこからでも自由に情報資源を利用できるような環境を実現することです。

 
最新型のItsy - iPAQ Pocket PCの着想の元となったポケット コンピューティング プラットフォームの研究
最新型のItsy -
iPAQ Pocket PCの着想の元となったポケット コンピューティング プラットフォームの研究
この構想は、物理的な世界とバーチャルの世界を統合するHP研究所のCooltownコンセプトと一致しています。同研究所の研究員は、使用する相手や環境、目的によって異なる反応を示すデバイスの開発や、即時反応型のモバイル サービスを提供するテクノロジーの開発を行っています。

エンタープライズ システムおよびデータマネージメント研究所(旧Compaqの研究所)では、未来のモバイル コンピューティングに欠かせない大量のリッチ メディアを管理するツールと、位置的適応型モバイル サービスを提供するためのデータベース テクノロジーを研究しています。イスラエルのハイファ研究所 ディレクタであるRivka Ladinは、HPとの統合で、より難解な課題に取り組むことができると期待しています。「今回の統合によって、私達の開発するテクノロジに対する潜在的顧客が増えたのと同様に、私達が取り組むべき問題の可能性も広がりました」とLadinは述べています。「私達は、会社に影響力を持てることに対して気持ちの高まりを感じています。」

HP研究所のその他の研究分野 :

  • ウエスタン リサーチ研究所 :
    企業規模のパフォーマンスと信頼性、モバイル システムおよびモバイル サービスにおける消費電力の削減、ロボットを利用したテレプレゼンスとネットワーク パフォーマンスおよびプロトコルなどを研究しています。

  • システム リサーチ センター :
    新しい情報システムのデザインおよび実装について研究しています。これらのシステムのモデリングおよびシミュレーティングを含め、デザインの完成とパフォーマンスの向上を追求しています。

さらに詳しい情報については、 http://www.hpl.hp.com/news/2002/jul-sept/invention_more.html
ご覧ください。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡