s
Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースはマイクロソフト株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社の共同リリースです。
両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2003年4月17日

マイクロソフト株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

マイクロソフトと日本HP、
サービスプロバイダ向けの「ジョイント認定プログラム」を開始

−高品質サービスを提供するサービスプロバイダを共同で認定 −

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市、以下:マイクロソフト)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高柳 肇、以下:日本HP)は、両社が共同して実施するサービスプロバイダ向けの「ジョイント認定プログラム」を本日より開始いたします。
また、丸紅情報システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:京田一良)が、アジア・パシフィック地区において最初に本認定プログラムを取得しました。同社のサービスである Microsoft® Exchange 2000 ServerとMicrosoft Outlook® を使用したASP、共有ホスティングサービス「V-Service」は、本認定に基づき提供されることになります。

「ジョイント認定プログラム」は、本プログラム開始にあわせ、マイクロソフトが提供を開始した「サービスプロバイダ向けの認定パートナープログラム「Microsoft® Gold Certified Partner Program for Hosting and Application Services(次葉参照)」と、日本HPが提供する、ITIL *1 をベースとしたサービスプロバイダ向け認定制度「HP SP 認定プログラム」の「SP Signature Certified」を、一度のプロセスで同時に取得することが可能です。
これにより、各サービスプロバイダは、一度のプロセスでマイクロソフトおよび日本HPが提供している認定を同時に取得することが可能になり、コストや時間の面で大きく利便性が向上します。

このジョイント認定プログラムは、マイクロソフト コーポレーションとヒューレット・パッカード カンパニーが2002年4月に発表した Joint Certification Programの 内容 *2 に基づき、日本国内においてもマイクロソフト、日本HPが共同で実施するものです。

今後も、マイクロソフトと日本HPは、協力してより良いサービスの提供について取り組んでいく予定です。「ジョイント認定プログラム」についての詳細は下記「ジョイント認定プログラムについて」を参照下さい。

*1   ITIL:
Information Technology Infrastructure Library、サービス品質を定義・査定するITサービスマネジメントのデファクトスタンダード ( 詳細は http://www.itil.co.uk/index.html ※現在、ページの提供は終了しております。を参照ください )
*2   http://www.microsoft.com/presspass/press/2002/Apr02/04-16SPCertificationPR.asp
を参照下さい。

■ 「ジョイント認定プログラム」について

 

概 要

  マイクロソフトのサービスプロバイダ向け認定ゴールドパートナープログラム、「Microsoft Gold Certified Partner Program for Hosting and Application Services」と、日本HPのSP認定プログラム、「SP Signature Certified」を一度のプロセスで同時に取得することを目的とした、マイクロソフトと日本HPが共同で実施するものです。両社のプログラムに共通する評価基準が統合されており、日本HPのコンサルタントによりオンサイトアセスメント(現地査定)が行われます。

目 的

  マイクロソフトおよび 日本HPは、両社のサービスプロバイダ向け認定プログラムの認定取得にかかるサービスプロバイダの負担を軽減するため、両社の認定プログラムおよびその評価基準を相互に承認し、両社の認定プログラムのアセスメントを同時に実施します。

内 容

  「ジョイント認定プログラム」は以下の2つの認定プログラムから構成されます。

Microsoft Gold Certified Partner Program for Hosting and Application Services

  このプログラムは、マイクロソフト認定ゴールドパートープログラムのひとつのカテゴリーとして、高品質のサービスを提供可能なプロバイダを認定する目的で開始されました。エンドユーザー企業の IT インフラに要求される高い品質、信頼性を提供する目的から、このプログラムはサービスプロバイダにとって非常に高度で厳格な要件を定めたものとなっています。 Microsoft Gold Certified Partner Program for Hosting and Application Services には、Microsoft Exchange Server、Microsoft Commerce Server、Microsoft Office Online (Microsoft Officeをターミナルサービスなどを使用して提供する形態)などのアプリケーションを対象としたホスティングサービスをエンドユーザに提供する ASP を対象とした「Gold Certification for ASP 」と、マネージドアプリケーションホスティング、マネージドWeb ホスティング、Microsoft .NET ホスティング サービスなどを提供する AIP (Application Infrastructure Provider)を対象とした「Gold Certification for AIP 」の2つがあります。

日本HP SP 認定プログラム - SP Signature Certified -

 

日本HP は、サービスプロバイダのサービス レベル向上および技術競争力強化を支援することを目的として、品質重視の SP 認定プログラムを提供しています。このプログラムは全世界で実施しており、SP Certified と SP Signature Certified の 2 種類を提供しています。日本においては、高品質サービスの認定に特化したより高度な SP Signature Certified レベルの提供のみを行っています。 Signature Certified では、人員、プロセス、およびテクノロジに関する総合的な評価を行うほか、サービスプロバイダが、業界のベスト・プラクティスに基づいて定義された標準に従い、信頼性のあるサービスを一貫して提供する能力があるかどうかを判断します。ITサービスの管理をはじめ、ネットワーク、アプリケーション、データベース、システム・ソフトウェア、ハードウェア(サーバとストレージ)、さらに環境に至るまで、エンド・ツー・エンドのサービスが全面的に提供されているかどうかを検証します。また、サービスの提供に伴う整合性と一貫性が、一定期間にわたって保証されるように、年に1回オンサイト・レビューを実施して、再認定を行います。
詳細については、http://www.hp.com/jp/spc/ (※現在、ページの提供は終了しております。) を参照してください。

■ サービスプロバイダにとっての利点

 
時間と費用の削減:
それぞれの認定を取得するために必要なオンサイトアセスメントが一度に実施されるので、それぞれを個別に取得する場合と比較して、認定に必要な時間と認定手数料が大幅に削減できます。

テクノロジやソリューションのプロモーション:
サービスプロバイダは、ジョイント認定を取得することで、テクノロジ、ソリューション、及び運用管理プロセスが最高水準にあることをマイクロソフトと日本HPにより裏付けされたものであるとお客様に紹介することができます。

サービス品質の客観的評価:
認定取得の過程を通じて、サービスプロバイダの IT インフラストラクチャと運用管理の観点からサービス品質を客観的に査定します。IT ソリューション分野で豊富な経験を持つ 日本HP のコンサルタントが、サービスプロバイダ業界でのベストプラクティスに基づきアセスメントを実施します。

システム運用管理の品質向上:
このプログラムのオンサイトアセスメントを通じて、お客様へよりよいサービスを提供するために運用管理プロセスがどうあるべきか、適切なサポートを提供します。これにより、システム運用管理プロセスを向上させることが可能です。

共同マーケティング:
マイクロソフトと日本HPは、ジョイント認定を取得したサービスプロバイダに対し、ブランド認知度の向上、マーケティング拡大を目指した共同マーケティングプログラムを提供します。

#     #     #

Microsoft、Windowsは、米 国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡