Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2002年12月25日

日本HPがUNIXサーバ市場でトップシェアを獲得

ハイエンド、ミッドレンジ、エントリ各クラスの国内UNIXサーバ出荷金額でトップシェアを獲得
全世界のUNIXサーバ市場でもトップシェアを獲得

−高い処理能力、信頼性を実現したサーバ製品群で、サーバ統合、メインフレームの置き換えを実現 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社: 東京都品川区、社長:高柳 肇)は、ガートナーが実施している日本のサーバ市場調査の2002年第3四半期(7月から9月)において、以下の4つの分野すべてでトップシェアを獲得したことを発表します。

 
1) UNIXサーバ出荷金額 (*1)
2) ハイエンド(*2) UNIXサーバ出荷金額(*1)
3) ミッドレンジ(*3) UNIXサーバ出荷金額(*1)
4) エントリ(*4) UNIXサーバ出荷金額(*1)

サーバの性能はここ数年飛躍的に向上しており、数年前には複数のサーバに分けて処理が必要だったものが1台のサーバで処理できるようになってきました。加えてシステム自体の信頼性もより高くなってきています。その一方、企業では厳しい経済環境の中信頼性を保ちながらコンピュータシステムのTCO削減を求めています。こうした状況で、各企業では数年前に導入したサーバを統合し、管理性を向上させることでサービスレベルを維持しながらTCO削減を行う動きが加速しています。また、従来メインフレームを使用していた企業が、市場の動きに合わせて迅速にサービス提供が可能なオープンシステムへ移行していく事例も増えています。

日本HPではUNIXサーバのフラッグシップモデル「hp superdome」をはじめ一台あたりの処理性能および信頼性の高い高付加価値サーバを提供してきました。こうした製品への高いニーズと市場からの高い評価により、サーバ統合やメインフレームのオープンシステムへの移行案件を中心に日本HPのサーバが多く採用されたことがトップシェア獲得につながったと考えています。

また、全世界のUNIXサーバ市場でもHPはトップシェアを獲得しています。これは、IDCが実施しているサーバ市場調査の結果で、2002年第3四半期(7月から9月)において以下の3つのカテゴリでトップシェアを獲得しています。

 
1) UNIXサーバ工場出荷金額(*5)
2) ハイエンド(*6) UNIXサーバ工場出荷金額(*5)
3) ミッドレンジ(*7) UNIXサーバ工場出荷金額(*5)

日本HP/HPは、高い処理能力、信頼性を実現したUNIXサーバを提供することで、お客様のTCOを削減し、最適なコンピューティング環境を提供していきます。

(*1)
出典: Gartner Dataquest (Servers and Workstations Quarterly Statistics Japan - Database:3Q 2002, Tadaaki Mataga, 12 November 2002(GJ02558)
(*2)  出荷金額1億円以上
(*3)  出荷金額1500万円以上1億円未満
(*4)  出荷金額1500万円未満
(*5)
出典: IDC Worldwide Server Tracker Nov/2002
(*6)  工場出荷金額 100万ドル以上
(*7)  工場出荷金額10万ドル以上、100万ドル未満

#     #     #

文中の社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問い合わせ先もこちらでお願いします。)

「カスタマー・インフォメーションセンター」  TEL: 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡