Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年1月6日
<参考資料>

「hp NonStop Server」で24時間365日の無停止インフラを実現

KDDIの携帯電話「@メールサービス」の第三世代プラットフォームを構築

−動画配信、GPS配信でも無停止サービスを提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、KDDI株式会社(本社:東京都新宿区、社長:小野寺 正)から、同社の携帯電話サービス「au」のメールシステム「@メールサービス」の第三世代プラットフォームとして、無停止型超並列サーバ「hp NonStop Server」を受注し、このほど本番稼働したことを発表します。日本HPは今回のシステム納入に関し、ハードウェアおよびソフトウェアの調達・提供からシステム構築作業まで一括して行いました。

KDDIが導入したのはhp NonStop Server S74000による60CPU(120CPU)構成の国内最大級システムで、これに合わせて日本HPの提供するメールサーバ・ソフトウェア「NSIM(米国ではOMNI Messaging)」(開発元は米オプソル・インテグレーターズ)も新規採用しました。
携帯電話によるメールシステムは、場所や時間を問わずに、いつでもどこでも使えるというリアルタイム性と可用性が求められ、同時にインフラを支えるシステムにおいても高機能が求められています。こうしたニーズに的確に対応するため、KDDIは現行のシステムに代えて、無停止型超並列サーバとして実績のあるhp NonStop Serverを選定しました。
同システムは現行のシステムに代わって、新規加入者のメールシステムとして活用されます。KDDIは同システムを第一期システムとして、加入者の増大に合わせて順次 hp NonStop SeverのCPUを追加していく計画です。

<今回稼動したKDDI「@メールサービス」第三世代プラットフォームの特長>

 
1) 24時間365日連続稼動を実現するインフラ
hp NonStop Serverは99.9999%という業界最高水準の高可用性を実現し、24時間365日無停止で連続稼動を実現します。
2) 動画、GPSなど高速大容量のデータ送受信を無停止で支えるシステム
KDDIは「Designing The Future」を企業スローガンに掲げ、「Mobile&IP」を事業戦略の柱に据えお客様のさらなる信頼と満足に応える価値創造企業を目指しています。
国内における第三世代携帯電話シェアNo.1*1 であるKDDIは第三世代携帯電話*2 の中核となるサービスとして「@メールサービス」を位置付けています。主なアプリケーションとしては以下の4つがあります。

 
1.IDEOなど動画配信-----動画を撮って送れる「ムービーメール」
2.静止画配信-----他社携帯にもダイレクトで送れる「フォトメール」
3.GPS-----今いる場所の地図を簡単に送れる「GPSメール」
4.テキストベース-----絵文字メールなど

いづれも高速大容量のデータを確実に送受信することがシステムの必須要件となっています。hp NonStop Serverはメールボックスの拡張、トラフィックの増大など新規サービスに対しシステムを止めることなく単純にCPUなどの機器を追加するだけで柔軟に対応します。

3) 加入者の増大に柔軟に対応するシステム
国内の携帯電話加入者はすでに7,000万人に達し、その市場は急速に拡大しています。hp NonStop Serverによる新メールシステムは、止まらないだけではなくシステムを停めることなく加入者や処理量の増大にも柔軟に対応できます。hp NonStop ServerはCPUやディスク、メモリ等のハードウェアの2重化のみならず、ソフトウェア、RDBMS、アプリケーションプロセスまでも多重化させするなど無停止型アーキテクチャを備えており、これらの機能は、標準機能として工場出荷時から提供されます。

<hp NonStop Server選定の理由>

 
1) 高可用性----24時間365日の連続運用が必須であった
hp NonStop Serverは99.9999%という業界最高水準の高可用性を実現します。世界の大手135社のNSP(ネットワークサービスプロバイダ)がhp NonStop Serverを採用しています。一瞬のダウンも許されない携帯電話、通信業界においてhp NonStop Serverは99.9999%の高可用性を提供します。
2) 柔軟な拡張性-----加入者の増大にも柔軟に対応する必要があった
hp NonStop Server は4,080CPUまでの拡張が可能です。また超並列アーキテクチャによるシングル・システム・イメージにより、CPU、メモリ、ディスク、コントローラを自在に追加するだけでシステムを柔軟に拡張することができます。また、これらをオンライン中にメンテナンス、追加及び増設が可能で運用性、保守性にも優れています。
3) TCOを大幅に削減する必要があった
KDDIが採用していた従来のメールシステムでは、システムの冗長化を図るため、データベース、運用監視コストが大きな比重を占めていました。hp NonStop Serverでは超並列アーキテクチャによってすべてをシングル・システム・イメージで運用できるため、導入後の運用人員まで含めたTCO(Total Cost of Ownership)の削減が可能となりました。
4) 動画送信など、新たなサービスにも対応する必要があった
KDDIは高速大容量のムービーメールサービスを昨年9月より開始していますが、そこではメールトラフィックが格段に増大する事が予想されます。 そのため、トラフィックの変動に対して、柔軟にメールボックスのサイズ設計が必要となります。hp NonStop Serverはメールボックスの拡張など新規サービスに柔軟に対応します。


*1: TCA(社団法人電気通信事業者協会)2002年度調べ
*2: 第三世代携帯電話とは、高速データ通信が可能なcdma2000やW-CDMA等の国際標準化された技術に基づいて開発された携帯電話のことを指します。

#     #     #

会社名、製品名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡