Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年4月23日

中小規模オフィスのファイルサーバに最適なエントリモデルXeonプロセッサ搭載の2-Wayサーバ

hp ProLiant ML330 Generation 3を発表

−同時にML530 G2に3.0GHzモデルを追加 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、業界標準高性能IAサーバ「hp ProLiant(プロライアント)」ファミリに新しくインテルXeonプロセッサを搭載する2-Wayサーバ「hp ProLiant ML330 Generation 3(以下、ML330 G3)」を発表します。また、「hp ProLiant ML530 Generation 2(以下、ML530 G2)」にXeonプロセッサ3.0GHzを搭載するモデルを追加します。
今回発表するML330 G3は中小規模オフィス向けのファイルサーバに最適な、コストパフォーマンスに優れたエントリサーバです。一方、ML530 G2は、最新のXeonプロセッサを搭載することによって、十分な拡張性と可用性を提供し、中規模以上のオフィスでの利用も可能な高性能サーバです。どちらの製品も、日本HPの「二極化戦略」のボリューム・ビジネス領域を担う2-Wayサーバとして位置付けられます。

製品名 希望小売価格 出荷時期
hp ProLiant ML330 Generation 3 188,000円〜 5月中旬
hp ProLiant ML530 Generation 2 670,000円〜 5月上旬

<エントリ市場に向けた戦略製品 ProLiant ML330 G3>

  現在、サーバ市場では業界標準のテクノロジを搭載したIAサーバが急速に広まっています。特にエントリクラスの市場では、価格競争力だけでなく、営業所や店舗などの中小規模オフィスでも運用しやすいサーバが求められています。こうしたニーズに対応するため、高性能なCPUやギガビットイーサネットなどを搭載して基本性能を高めるだけでなく、ProLiantで培われた製品設計や運用管理性などの設計思想をそのまま継承し、エントリサーバ市場に投入する製品がML330 G3です。このML330 G3が加わることにより、本年4月9日に発表した1-Wayのローエンド製品hp server tc2120から始まる、日本HPのエントリIAサーバのラインナップを強化し、「二極化戦略」のボリューム・ビジネス領域での動きをさらに加速します。

<hp ProLiant ML330 G3製品概要>

  ML330 G3はProLiantの設計思想を継承した、インテルXeonプロセッサを搭載する2-Wayサーバです。筐体を開けることなく電源やシステム内部、ネットワークの動作状況が確認できる診断用LEDをはじめ、ミドルレンジやハイエンドのProLiantと同様の運用管理機能を備えています。
また無償保証期間中にCPU、メモリ、HDDに障害予知の警告が出た時点で無償交換に応じる事前予防保証サービスなど、サーバ運用に不可欠な高い信頼性を提供します。ML330 G3は信頼性と可用性に優れ、数十人の規模で運用される中小規模ワークグループサーバに最適です。

<hp ProLiant ML530 G2製品概要>

  ML530 G2は、インテルXeonプロセッサ 3.0GHzを搭載した2-Wayサーバで、集約的なデータセンタ環境やリモートオフィス環境向けにシステムリソースが最適化されています。また、7個のPCI-Xスロットや最大16GBのメモリを搭載可能にし、オプションの2ベイSCSIドライブケージを利用すれば最大14台のハードディスクドライブを搭載できます。
1枚のボードでメモリのミラーリングを行うシングルボードミラーメモリや、ホットプラグ対応コンポーネントなどのインテリジェントな障害復旧も備え、ビジネスクリティカルなアプリケーションに対して最大限の稼働時間を提供します。

<日本HPの二極化戦略>

  日本HPは2003年1月8日にIAサーバ事業の基本戦略となる「二極化戦略」を発表しました。これは、ターゲット市場を主にハイエンドのIAサーバを対象としたソリューションビジネスを中心とする「バリュー・ビジネス領域」とエントリクラスのIAサーバを中心とする「ボリューム・ビジネス領域」に分け、それぞれの市場特性やお客様のニーズに合わせた施策を二極化して展開するものです。

【添付資料】

 
hp ProLiant ML330 Generation 3の主な仕様一覧、
および hp ProLiant ML530 Generation 2の主な仕様一覧
(PDF:14.2kb) *

■ ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データなどは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡