Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年1月29日

日本HP、通信事業者向けネットワーク管理ソリューションを拡張

hp OpenView network node manager と hp OpenView TeMIPとの相互運用を開始

日本ヒューレットパッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、IPネットワーク管理で業界標準となっている「hp OpenView network node manager(オープン・ビュー・ネットワーク・ノード・マネージャ、以下:OV NNM)と連携し相互運用を可能にする連携モジュールを搭載した、旧コンパックコンピュータの通信管理システム hp OpenView Telecommunications Management Information Platform (オープン・ビュー・ティーミップ、以下:OV TeMIP) を2003年2月3日より販売・出荷を開始するとともに、今後の開発計画を発表します。

通信業界においては、伝送路や無線網を始めとした通信基盤の運用管理に加え、IP層が提供するデータ通信層の管理が、高品質でよりお求め安い価格でのサービス提供の鍵となっています。しかしながら、従来から提供している通信網の管理基盤と、急激に広まったIP層の管理基盤は、その監視ポリシーにおいて、大きなギャップがあり、同時に、これらを実装しているソフトウェアもそれぞれの領域において、独自に開発/提供がなされてきました。日本HPにおいても例外ではなく、OV NNMとOV TeMIPの2つの製品ラインで、それぞれ別々のニーズに対応、提供してきました。一方、通信業界は、この数年、インターネットを中心に大きな変革を続けています。特に、伝送路/無線網上のIPサービスは、急激に市場を拡大しており、通信事業者は、これらの統合的な監視ソリューションを求めています。そこで、日本HPは、これらの2つの監視領域とさらに統合的な通信サービスを監視可能にするソフトウェアを開発し、提供を開始します。

今回、日本HPが発表したものは、「OV TeMIPとOV NNMのインテグレーション計画」の第1段となるものです。この計画は、今後通信事業者の顧客指向が進むと、より重視されるマルチレイヤ/マルチテクノロジーを横断的に利用する「エンド・ツー・エンドの高品質サービス」を監視することを目的にしたものです。

<連係モジュールによる、相互運用>

 

第1段の連携モジュールでは、IPネットワーク管理の業界標準であるOV NNMが送信するIPネットワークにおける障害メッセージ等を、業界標準団体であるTeleManagement Forumの仕様に準拠したグラフィカル・ユーザインターフェイスを持つOV TeMIP上で表示、OV TeMIPが統合ネットワークの障害管理の統合監視サーバとして機能します。これにより、利用者はOV TeMIPが管理する伝送路/無線網と、OV NNMが管理するIPネットワークの双方を一元管理できる、統合オペレーションサポートシステムの実現が可能となりました。さらに、内部的には、OV NNMが持つIPトポロジ管理機能を、OV TeMIPフレームワークに転送することにより、OV TeMIPのオブジェクト指向での、分散化、対障害対策機能、CORBAによる他の管理機能との連携等が可能となります。

<今後のデータ連係モジュール開発プラン>

 

2003年中にOV TeMIP のマルチプラットフォーム化を推進し、同一サーバ上でのOV TeMIP と OV NNMの動作しうるデータ連係モジュールを提供します。これにより、OV NNMからのメッセージを、現在OV TeMIPが持つ国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T)の勧告に準拠したITU-T X733フォーマットへのマッピングの最適化により、イベントの自動クリア等の豊富な標準機能がサポートされます。
2004年には、完全なITU-T X733へのマッピングを実現するモジュールの提供を予定しています。

今回の発表により、日本HPは、豊富なIPネットワーク管理のノウハウ、テクノロジーに加え、通信事業者特有の高度で高品質なサービス概念をサポートする統合ネットワーク管理ソリューションを提供します。

<今回の連携モジュールで対応するOV NNMのバージョン>

 

OV NNM:バージョン 6.31 および OV NNM Extended Topology バージョン 1.5 以降

<価格>

製品名 価格
OV TeMIP V5.0 フルサーバ 5,304,000円
OV TeMIP TNDL 6,188,000円
OV TeMIP GAT ランタイムライセンス 1、768,000円

また、既存のOV TeMIPユーザがOV NNMバージョン6.31と連携をするためには下記のアップグレードライセンスの購入が必要です。

製品名 アップグレード
ライセンス費用
OV TeMIP V5.0 フルサーバ 2,120,000円
OV TeMIP TNDL 2,500,000円
OV TeMIP GAT ランタイムライセンス 無償

*上記費用に別途作業費用が必要です。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
hp OpenViewのホームページ :   http://www.hp.com/jp/openview/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡