Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

採用情報  >  障害者採用情報  >  新卒障害者採用情報  >  先輩の声

先輩の声

採用情報

障害者採用情報
新卒障害者採用情報
シ-ドセンタ-採用情報
(障害者契約社員)
ISC採用情報
(障害者契約社員)
新卒者採用情報
経験者採用情報
日本HPの環境と働き方
キャリアの考え方と仕組み
報酬の考え方
ワークライフ・バランス
女性活躍のための取り組み
採用情報−トピックス
HPのご紹介
採用方針
基礎となる考え方
日本HPコーポレートビジョン
HPの歴史
多様性と包括性
会社情報
オフィス案内地図
お客様事例
海外 HP
Jobs at HP(海外のHP)
Jobs at HP(大連、他中国)
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

プロフィール

  古屋 貴
HPサービスエンジニア職
(2000年入社/経済学部卒)

「入社するまでは、ずっと大阪暮らし。東京の生活にも大分慣れました。休日はドライブを楽しんでいます。」
 

インタビュー

 
HPに決めた動機は?
IT企業に入って、新しい分野で働きたかったんです。車椅子なので、技術を身につければ自分にとって役立つと思いました。就職活動中の採用担当者とのやりとりもHPに決めた大きな要因です。実際の選考基準上では特別扱いはありませんでしたが、事前に障害の種類や程度を聞いてくれ、こちらの状態や要望を正確に理解してくれました。障害に対する正しい理解や知識のある人でした。他の面接官ともざっくばらんに話ができて、「人」がいいなと思いました。
現在のお仕事は?
コンサルタントのサポート的な仕事です。HPはワールドワイドで標準のインフラ環境が整備されています。しかしコンサルタントは、お客様にコンピュータシステムやIT系のソリューションを提供することを目的にしているので、提案内容によっては既存のインフラのモデファイが必要な場合もあります。そのための環境構築を支援しています。
また、コンサルタントはお客様のところに行ったり、工場に行ったり、動き回ることが多いので、軽くて機能がいいパソコンを提案するというのは当然ですけれど、その中に入れるソフトウエアはこっちを使った方が仕事がスムーズにいくんじゃないかとか、提案から導入まで行うプランにも携わっています。
そういった仕事は入社前からの希望だったんですか?
営業(現場)に近い仕事をしたいと言い続けてきました。現在の仕事は直接お客様と接することはないけれど、コンサルタントの向こう側にいるお客様を十分感じることができます。後悔しないために、自分が何をしたいかを伝えることは大切だと思います。
入社前と入社後で何かギャップは感じましたか?
仕事は、ちょうど事業部が大きくなっている時期なので、内容もどんどん変化して面白みがあります。だけど思った以上に、忙しい事業部でした(笑)。私は比較的自由にスケジュールを立てやすい部署にいるので、深夜まで残業するということはないですが、周りを見ていると、週5回大阪へ行ったとか、2泊5日でアメリカへ行って帰ってくるとか(笑)。
入社してから、自分の中での変革ってありますか?
入社後の研修で、同期の優秀さに刺激を受けました。適当に入っている人がいないというのを痛感して、負けていられないなという気持ちが強くなりました。それは今も変わらないですね。また、仕事に関係してくるので、社会で今何が起こっているのか気になるようになりました。あの新聞に載っていたことがこのプロジェクトだなとか、結構あるんですよ。今は、いつかそういう現場に出て行くのも面白そうだなと思っています。
 
先輩(2)

先輩(2)
 戻る
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡