Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年1月30日

IAクラスタ・システムの販売、サポートを強化

最新のインテル® Itanium®2 プロセッサ及びXeonプロセッサ2.80GHz搭載サーバによる
IAクラスタ・システムの提供開始

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社: 東京都品川区、社長:高柳 肇)は、HPTC(ハイパフォーマンス・テクニカル・コンピューティング)市場に向けて、IAクラスタ・システムの販売を強化していくことを発表します。日本HPは、HPTC市場において64ビットコンピューティング環境をリードするハイエンド・サーバ「hp AlphaServer(アルファサーバ)」で豊富な実績を持ちますが、多様化するお客様のニーズに応えるため、IAクラスタ・システムも提供してきました。今回コストパフォーマンスに優れたインテル® Itanium®2 プロセッサ及び最新の Xeonプロセッサ 2.80GHz を使用した大規模構成まで対応可能なIAクラスタを提供することでHPTC市場のIAクラスタ・システムの販売をより一層強化していきます。 これらのプロセッサを搭載したサーバのIAクラスタ・システムは、2月28日より提供を開始します。

日本HPが販売を開始するIAクラスタ・システムは、インテル Itanium2 900MHz / 1GHz プロセッサを1個または2個搭載できるサーバ新製品「hp server rx2600(サーバ・アールエックス2600)」および Xeonプロセッサ 2.80GHz を搭載したIAサーバ「ProLiant(プロライアント)DL360 Generation 3(以下、DL360 G3)」、「ProLiant DL380 Generation 3(以下、DL380 G3)」をベースにしたシステムです。いずれも、コストパフォーマンスに優れた構成となっています。

日本HPのIAクラスタ・システムでは、スーパーコンピューティング分野での豊富な経験・ノウハウに基づき、RedHat Linux をベースにHPTCに必須なオープンソースソフトを検証・パッケージングし、Linuxクラスタにおいてスーパーコンピューティング環境を実現します。各ノード間の接続はギガビットEthernetを中心に高速通信を実現するMyrinet まで対応が可能です。ソフトウェアはRedHat LinuxおよびHPのクラスタ管理ユーティリティ「CMU」、またIAクラスタ用並列プログラミング環境である「SCoreクラスタシステムソフトウェア*1」にも対応します。CMUは、Alpha及びIA両方をサポートし、実績の有るクラスタ管理ツールです。またインテル純正のLinux版コンパイラ「Intel Compiler for Linux」なども提供します。

<今回発表のIAクラスタ・システムの構成>

 

モデル名:hp server rx2600

演算ノードの主な仕様 参考価格
インテル Itanium2 1GHz(2CPU構成)、メモリ 1GB、
ハードディスク 36GB、(RedHat Advanced Server、
SCore-D、MPICH-SCore、PBS-SCore、CMU)
80,290,300円
(16ノードの場合、組立、インストール費込)
*ノード数は、自由に選択できます。

モデル名:ProLiant DL360 Generation 3

演算ノードの主な仕様 参考価格
Xeonプロセッサ 2.80GHz(2CPU構成)、メモリ 1GB、
ハードディスク 36GB、(RedHat Linux、SCore-D、
MPICH-SCore、PBS-SCore、CMU)
15,368,000円
(16ノードの場合、組立、インストール費込)
*ノード数は、自由に選択できます。

モデル名:ProLiant DL380 Generation 3

演算ノードの主な仕様 参考価格
Xeonプロセッサ 2.80GHz(2CPU構成)、メモリ 1GB、
ハードディスク 36GB、(RedHat Linux、SCore-D、
MPICH-SCore、PBS-SCore、CMU)
18,678,000円
(16ノードの場合、組立、インストール費込)
*ノード数は、自由に選択できます。

旧コンパックコンピュータは、2001年にIAクラスタ・システム事業に参入を表明し、専任サポートチームを組織し、HPTC 市場向けのIAクラスタ・システムのデモセンターを開設しました。日本HPは、これらで蓄積されたIAクラスタ・システムのサービスおよびサポートのノウハウ及び AlphaServer やスーパーコンピューティング分野で培った技術やノウハウと、今回発表の インテル Itanium2 を含む最新のプロセッサを搭載したコストパフォーマンスに優れた製品を組み合わせ、HPTC市場において同システムの販売を強化していきます。

*1) SCore クラスタシステムソフトウェア:旧通産省(現経済産業省)のRWC(リアル・ワールド・コンピューティング)プロジェクトを実施した新情報処理開発機構(本部:東京都千代田区)が開発したPCクラスタおよびワークステーション用高性能並列プログラミング環境。OS、ミドルウェア、コンパイラなどを統合するとともに、ネットワーク・カード・ドライバの実装やインストールの簡略化など、多くの機能を備えている。今年度でRWCプロジェクトは終了し、今後はPCクラスタコンソーシアムが開発を継続する。日本HPはPCクラスタコンソーシアムの正会員及び理事としてコンソーシアムの活動に貢献している。


■ パートナー様からの賛同コメント

アクセルリス株式会社 代表取締役社長
兼 Vice President of Asia-Pacific Opereation, Accelrys Inc.   角田 礼昭様


HP様とアクセルリス社は、ワールドワイドでマテリアルサイエンス分野で提携しており、日本でも強いパートナーシップのもと、HPの高性能サーバーとアクセルリス社MaterialsStudioによるマテリアルサイエンスソリューションを提供しております。
この度の、日本HP様のIAサーバ事業におけるIA32クラスタ、IA64クラスタソリューション提供を歓迎するとともに、今後の発展に大きな期待を寄せております。
アクセルリス社としましても、今まで蓄積した両社のノウハウを活かし、共同でのマーケティング活動や技術検証を通じ、より優れたソリューションを提供して参ります。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問合せ先もこちらでお願いします。)

「カスタマー・インフォメーションセンターー」  TEL : 03-6416-6660
日本HP HPTCホームページ :   http://h50146.www5.hp.com/solution/hptc/system/ia_beowulf.html

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡