Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年1月16日

タイムラグを埋め、迅速なシステム導入を可能に

HPFS支払い猶予プログラムを発表

− hp ProLiant 0%金利適用プログラムとの併用も可能 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、日本HPの全製品と付随する他社製品を対象とするリース契約において、納品後最大6ヶ月までリース・レンタル料金の支払い開始を繰り延べることができる「HPFS支払い猶予プログラム」を発表します。このプログラムはお客様と日本HPとの間で契約を締結するもので、2003年3月末日までに納品、検収を完了できる案件に適用します。

<最新のテクノロジーをタイムリーに導入するためのプログラム>

 

経済の低迷が長期化している現在、ITに対する投資の先送りや予算の削減が行われています。にもかかわらず、企業はコアコンピテンシー(中核となる競争力)の強化、一層の経営合理化と経営効率向上のために最新のテクノロジーに基づく新たなITシステムの構築を求められています。
HPFS支払い猶予プログラムはこうしたニーズに応えるもので一刻も早い稼働を求められているシステムについて製品の納品は直ちに行い、リース・レンタル料金の支払い開始は最大6ヶ月後まで繰り延べることが可能です。お客様は現在のシステムニーズに最新のテクノロジーをタイムリーに導入することが可能になります。
日本においては多くの企業が4月より新会計年度を迎えるのを受けて、予算認可が新会計年度からとなるプロジェクトの実施を前倒しして3月中に稼働が可能になるよう、サービスの実施期間を2003年3月末までと設定しました。

<hp ProLiant 0%金利適用プログラムとの併用も可能>

 

HPFS支払い猶予プログラムは、2002年12月より2003年3月末まで実施しているhp ProLiant 0%金利適用プログラムとの併用も可能です。
このプログラムはHPの業界標準高性能IAサーバである「hp ProLiant(プロライアント)」およびそのオプションを対象に2〜3年のリース・レンタル期間の金利をほぼ0%とするものです。お客様は金利計算に煩わされることなく、割安な価格で複数年のリース予算を立てることができるようになります。

また現在リース中のシステムのアップグレードにもhp ProLiant 0%金利適用プログラムに準じて適用できます。リース期間が残りおおよそ1年未満であれば、中途解約金を含めてもさらに安価な月額リース・レンタル料を設定して、最新の製品に乗り換えることが可能になります。これによりお客様はアップグレードの時期を前倒しして新システムを導入することが可能になります。

いずれのプログラムもお客様と日本HP ファイナンシャルサービス統括本部との間の契約となるため、個別見積り案件となります。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

日本HP ファイナンシャルサービス統括本部  TEL : 03-3512-4480
ホームページ :   http://h50146.www5.hp.com/biz/solutions/financial/index.html

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡