Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2002年11月20日

1-Way、2-Way、4-WayのProLiantラインナップを強化

「ProLiant DL580」、「ProLiant ML310」、「ProLiant ML350アドバンテージPAQ」の新モデルとUltra320 SCSIハードディスクドライブを発表

−同時にサーバおよびオプションに最大59%の価格改定を実施 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は業界標準高性能IAサーバ「hp ProLiant(プロライアント)ファミリ」に新モデルを追加することを発表します。ProLiant DL580 Generation 2に最新のXeonTMプロセッサMP 1.5GHz/2.0GHz搭載モデルを、ProLiant ML310にPentium 4プロセッサ2.53GHzを搭載し、標準装備のメモリやディスク容量を倍増させたモデルを追加します。またProLiant ML350にハードディスクドライブを組み合わせRAID構成が可能なパッケージ製品として、ProLiant ML350 P1400アドバンテージPAQを発表します。
これらは新生日本HPのIAサーバラインナップの中核を占め、ProLiantのビジョンである「アダプティブ インフラストラクチャ」の実現を推進する製品です。
価格はDL580 Generation 2が150万円から、ML310が18万8000円からで、いずれも12月中旬から出荷を開始します。ML350 P1400アドバンテージPAQの価格は39万8000円で、11月下旬から出荷を開始します。

また今回発表するUltra320 SCSIハードディスクドライブは、SCSIバスの最大転送速度を320MB/秒に向上させる一方、Wide Ultra2 SCSIやWide Ultra3 SCSIといった既存のハードディスクドライブとの互換性も維持しています。
さらに11月20日付けで、ProLiant DL580の既存モデルについて最大18%の価格改定を実施します。またオプションのメモリやハードディスクドライブについては最大59%の価格改定を実施し、価格競争力をさらに強化します。

<データセンターのアプリケーションサーバに最適なProLiant DL580 Generation 2>

 

ProLiant DL580 Generation 2は、高さ4Uのラックマウント筐体に最高水準のパフォーマンス、拡張性、可用性を凝縮したサーバです。今回、11月6日に業界他社に先駆けて発表したProLiant ML570 Generation 2に続いて最新のXeonプロセッサMP 2.0GHzを採用したモデルを発表します。最大4基までの搭載が可能で、データセンター環境においては、マルチプロセッサ構成によるCPU性能を生かしたアプリケーションサーバやデータベースサーバとして最適で、特にクラスタ構成での利用を想定しています。
ProLiant DL580 Generation 2はオプションのメモリ拡張ボードを追加すると、万一メモリが故障した場合でもシステムを停止することなくメモリを交換することができるホットプラグ ミラー メモリ機能を搭載しています。またCPU、メモリ、ファンやPCIスロットなどの障害が視覚的に簡単に認識できるQuickFind診断ディスプレイや内蔵Lights-Out注1 を全モデル標準で装備するなど、信頼性と管理機能を大幅に向上しています。

注1:遠隔地からのサーバの管理、監視機能を提供するサーバ内蔵のプロセッサ

<小規模オフィスのファイル/プリントサーバに最適なProLiant ML310>

 

ProLiant ML310は、小規模オフィスのファイル/プリントサーバに最適な、コストパフォーマンスに優れた1-Wayサーバです。ProLiantファミリのエントリ製品に位置付けられますが、上位モデル同様SmartStartによるインストールやInsightマネージャ7による高度なシステム管理機能を提供します。今回発表するモデルはPentium 4プロセッサ2.53GHzを搭載し、フロントサイドバス(FSB)も400MHzから533MHzに高速化することで、性能が大きく向上しています。さらに、標準装備のメモリもこれまでの128MBから256MBへと変更されています。
ProLiant ML310には40GB ATAハードディスクドライブを搭載したATAモデルと、36.4GB SCSIハードディスクドライブを搭載したSCSIモデル(従来モデルの18.2GBより容量を倍増)があります。ATAモデルには内蔵ATA RAIDが搭載され、アレイコントローラを追加することなく安価にRAIDを構成することが可能です。

<中規模ワークグループサーバに最適な構成のProLiant ML350アドバンテージPAQ>

 

「ProLiant ML350アドバンテージPAQ」は、ベストセラー2-WayサーバProLiant ML350にアレイコントローラとホットプラグ対応ハードディスクドライブを3基組み合わせたパッケージ製品です。従来モデルと比較してプロセッサをPentium IIIプロセッサ1.26GHzから1.40GHzに、1基あたりのハードディスクドライブの容量を18.2GBから36.4GBに増強しています。中規模ワークグループで使用するサーバとして十分な性能と拡張性を、手頃な価格で提供します。

<下位互換性を維持しながら性能を高めたUltra320 SCSI対応ハードディスクドライブ>

 

Ultra320 SCSI対応ハードディスクドライブは、SCSIバスの最大転送速度を320MB/秒に向上させています。Ultra320 SCSI対応ハードディスクドライブは、低電圧ディファレンシャルSCSI(LVDS)を使用した既存のWide Ultra2 SCSIやWide Ultra3 SCSIと互換性があり、最適な転送速度を自動検出して動作します。
今回発表するUltra320 SCSIユニバーサルディスクドライブは、Ultra320 SCSI、Wide Ultra2 SCSI、Wide Ultra3 SCSI対応のユニバーサルドライブケージを装備したProLiantサーバ、ProLiantストレージ システム、AlphaServerおよびStorageWorksエンクロージャ(筐体)間でホットプラグの互換性があります。これらのプラットフォーム間でストレージの共通性があるため、維持管理費が削減され、ハードディスクドライブのスペアも最小限で済みます。
Ultra320 SCSI対応ハードディスクドライブの性能を発揮させるには、Ultra320 SCSI対応のアレイコントローラまたはSCSIアダプタに接続する必要があります。Ultra320 SCSI対応のアレイコントローラおよびSCSIアダプタは、2003年1月以降に発表する予定です。

<サーバおよびオプションに最大59%の価格改定を実施>

 

11月20日付けで、ProLiant DL580の既存モデルについて最大18%の価格改定を実施します。オプションの一部のメモリについては最大59%、ハードディスクドライブについて最大43%の価格改定を実施し、価格競争力をさらに強化します。

<アダプティブ インフラストラクチャについて>

 

今日、変化の激しいビジネス環境の中で企業のITシステムはより柔軟に、より迅速にニーズに対応し、かつ最大限のコスト効率を実現することが求められています。これらの実現のためには遠隔地を含む企業内のITシステム全体を、いつでもどこからでも監視し、コントロールできる「バーチャル・データセンター・アーキテクチャ」が必要になります。
「アダプティブ インフラストラクチャ」はこれを実現するためのビジョンであり、ネットワーク上の1台のPCから遠隔地を含むあらゆるサーバの立ち上げ、設定、監視を行うとともにシステムリソースをダイナミックに割り当て、インテリジェントな障害復旧を可能にします。
これによりシステム全体の信頼性、可用性、管理容易性(マネージャビリティ)、拡張性(スケーラビリティ)を最適化することが可能になり、ビジネスニーズに迅速かつ柔軟に対応することができるようになります。

「アダプティブ インフラストラクチャ」を実現するのがProLiant、Smartアレイコントローラや内蔵Lights-Outなどのハードウェア、Insightマネージャ7やSmartStart、リカバリ サーバ オプション パックなどのProLiant Essentialsソフトウェア(プロライアント エッセンシャルズ ソフトウェア)です。

<サービス・サポートプログラム>
ProLiantには3年間のハードウェア保証(1年目オンサイト、2〜3年目パーツ保証)が標準で添付されています。

■ 添付資料

     ProLiantサーバ新製品の主な仕様
     ProLiantサーバ製品およびサーバオプション製品 価格改定

■ ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

#     #     #

文中記載の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL:0120-352239
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡