Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

f
会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2002年12月24日
<参考資料>

800台のWebサーバにアクセスし、ログファイルを自動収集

日本HPがYahoo! JAPANから「hp AlphaServerTM GS160」を受注し、本番稼働

−1日50GBの大量データを短時間で解析し、広告掲載状況を分析 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は日本最大のアクセスを誇るウェッブサイトYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 雅博、以下 Yahoo! JAPAN)から、バナー広告掲載のログ解析サーバとして、64ビット超高性能UNIXサーバ「AlphaServer(アルファサーバ)」の最上位シリーズ「hp AlphaServer GS160」を受注し、このほど稼働しました。

AlphaServer GS160は、Yahoo! JAPANが提供するWebページにアクセスする閲覧状況のログファイルの収集、解析を行うものです。これまではYahoo! JAPANでは同業務を32ビットシステムで処理していましたが、アクセス数の増大に対応するため、大量データを短時間で処理できるAlphaServerにリプレースしたものです。

Yahoo! JAPANは現在、フロントエンドで約800台のWebサーバを使ってWebサービスを提供しており、閲覧者はこのサーバのいずれかにアクセスすることになります。その全体のアクセス数は1日最大4億200万ページビューに上り、そのログファイルのデータ量は圧縮しても1日当たり50GBに達します。
AlphaServer GS160はこの膨大なログファイルを各サーバから収集してその解析を行うもので、これによってバナー広告の掲載状況などを分析します。

<AlphaServer GS160導入の経緯>

 

Yahoo! JAPANは重要な収入源のひとつである広告収入を増大するため、バナー広告を掲載したログ分析し、その結果を広告主に翌日に報告しています。広告はYahoo! JAPANが提供している各Webページに静的に貼り付いているのではなく、掲載数を動的に変更されるため、その解析には多大な手間がかかっていました。
また、広告主の要求によっては特定の条件に合致したときに広告を掲示したり、また閲覧者の属性や、閲覧者が打ち込むキーワードによって広告を掲示するなど、広告掲載には一定の条件が加えられています。さらに、ある期間で達成しなければならないページビューの数が指定されることもあり、こうした場合は優先的にその広告を表示する必要があります。

Yahoo! JAPANはこうした複雑な広告に対する掲載の状況をこれまで32ビットシステムで解析していましたが、アクセス数の増大によって1日では解析不可能という状況に陥りつつありました。また、IAサーバでは800台に上るWebサーバから自動的にログファイルを報告させていましたが、これでは報告漏れの可能性があるため、解析サーバ側が各Webサーバに強制的にログファイルを収集する必要がありました。さらに、正確な解析を行うため、1日に2度解析を行うだけのサーバのパフォーマンスも求められていました。

<新システムの概要と新システムによる問題解決>

 

Yahoo! JAPANはこうした問題を解決するため、日本HPの64ビット超高性能UNIXサーバのAlphaServer GS160を導入しました。同システムは16CPU構成で、ディスク容量は4TB、オペレーティングシステムは日本HPのTru64 UNIXを採用しています。
AlphaServer GS160は、約800台のWebサーバのWebアクセスログ解析を行うセントラル・サーバとして、各サーバにアクセスし、確実にログファイルを収集します。また、AlphaServer GS160ではログファイルの解析時間を大幅に短縮し、翌日には広告掲載状況を広告主に報告できるとともに、膨大なログファイルを分析して広告掲載状況から新たな傾向を割り出すデータマイニングも可能になります。
また、AlphaServer は拡張性に優れており、今後のシステム拡大にも柔軟に対応できます。特にTru64 UNIXは最大16TBの単一ボリュームサイズ注1) まで実現可能であるため、今後のデータ量増大に対してもオンラインでディスクを追加するだけで対応可能です。

注1):   ボリュームサイズとは、ひとつのストレージ領域として使用可能な最大容量のことであり、複数のハードディスクを使って構成することも可能です。 システムに接続可能なストレージの最大容量ではありません。

■ AlphaServerファミリに関する製品情報は次のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/alpha/

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問い合わせ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡