Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

採用情報  >  障害者採用情報  >  新卒障害者採用情報  >  先輩の声

先輩の声

採用情報

障害者採用情報
新卒障害者採用情報
シ-ドセンタ-採用情報
(障害者契約社員)
ISC採用情報
(障害者契約社員)
新卒者採用情報
経験者採用情報
日本HPの環境と働き方
キャリアの考え方と仕組み
報酬の考え方
ワークライフ・バランス
女性活躍のための取り組み
採用情報−トピックス
HPのご紹介
採用方針
基礎となる考え方
日本HPコーポレートビジョン
HPの歴史
多様性と包括性
会社情報
オフィス案内地図
お客様事例
海外 HP
Jobs at HP(海外のHP)
Jobs at HP(大連、他中国)
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

プロフィール

  渡邊 裕介
HPサービスエンジニア職
(2004年入社/情報システム科卒)

専門学校ではシステム開発を中心に、プログラム言語や設計書の書き方を学習。就職活動中に障害者採用情報誌で知った日本HPに関心をもち、企業セミナーに参加して応募の意志を固める。就職後、念願だった「親元からの独立」を実現。当初はとまどいながらの家事にも慣れ、一人暮らしをエンジョイしている。
 

インタビュー

 
日本HPに入社を決めた理由は何ですか?
就職するなら、独自のカラーをもった会社で、そこでしかできない仕事をしたいと思っていました。最初は学校で学んだことが活かせる業界としてソフトウェア会社を回りましたが、なかなか決め手を感じることができませんでした。サーバ製品にも興味があったので、コンピュータメーカーを対象として考えてみたところ、日本HPという会社に強く引かれたのが応募の動機です。メーカーの障害者採用の場合、大卒以上という条件を設けているところが多いのですが、日本HPは専門学校生にも門戸を広げており、その点でも自分の力を活かせるのではないかと思いました。
今のお仕事の内容と、職場でのようすを教えてください。
お客様のビジネスに直結した、24時間×365日稼働し続けるシステムを「ミッションクリティカルシステム」と呼んでいますが、その障害対応や質問対応を担当しています。実際の業務としては、お客様からの電話を受けて状況をお聞きし、問い合わせかトラブルかご要望かによって、それぞれの内容に合ったご返答や技術的対応を行う仕事が中心です。1件ごとに問題点や状況、対応策が違ってきますから、知識や技術が不足しているところは先輩や上司の助けを借りながら、対処の仕方をひとつひとつ自分の中に蓄積してレベルアップに努めています。職場は年齢的には20代後半から30代の人たちが中心で、何でも話しやすい雰囲気があります。
社内のバリアフリー環境やサポート体制はどうですか?
いまの事業所は段差もなく、全階に車椅子用のトイレが完備され、エレベーターの数も十分です。今までに不便を感じたことはありません。サポート体制についても、健康相談室が日常的な安心の支えになってくれています。私は自動車通勤をしているのですが、以前、車椅子の積み降ろしの際にケガをしたことがありました。この時も相談室と話し合って、負担の少ない軽量の車椅子を薦めてもらったり、会社用の車椅子を駐車場に置いてもらったり、きめ細かく対応していただきました。障害者採用に積極的な日本HPだけに、多方面に配慮が行き届いていると思います。
仕事とプライベート、これからの目標は?
実際にお電話を受け付けている間は、時間の経過やお客様の業務への影響を意識して手一杯な状況ですが、無事に対応が完了してお客様に合意をいただいた時には大きな充実感があります。当面の目標は、多くの技術的スキルを身につけ、先輩たちに頼らず自力で問題解決にあたれる件数を増やしていくことです。将来的にはお客様からサンクスレター(お礼状)がいただけるような仕事をしたいと思っています。
プライベートでは、これまで夢だった一人暮らしが実現してしまったので、次の目標を模索中です。まずは今の仕事をきっちりこなすとともに、自分の生活もしっかりと維持していく、これを両立させていきたいですね。
 
先輩(3)

先輩(3)
 戻る
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡