Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
このリリースは、ヒューレット・パッカード カンパニーが2003年2月18日(米国時間)発表したリリースの
日本語抄訳です。
2003年2月19日

次期 Itanium2 デュアルプロセッサ・モジュール、
及び新ハイエンド・チップセットをHPが発表

− Itanium アーキテクチャ共同開発のノウハウによる独自開発のチップセット、プロセッサモジュールで、
より高いシステム・パフォーマンスを実現 −

ヒューレット・パッカード カンパニー(会長兼CEO:カーリー・フィオリーナ、本社:カリフォルニア州パロアルト市:以下HP)は、2月18日(米国時間)に開幕したIntel Developer Forumにおいて、次期Itanium®2 プロセッサ(コードネームMadison)に対応したHP独自開発のハイエンド・チップセット「sx1000(エスエックス 1000)」と同プロセッサを2個搭載した「mx2(エムエックス 2)デュアルプロセッサ」モジュールを発表します。HPはこれらの発表を通じて、Itanium 2プロセッサ搭載サーバにおける技術的リーダーシップの地位をさらに強固なものとします。また、sx1000チップセットとmx2デュアルプロセッサモジュールにより、Itanium 2プロセッサを搭載するミッドレンジおよびハイエンド・サーバでの製品ラインナップの拡張や、同一モデルにおけるプロセッサ搭載数の倍増など、さらなるスケーラビリティの向上を実現することにより、HPはより高いシステム・パフォーマンスをお客様に提供します。

sx1000チップセットは、今年登場する次期 Itanium 2プロセッサ、及び今後発表予定の次期PA-RISCであるPA-8800の両プロセッサをサポートし、プロセッサ、I/O、メモリ間の高速転送を実現するハイエンド及びミッドレンジ・サーバ用のチップセットです。 HPは、現行のPA-RISCベースのハイエンドあるいはミッドレンジ・サーバをお使いのお客様に対して、簡単なセル・ボードの交換によるsx1000チップセット・ベースの次期Itanium 2プロセッサ搭載サーバへのアップグレード・パスを提供し、お客様の投資を最大限保護します。sx1000チップセット・ベースのハイエンド及びミッドレンジの次期Itanium2 プロセッサ搭載サーバでは、hp-ux、Linux、OpenVMSそしてMicrosoft® Windows® Server 2003といった複数の異なるオペレーティング・システムを同一サーバ上で同時に使用することができ、サーバの統合及び各種オペレーティング・システム環境における数多くの優れたアプリケーションの利用を容易にします。

mx2デュアルプロセッサモジュールは、2個の次期Itanium 2プロセッサと32MB L4キャッシュを、現行Itanium 2プロセッサのソケットとピン互換を保ち単一ドータ・カード・モジュールに搭載したものです。これによりHPの Itanium 2プロセッサ搭載サーバは搭載可能なプロセッサの数を倍増させることができ、お客様はプロセッサ数の増加によるシステム・パフォーマンスの大幅な向上を得ることができます。mx2デュアルプロセッサモジュールは、2004年前半にエントリレベルからハイエンドのサーバまで、幅広いHPの Itanium 2プロセッサ搭載サーバで利用可能となり、最大128プロセッサのスケーラビリティを実現します。

<製品出荷開始時期>

 

sx1000チップセット・ベースのhp superdomeは、2003年中頃に次期Itanium 2プロセッサとともに出荷される予定です。その後2003年後半に、sx1000チップセット・ベースのミッドレンジ・サーバが出荷される予定です。また、mx2デュアルプロセッサモジュールを搭載したサーバは、2004年前半に出荷を開始する予定です。

<HP について>

 

ヒューレット・パッカード(HP)は、コンシューマ及び企業向けの様々な製品、技術、ソリューション、サービスを世界規模で提供するリーディング・カンパニーです。HPが提供する製品、サービスはITインフラストラクチャからパーソナル・コンピューティング、アクセス・デバイス、グローバル・サービスおよびイメージング&プリンティングまで多岐にわたります。HPは、2002年5月3日をもって、コンパック・コンピュータ・コーポレーションとの合併を完了しました。HP及びその製品に関する情報は、ホームページ( http://www.hp.com/ )に掲載されています。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

「カスタマー・インフォメーションセンター」  TEL : 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡