Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

f

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年1月23日

メインフレームをオープンシステムへ「Mainframe Elimination プログラム」を発表

メインフレーム上で稼動するミッションクリティカルシステムを専任チームの技術支援により、
オープンシステムへ移行

専用技術検証センターでパートナー各社と共同検証を実施、日本企業のビジネスアジリティ、RoITの向上を実現

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社: 東京都品川区、社長:高柳 肇)は、現在メインフレーム上で稼動しているミッションクリティカルな業務システムをオープンシステムへ置き換えるためのプログラム「Mainframe Elimination プログラム(メインフレーム・エリミネーション・プログラム)」を発表します。専任チームを組織し、移行に必要となる各種の技術検証を実施するための専用検証センターを2003年2月に日本HP市ヶ谷事業所に開設します。同センターでは、日本オラクル株式会社、日本BEAシステムズ株式会社、マイクロフォーカス株式会社を始めとするパートナー企業と協調して、ポストメインフレーム時代のオープンインフラを支えるコアテクノロジーの共同技術検証作業を行っていきます。

日本HPは従来他社に先駆けて、メインフレームに代わる、オープンシステムによるITインフラの提供を推進してきました。またハードウェアのみならず、システムを構成するRDBMS、アプリケーションサーバなどの主要なミドルウェアの提供においても、日本オラクル、日本BEAシステムズと強固なアライアンスを締結し、市場で最も評価の高いソリューションを組み合わせて提供してまいりました。また今回はマイクロフォーカスとも提携し、これまでの取り組みをより一層強化し、今までメインフレームで稼動していた基幹業務をオープンシステムに置き換え、「メインフレーム大国」日本のIT市場において、オープン化の流れをさらに加速させます。Mainframe Eliminationプログラムの詳細は、以下の通りです。

<Mainframe Elimination プログラムの詳細>

 

専任検討チームの組織
検討チームは日本HPのコンサルタント、エンジニア、関連マーケティングから構成されています。この専任チームにより、以下の無償サービスを提供していきます。

 
1. 簡易TCO/ROI分析
現在のメインフレーム環境とオープンシステムへ移行した場合のTCO/ROIの簡易比較分析を行い、移行による概算投資効果を明確にします。
2. パフォーマンスベンチマークテスト
業務アプリケーション、トランザクションパターンのパフォーマンスベンチマークテストを行います。
3. 移植率評価サービス
COBOLその他で記述されたメインフレーム上のアプリケーションをオープンシステムへ移植した場合の移植率をテスト測定し、投資効果の高い移行方法の検討をサポートします。(COBOL以外の言語は次期段階より提供予定)
4. テクニカルホワイトペーパー作成
主に検証センターで実施した技術検証結果をもとに、オープンシステムへ移行する際に必要となるサイジングガイドや構成情報などの技術情報を提供します。

MFEコンピテンスセンター(技術検証センター)の開設
メインフレームからの移行を実現するITインフラの技術検証、業務アプリケーション資産の移植評価を目的として、日本HP市ヶ谷事業所内に専用の検証環境を構築し、日本オラクル、日本BEAシステムズ、マイクロフォーカスを始めとするISV各社、OEM、SIなどのパートナー各社と共同でシステム信頼性向上のための技術検証を進めていきます。
MFEコンピテンスセンターはハイエンドのUNIXサーバを中心とした次のような機器の設置を予定しており、2月に開設します。

  検証センター環境
hp superdome 64CPU x 2セット
hp rp8400 16CPU x 2セット
hp rp5470 4CPU x 2セット
hp rp2470 2CPU x 4セット
hp StorageWorks ディスクアレイxp128×1セット
hp ProLiant×2セット

日本HPは、Mainframe Elimination Programにより、パートナー各社と協力し、顧客の基幹業務を柔軟性の高いITインフラへと速やかに移行させ、変化の激しいビジネス環境により迅速に対応できる体制=ビジネスアジリティを実現し、IT投資によるビジネス価値=Return on IT(RoIT)を高めます。これにより日本企業の競争力強化をサポートしていきます。



パートナー各社からの賛同コメント(五十音順)



日本オラクル株式会社 取締役 専務執行役員
マーケティング・パートナー営業統括本部長 山元 賢治様

日本オラクルは、日本ヒューレット・パッカード様による、Mainframe Elimination Programの発表およびMFEコンピテンスセンターの開設を歓迎いたします。ポストメインフレームの新しい時代を担うソリューションとして、日本のお客様のROIを飛躍的に向上させることを目的とした今回のプログラムは、まさに時代の要求に応える、革新的な内容であると確信しています。
当社は長年に渡り、日本HP様と共に、オープン環境におけるミッションクリティカルなシステムの構築を推進してまいりました。これまでの取り組みで得た経験・知識・技術を活かして、今後とも日本HP様の協力のもとに、高い信頼性・拡張性を備えたシステムを提供していきます。日本オラクルの「Oracle9i Real Application Clusters」と日本HP様の「hp Servers」との組み合わせが実現するミッションクリティカルなシステムを、MFEコンピテンスセンターで充分に検証した上で、順次お客様にお届けできることを楽しみにしています。

日本BEAシステムズ株式会社 代表取締役社長 ロバート・スチーブンソン様
日本BEAシステムズは、日本ヒューレット・パッカード様が開始されるMainframe Elimination プログラムを歓迎すると共に、同プログラムに積極的に貢献していく所存です。
OLTP分野における長年に渡るミッションクリティカルの実績と、多様なアプリケーションインフラストラクチャ製品群を提供する弊社は、基幹系システムでの利用に耐えうる製品の開発を進め、今日、多くのユーザ様にご採用いただくに至っております。今回の日本HP様のプログラムは、弊社の実績と日本HP様の強靭なハードウェア・プラットフォームが基盤となることで、多くの企業のIT戦略強化につながると確信しています。
また、同プログラムによって提供される各種サービスがメインフレームによる基幹システムの重厚長大さを明らかにし、既に国内では実証されているように、BEA製品によるオープンシステム技術によって、十分に置き換えが可能であることが、さらに認知されることでしょう。日本HP様のたゆまぬ努力が、企業に飛躍的なビジネス価値と投資効率をもたらすと確信しています。

マイクロフォーカス株式会社 代表取締役 田島 裕史様
マイクロフォーカスは、ヒューレット・パッカード様との長年にわたるパートナーシップの中で、ユーザーの貴重なメインフレーム上のCOBOLアプリケーション資産をHPのハイエンドサーバに移行するためのMicro Focus COBOL / Server Express製品をご提供し、共にミッションクリティカルシステムのオープン化を推進して参りました。
今回のMainframe Elimination プログラムの発表とMFEコンピテンスセンターの開設を心より歓迎するとともに、今後も多くのユーザーの効率的なオープン環境への移行と最新システム構築を支援すべく、マイクロフォーカスは日本HP様との協力体制を更に強化してまいります。


#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問合せ先もこちらでお願いします。)

「カスタマー・インフォメーションセンター」  TEL 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡