Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

採用情報 >  新卒者採用情報

Special Features

What's HP Way? −HPの企業理念−

採用情報

新卒者採用情報

Special Features
  Business Field of HP
  What's HP Way?
  Status&Strategy
  Career Design
職種情報
求める人物像
HPビジネスフロー
先輩社員インタビュー
Q&A
エントリー
経験者採用情報
障害者採用情報
日本HPの環境と働き方
キャリアの考え方と仕組み
報酬の考え方
ワークライフ・バランス
女性活躍のための取り組み
採用情報−トピックス
HPのご紹介
採用方針
基礎となる考え方
日本HPコーポレートビジョン
HPの歴史
多様性と包括性
会社情報
オフィス案内地図
お客様事例
海外 HP
Jobs at HP(海外のHP)
Jobs at HP(大連、他中国)
日本HPサイトマップ
Entry エントリー
 
コンテンツに進む
What's HP Way? −HPの企業理念−  関連リンク
 ≫ HPについて
 ≫ 基礎となる考え方
 ≫ 沿革と概要

HP Way 〜人間尊重と共有を基盤とした経営理念〜

創業者ビル・ヒューレットが語った次の言葉は、HP Wayを最も象徴的に説明するものです。「どんな人でも、立派な仕事、創造的な仕事をしたいと望んでおり、適切な環境があれば、必ずそうなるものだ。」
会社は、本当に社員が働きやすい環境・制度を整備する。社員は、そうした会社の姿勢に応えるべく責任と義務を要する。こうしたお互いのWIN WINの関係をHPでは大事にしています。

 ≫ HPについて

今も息づいている創業時のスピリット

1938年、スタンフォード大学の同級生ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードが小さなガレージで試作品を作りはじめたことが、HPの出発点でした。このとき、ふたりが仕事の進め方について取り決めたいくつかのルールは「Garage Spirit」と呼ばれ、世界170カ国でビジネスを展開している今日まで、連綿と受け継がれています。

  基礎となる考え方

革新的な技術へのこだわり

HPの成長の源泉は革新的な技術へのこだわりと会社の成長に応じて製品の種類も関心の対象も広げてきたことにあります。HPは創業時から、科学、産業、福祉の分野に技術の面 から貢献したいと考え「他人が作ったものをコピーした製品ではなく、真の意味で技術に貢献する製品」(デイブ・パッカード)を生み出してきました。
その理念を象徴する決断を1999年、HPは下しました。成長を加速化するためにコンピュータ分野をHPに残し、計測、ヘルスケア、半導体部品、科学分析といったビジネスモデルの違う事業をアジレント・テクノロジーとして分割独立させたのです。そして、競争の激化しているハイテク産業のリーディングカンパニーであり続けるために、2002年5月2日、ハイテク史上最大の合併といわれたコンパック・コンピュータとの合併を実現、新生HPとして生まれ変わりました。
新生HPは個人消費者から企業の双方にフルラインのサービスを提供するグローバル企業として、人々の生活を向上させ、市場を変革し、新たなビジネスチャンスを生み出す革新的な技術の開発に取り組んでいます。

  沿革と概要

Business Field of HPへ  ≫Status&Strategyへ  ≫Career Designへ

このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡