Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年3月12日

業界初、Xeonプロセッサ MP 4-Wayを実現した2Uの高密度サーバ

hp ProLiant DL560を発表

−CPU集約型の計算に対応するエンタープライズモデル −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は業界標準高性能IAサーバ「hp ProLiant(プロライアント)」ファミリにラックマウント型サーバの新モデル「hp ProLiant DL560」を追加することを発表します。
また同時に「hp ProLiant DL320」に最新のインテルPentium 4プロセッサ2.26GHzを搭載する第二世代の「hp ProLiant DL320 Generation 2」を発表します。

日本HPは2003年1月8日にIAサーバ事業の基本戦略となる「二極化戦略」を発表しました。これは、ターゲット市場を主にハイエンドのIAサーバを対象としたソリューションビジネスを中心とする「バリュー・ビジネス領域」とエントリークラスのIAサーバを中心とする「ボリューム・ビジネス領域」に分け、それぞれの市場特性やお客様のニーズに合わせた施策を二極化して展開するものです。
今回発表するProLiant DL560はバリュー・ビジネス領域を担うサーバとして、ProLiant DL320 Generation 2はボリューム・ビジネス領域を担うサーバとして位置付けています。

製品名 標準小売価格 出荷開始
hp ProLiant DL560 1,080,000円〜 3月中旬
hp ProLiant DL320 Generation 2 190,000円 3月中旬

<エンタープライズシステムに最適なProLiant DL560>

 

ProLiant DL560は筐体内の冷却効率や電力効率を高め、高度な計算処理能力を実現した超高密度4-Wayサーバです。
ProLiant DL560は以下のような特徴を備えているため、SAPやSiebelなどのERMサーバやデータマート/データウェアハウス・サーバ、SQL ServerやOracleといったデータベースサーバ、さらにはクラスタ構成におけるCPU負荷の高いエンタープライズレベルのアプリケーションに最適です。また、ProLiant EssentialsソフトウェアのひとつであるWorkload Managementパックと組み合わせることにより、散在する2-Wayサーバの統合にも威力を発揮します。

 
高さ2UでXeonプロセッサ MP 4-Wayの高密度、低消費電力を実現
ProLiant DL560はラックマウント型として業界初のCPU密度を実現し、高さ2U(8.8cm)の筐体にインテルXeonプロセッサ MPを最大4基(標準2基)搭載可能です。これにより42Uラックに最大84基のCPUが搭載可能です。また、消費電力も従来の2-Wayサーバ2台分と比較した場合で、約30%軽減しています。

オンラインスペアメモリにも対応した最大12GBの大容量メモリ
ProLiant DL560はメモリを最大12GBまで搭載可能です。この巨大なメモリ領域により大規模アプリケーションでもオンメモリでの処理が可能になります。
またオンラインスペアメモリ構成では、最大8GBのアクティブメモリと4GBのオンラインスペアメモリを同時にサポートすることで、メモリエラーによるシステムダウンを回避でき、永続的なサービスを提供できます。

RAID、リダンダントオプションによる高可用性
ProLiant DL560はSmartアレイ5iコントローラを搭載し、ホットプラグ対応のハードディスクドライブを2台まで搭載可能なためRAID 0、1を構成可能です。
またメモリ、I/O、CPUの各ゾーンに配置された10台のホットプラグ対応リダンダントファンをはじめとする各種リダンダント対応コンポーネントにより、ミッション・クリティカルなシステムにも利用できる高い可用性を実現します。

多数の外部インタフェースによる高い拡張性
64ビットのPCI-Xスロットを3スロット(133MHz×1、100MHz×2)、ギガビット対応のネットワークポートを2基備えるほか、PCI-X対応光ファイバネットワーク アダプタである「NC6770」を利用すればギガビットスピードの光ファイバネットワークを構築可能です。

内蔵Lights-Out、Insightマネージャ7による容易な管理
ProLiant DL560は内蔵Lights-Out(iLO)を搭載しています。これによりサーバの遠隔制御を可能にし、Insightマネージャ7により数多くのサーバの管理、監視が容易になります。

<hp ProLiant DL320 Generation 2の概要>

 

hp ProLiant DL320 Generation 2はエントリレベルの高さ1U(4.4cm)のラックマウント型サーバで、2.26GHzのPentium 4プロセッサを搭載し、メモリは最大4GB搭載可能です。ATA/100のディスクドライブを2台利用して、ATA RAID 0、1を構成可能です。ギガビット対応のネットワークポートを2基内蔵し、高速なネットワーク環境を構築可能です。
ProLiant DL320 Generation 2は単一機能アプリケーションやフロントエンドアプリケーション向けの、低価格でラック搭載に最適化されたモデルです。

■ 添付資料
     ProLiantの主な仕様一覧 (PDF:12kb) *

■ ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データなどは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

hp directplusコールセンター  TEL : 03-6416-6777
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡