Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2002年12月4日

高度に自動化された仮想IT環境を構築する「hp Utility Data Center」を発表

−マルチベンダ対応でTCOを大幅に削減可能なデータセンタ・ソリューションを業界に先駆けて提供開始 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、大規模コンピューティング環境における資産の最適な利用と運用コストの削減を可能にする革新的なデータセンタ・ソリューション「hp Utility Data Center (ユーティリティ・データ・センタ) リリース1.1」の提供を開始することを発表します。

hp Utility Data Center(hp UDC)は、HPが目指すリソースを意識しないで大規模コンピューティングが利用できる環境「Service Centric Computing(サービス・セントリック・コンピューティング)」を実現するためのアーキテクチャ「Adaptive Infrastructure (アダプティブ・インフラストラクチャ)」を構築するためのコア・ソリューションです。

従来のデータセンタは、用途の異なるサービス毎にシステムが構築されていたため、以下のような問題点が指摘されていました。

 
- 運用コストの高騰
  IT環境変更の際に、人手による環境の再構築を実施している
  データセンタ全体のワークロード・バランス機能が欠如しているため、IT資産の効率的な利用ができていない
- 柔軟性に欠ける複雑なアーキテクチャ
  サービス単位で構築されているシステム
  データセンタ使用者の要求に即応できない
- エラーが起き易い、信頼性に欠ける、新サービスの市場投入に時間がかかる
  構成変更要求ごとに人的エラーが発生する可能性がある
  新サービス、インフラストラクチャ導入に時間がかかる

HPはこれらの課題に対応すべく、新たなデータセンタ・ソリューションとしてhp UDCを開発しました。

<hp Utility Data Centerの特長>

 

1)複数のベンダに対応する柔軟なオープンシステム
hp UDCはモジュール式のアーキテクチャで、複数のハードウェア・ベンダのコンポーネントおよびhp-ux、Windows®、Linux® およびSolarisTMの各オペレーティング・システム(OS)、HPおよびEMC® 製のストレージ・コンポーネントをサポートします。

2)wire once (一回限りの接続)ソリューション
すべてのコンポーネントはプラグ・イン形式により一度接続するだけで、hp UDCの仮想域に登録されます。システム構築をする際に必要な機器は、これら仮想域から随時hp UDCが割り当て処理を行います。また、いずれも物理的な再接続を行なわずに、繰り返し再割り当てが可能です。

3)Webインターフェースを使用したシステム設計
hp UDCは、Webブラウザ・ベースのGUI(hp UC portal)により構成図を作成するだけでシステム構築することができます。ドラッグ&ドロップの作業で簡単にシステムの生成が可能です。各接続も同様に画面上で線を引くだけで設定できるほか、機器の追加・削除・変更もドラック&ドロップで簡単に行なえます。全てのシステムを構成する機器情報、およびシステム情報は、hp UDCが管理を行います。

4)高度な自動化による一貫したサービスレベル
可用性の高いミドルウェアの採用とリソースの仮想化による管理で、従来なら対応できなかった予測不可能な急なリソースの割り当て変更にも柔軟に対応。自己診断機能により障害からの迅速な復旧など、常に一貫した高いサービスレベルを提供します。

5)運用コストを大幅に削減可能
hp UDCはサービスを高度に自動化することで、一箇所で集中して管理できるため、機器資産管理の工数削減、運用担当者の工数削減、機器構成変更作業時での接続作業の省略による運用コストの大幅な削減等が可能です。また、データセンタ全体のロード・バランスをはかり、リソースの最適利用を最大化するため、データセンタの機器利用率を大幅に向上します。

<hp Utility Data Centerによるシステム運用>

 

hp UDCにより管理されているサーバ、ネットワーク、ストレージの機器は全て仮想化されています。システム管理者は、システムを構築するために必要な機材を仮想域(リソース・プール*1)より選択します。システム管理者がhp UC portal (GUI)を使用して作成した構成図を元に仮想域より自動的に選択された機器は、詳細設定、OSのインストール、カスタマイズ、VLAN接続、SAN接続が自動的に実施され、現在のシステム同様の構成として構築されます。システム管理者は必要に応じて機器の増設、機器の削減、機器設定の変更等のオペレーションを全てこの、hp UC portalからリモートで実施することができるようになります。

 

・運用におけるその他可能な対応

  - 負荷の低いシステムから、サーバ機器を負荷の高いシステムに移設
  - 負荷の低いシステムからのサーバ機器の取り外し
(外された機器は、システム停止後、電源Offまで自動的に実施される)
  - 障害が発生したサーバ機器の自動的な交換

<hp Utility Data Centerの構成>

 

hp UDCは、hp UDC内の機器管理・運用・監視機能を提供する「hpユーリティリティ・コントローラ・ソフトウェア」を中心に、ベースとなる「サービス・コア・ラック」とオプションの「リソース・プール・ラック」の二つのハードウェア体系、およびエンド・ツー・エンドのサポート・サービスを一貫して提供する「hpプロフェッショナル・サービス」によって構成されます。

 

1)hp ユーティリティ・コントローラ・ソフトウェア(hp UCソフトウェア)
hp UCソフトウェアは、hp UDC内の仮想割り当て・機器管理・運用・状態監視機能を提供します。また、Webブラウザ・ベースのGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)を採用したhp UC Portalで論理的なシステム設計や構成、リソースの再割り当て、変更、削除およびシステムの監視をひとつのリモート画面上から行なうことができます。

2)サービス・コア・ラック
hp UDCは、4つ以上のラックと1つのストレージ・アレイで構成されます。またそれぞれのシステムを管理するhp OpenViewの各マネージメント・ソフトウェア群が標準で搭載されています。ラックとストレージは以下のとおりです。

 
マネージメント・ラック
最大600台のサーバを管理し、ファーム*2の作成、削除および監視、ファーム別のリソースの使用状況管理、ストレージのバックアップの自動化、資産管理を行ないます。

基本構成: hp server rp2470×6台、hp ProLiant DL360×3台
hp StorageWorks Virtual Array 7100×1台

バックアップ・ラック
最大1.7TB/時間の速度を誇る最大16台のUrtrium(ウルトリウム)テーブ・ドライブへのバックアップを行ないます。

基本構成: hp server rp2470×2台、hp ProLiant DL360×2台
hp StorageWorks tape library 4/40

オペレーションセンタ・ラック
標準で実装された管理機能を実行するほか、問題管理のためのhp OpenView Service Desk(オープンビュー・サービス・デスク)、障害管理のためのhp OpenView Operations (オープンビュー・オペレーションズ)の各管理機能に対する標準インターフェースを提供します。

基本構成: hp server rp2470×5台、hp ProLiant DL360×2台

ファブリック・ラック
各ラックの相互接続を行ないます。hp procurve (プロカーブ)9308ルーティング・スイッチまたはCisco6509スイッチのいずれかを選択できます。また、セキュアなリソース構築のために、Cisco Secure PIX Firewallアプライアンスを使用することも可能です。

基本構成: hp procurve 9308ルーティング・スイッチ×2台

ストレージ
刷新的なクロスバー・アーキテクチャを採用した単一障害点のない、hp StorageWorks ディスク・アレイ xp128または xp1024より選択できます。

3)オプションのリソース・プール・ラック
出荷時にあらかじめリソース・プール用のサーバ、アプライアンスおよびネットワークキング・デバイスをリソース・プール・ラックに組み込むことができます。hp UDCはこれらのリソース・プールをもとに、お客様のニーズに合わせ、瞬時に拡張や構成の変更を行ないます。

4)hp プロフェッショナル・サービス
hp UDCには、導入前のアセスメント・コンサルティングから導入、カスタム・インテグレーション、教育およびサポート・サービスに至るまで、お客様に最適化された大規模コンピューティング環境を実現するためのエンド・ツー・エンドのサービス・ソリューションが含まれています。

<価格>

 

hp UDC ハードウェア構成価格 : ¥320,000,000円より
(上記マネージメント、バックアップ、オペレーション、ファブリック各ラックの基本構成での金額。別途hp プロフェッショナルサービスの費用がかかります)

<今後の展開について>

 

日本HPはお客様のコンピューティング環境を、制御可能で動的かつ費用対効果の高い、よりサービス・セントリックな方向へ効果的に移行するため、hp UDCを核に段階的に発展させていく計画です。第一弾として、2003年下期には、hp UDCにコンピュータ資源の使用量に応じた料金体系「Utility Pricing Suite(ユーティリティ・プライシング・スイート:hp instant Capacity On Demand(iCOD)、Temporally iCOD (TiCOD),Pay Per Use)」を統合し、更に柔軟な自動運用環境の強化をはかる計画です。

*1 リソース・プール : 仮想域の総称(サーバ、ネットワーク、ストレージの各エレメントは、サーバ・プール、ネットワーク・プール、ストレージ・プールとして仮想化されます。)
*2 ファーム : 各仮想域から選択された機器により構成されたシステム



■ パートナー様からの賛同コメント

株式会社アイアイジェー テクノロジー  常務取締役 技術統轄本部長 吉原 勉様
アイアイジェイ テクノロジーは、次世代データセンタサービス「リソース・オンデマンドDCサービス」を提供予定です。
「リソース・オンデマンドDCサービス」は、ネットワーク、ストレージ、CPUなどのシステムリソースを、"必要な時に、必要なだけ"ご提供できるサービスで、御客様は、よりスピーディで柔軟性がありコストパフォーマンスの高いシステム構築が可能になります。 hp Utility Data CenterのVisionは、「リソース・オンデマンドDCサービス」を実現する上で、重要な構成要素と考えており、今後 日本HPとの多面的なパートナシップを推進していきます。


#     #     #

その他文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

「カスタマー・インフォメーションセンター」  TEL 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡