HP Way

「HP Way」、それはHP全社員が、誇りとともに受け継ぐ理念。

HPが創立時から培ってきた独自の企業理念、それが「HP Way」です。それは、創業者の一人ビル・ヒューレットの「人間は男女を問わず、良い仕事、創造的な仕事をやりたいと願っていて、それにふさわしい環境に置かれれば、誰でもそうするものだという信念に基いた方針であり、行動規範だといえます。」という言葉に集約される「尊敬と信頼」に基づく企業文化です。こうした理念に基づき、1957年に「会社の目的」を明文化。トップダウン型が当たり前だった当時の一般的経営とは異なる、HP独自の経営スタイルを規定する基盤となりました。「顧客からの尊敬と信頼の獲得(Customer loyalty)」「適正な利益(Profit)」「市場でのリーダーシップ(Market leadership)」「成長(Growth)」「働く人へのコミットメント(Employee commitment)」「リーダーシップの発揮(Leadership capability)」「良き市民(Global citizenship)」の7項目は、いずれも世の中に先駆けた発想といえるでしょう。 こうした「HP Way」を基盤とする企業理念は、現在も世界中の社員に浸透した判断基準であり、HPの全ての活動の基本精神として受け継がれています。
日本HPにおけるビジョンもまた、「HP Way」の考え方を基盤に発想されたものです。世界のIT市場をリードする存在として、社会にとって、お客様にとって、パートナーにとって、そして社員にとって価値ある企業であることが、HPの変わらぬ伝統であり、誇りです。

 

日本HPのビジョン

期待の、その先へ。日本HP

日本HPは約束します。
世界をリードするIT企業として、
たゆまぬ技術革新をしていくことを。
社員ひとりひとりが誠実さと熱意、
チャレンジ精神を持ち続けることを。
そして、お客様の企業価値を高め、
生活をより便利により豊かにすることを。
すべては、お客様の
「身近で信頼できるパートナー」となるために。

企業文化「HP Way」を基盤に、日本HP独自のビジョンを。

HPは、世界のIT市場をリードするグローバル企業であり、その根底には「HP Way」という独自の企業文化が息づいています。私たちがビジョンを策定した最大の目的は、このHP全社員の基本精神であり、行動規範である「HP Way」を将来にわたって受け継ぎながら、日本HP独自の企業価値を創造することにあります。
日本HPが目指すのは、お客様にとって欠かせない「身近で、信頼されるパートナー」であることにほかなりません。企業のお客様、個人のお客様、ビジネスパートナーなど、あらゆるパートナーシップを大切にし、共に考え、共に一歩先を創造する関係を築いていきたい。ビジョンはそうした思いを明文化したものです。
グローバル企業である強みを生かしながら、日本市場に根付き、テクノロジー企業として技術革新を続けることで、お客様の企業価値を高め、個人のお客様に豊かで快適な生活を提供できるように、日本HPは尽力します。そしてそれらの目標を実現していくのが、チャレンジ精神あふれる日本HPの「人材」です。
人こそ強み。常に「HP Way」を胸に、誠実さと熱意を持ってお客様に接すること。それが日本HP全社員のビジョンであり、行動規範です。

 

Diversity

ダイバーシティ(人材の多様性)の幅広い取り組み。

国籍・性別・年齢・障害の有無といった個々の違いにこそ価値がある。HPでは基本理念である「HP Way」に基づき、誰もが多様な能力を発揮してビジネスに貢献できる環境整備を目的に、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。社員の持つ多様性こそが創造性の源であり、その融合によるダイナミズムがビジネスの成功につながる。それがHPにおけるダイバーシティの考え方です。

多様性と包括性(Diversity & Inclusion)