Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年1月23日

ストレージを柔軟に統合するENSAextendedを推進

hp OpenViewソフトウェア群、StorageWorksディスクアレイ関連製品群を強化

−新製品のバーチャルアレイ、管理ソフトウェアを含めラインアップを拡充 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、あらゆるクラスのストレージを柔軟に統合するENSAextended(Enterprise Network Storage Architecture extended 注1 )を推進するhp OpenView管理ソフトウェア、hp StorageWorksディスクアレイ製品の新製品および既存製品の機能強化を発表します。これらの新製品は容易にSAN(Storage Area Network)を構築するためのエントリー製品、必要となるSANのサービスや割り当て容量を自動的に規定する製品、またSANの可用性をさらに高める製品など、SANの計画、構築から運用/管理、拡張まであらゆるライフサイクルをカバーするものです。

  注1 : ENSAextendedについてはこちらをご参照ください。
     http://h50146.www5.hp.com/info/pr/fy2003/fy03-007.htm

製品名 希望小売価格 出荷開始
hp OpenView storage provisioner 個別見積 2月下旬
hp StorageWorks Virtual Array 7110 個別見積 2月中旬
hp StorageWorks MSA HUB2/3ポート 132,000円 2月下旬
hp StorageWorks Enterprise Virtual Array用
   72GB 15krpm 2Gb/sec FC-ALディスクドライブ
1,200,000円 2月上旬
Windows Datacenter 2000用
   EVAオペレーティング システム キット v2.0
25,000円 2月上旬
hp StorageWorks Windows Workgroup Edition用
   セキュアパスV4.0
350,000円〜 2月中旬
hp StorageWorksアレイコントローラソフトウェアV8.7-1 240,000円〜 2月下旬

<急成長するストレージニーズに応えるENSAextended>

 

近年、24時間365日間停止しないeビジネスが普及するにつれ、ストレージの分野でも大規模なシステムが求められるようになりました。ある統計によれば2004年までストレージ容量に対するニーズは毎年18〜30%で増加し、IT予算の75%がストレージ関連に投資されるとの見方もあります。
こうした大規模なストレージ システムを一つのネットワークとして構築および管理するのがSANですが、これは同時に膨大なコストと長い期間をかけて構築し、かつ管理運用が複雑なものとされてきました。
これに対するHPの基本戦略がENSAextendedです。ENSAextendedは小規模なNAS(Network Attached Storage)の構築から大規模なSANまで柔軟な拡張性と管理容易性、高い可用性をもつストレージネットワークを構築するものです。
今回発表する新製品と機能強化はこのENSAextendedに基づき、さらに広汎なニーズをカバーするためのものです。

<ストレージを迅速に規定するstorage provisioner>

 

hp OpenView storage provisionerは、ユーザ(またはサーバ)から容量追加の要求があった場合に直ちにSAN上で利用可能なストレージリソースを探し、適切な容量を迅速に提供するなど、SAN全体のストレージ容量を適切に割り当てるためのツールです。
これらの作業は従来、管理者がレポートやログなどを参考に手動で割り当てられる資源を探し、ユーザ(またはサーバ)に割り当てるために再コンフィグレーションしなければならず、大変複雑で間違いの起きやすい作業でした。
storage provisionerは必要なサービスレベルを設定するだけでこれらの作業を自動化するため、大規模なSANのストレージ管理コストを大幅に削減できます。また従来のように容量追加のために必要以上のストレージ機器を購入してしまうような無駄も発生しません。
storage provisionerはHP-UX、Tru64 UNIX、OpenVMS、Windows 2000、Windows NT、IBM AIX、Sun Solarisをサポートしています。

<高可用、低価格の仮想ディスクアレイVA7110>

 

hp StorageWorks Virtual Array7110(以下、VA7110)は業界最高レベルの可用性を提供するエントリークラスの仮想ディスクアレイです。全容量を複数のストレージブロックから構成される一つのストレージプールとして扱います。VA7110は高さ3U(約13.5センチ)のラックに最大15台のディスクドライブ、最大で合計3段45台、約6.6TBの容量を収納でき、2Gb/秒のファイバチャネルに対応し160MB/秒の転送速度を実現しています。
ディスクドライブ、パワーサプライ、ファンは全てホットスワップ対応のため、障害発生の際にもシステムを停止させることなく交換でき、ECCキャッシュのミラーリングやRAID(1+0または5DP 注2 )構成により極めて高い可用性を備えています。
VA7110はHP-UX、Windows 2000、Windows NT、Linuxをサポートしています。

注2 : RAID5でのパリティ情報を二重化する技術。ディスクスペースの節約はもちろん、ディスク2基に同時に障害が生じてもデータを保護する高い信頼性と可用性を提供します。

<エントリークラスのSANを容易に構築するMSA HUB2/3ポート>

 

hp Modular SAN Array1000(以下、MSA1000)はエントリークラスのファイバチャネル ストレージアレイで、2Gb/秒のファイバチャネルに対応しています。高さ4U(約18センチ)のラックスペースに14台のディスクドライブを収納し、最大3キャビネット、42台まで拡張できます。
hp StorageWorks MSA HUB2/3ポートはMSA1000のキャビネット内に内蔵できるコンパクトで低価格なハブで、内部ドライブの接続用に1ポート、外部接続用に2Gb/秒のファイバチャネル ポートを2つ備えています。MSA1000標準の1ポート モジュールに置き換えることで高価な外付けのハブやスイッチを購入することなく、容易に2ノードのクラスタ構成が可能です。さらに冗長コントローラとともにもう1台のMSA HUB2/3ポートを追加すれば、デュアルパス構成も可能です。

 
MSA1000が146GBディスクドライブに対応
MSA1000は146GBディスクドライブを42台利用することで、約6TBという大容量ストレージを構築することができます。
新しいコントローラ ファームウェアで機能強化
MSA1000のコントローラ ファームウェアが機能強化を受け、これまで対応していたWindows 2000、Windows NTに加えてLinuxおよびNetWareもサポートするようになりました。またマルチクラスタリング機能の追加により、複数セットのクラスタがMSA1000を共有できるようになります。

<StorageWorks EVAが機能と接続性を強化>

 

hp StorageWorks Enterprise Virtual Array(以下、EVA)はエンタープライズ クラスからデータセンタ クラスの大規模SANに適したハイパフォーマンス、高可用性のディスクアレイで、最大17.5TBのストレージ容量を実現します。今回、以下の機能と接続性が強化されました。

 
高速大容量の72GB 15000rpmディスクドライブを追加
高速かつ大容量のデータ需要に対応するため2Gb/秒ファイバチャネル対応の72GB 15000rpmディスクドライブの搭載を可能にしました。EVAの仮想化コントローラにより、データの配置は常に最適化され最高性能を発揮することができます。
Windows 2000 Datacenter Server をサポート
新たにWindows 2000 Datacenter Serverをサポートします。EVAは大量のトランザクションを処理できる高いI/O能力、シームレスな容量拡張、インスタント データコピー、ストレージ管理の簡素化などを実現し、データセンタ環境に最適なストレージを提供します。
HP-UX高可用性オペレーティング環境の接続性を強化
高可用性クラスタとして実績のあるミドルウェアmc/serviceguardを新たにサポートし、ミッションクリティカル環境で要求される継続運用を、信頼性の高いプラットフォームで支援します。

<データの可用性を保証する セキュアパス>

 

hp StorageWorks Windows Workgroup Edition用セキュアパスはホストに常駐してホストからストレージ サブシステムへのアクセスを監視し、No Single Point of Failure(単一の障害がシステム全体の障害とならないこと)を保証するマルチパス高可用性ソフトウェアです。

 

今回のバージョンアップにより、以下のような機能が追加されました。

パーティションに分割されたLUNのサポートによるストレージ統合
大規模なRAIDを構築してこれを小さなパーティションに分割し、各パーティションを別々のホストに割り当てることができます。
Webブラウザベースのインターフェースによる容易な管理
hp OpenViewストレージ マネジメント アプライアンスを利用することで、ホスト側からとストレージ側からの両方からパスを管理できるようになります。
Windows 2000のダイナミック ディスクのサポート
ディスクが自動的に拡張されるときでも、これらのディスクに高い可用性を提供します。

<ディスクアレイを構成するアレイコントローラソフトウェア>

  hp StorageWorksアレイコントローラソフトウェアV8.7-1はhp StorageWorks Modular Array 8000、Enterprise Modular Array 12000、Enterprise Modular Array 16000、Modular Array 6000、RAID Array 8000、Enterprise Storage Array 12000などのストレージ サブシステムに組み込まれるアレイコントローラHSG80、HSG60のコントロールを行うソフトウェアです。

詳細はHPのWebサイト http://h18000.www1.hp.com/products/storageworks/acs/   
を参照してください            

■ 添付資料
     新製品の主な仕様一覧 (PDF:17kb)*

■ ストレージに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/storage/

■ プレスルーム
     (画像データなどは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : TEL:03-6416-6660
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡