Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年5月20日

E3ネットワークス株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
三井物産株式会社

日本HP、E3ネットワークスとシステム運用管理ソフトウェアの販売に関して戦略的提携を発表

−新たな認定プログラム「OVplus」でIBM DB2管理、Lotus Notes 管理、セキュリティ管理など
OpenView管理対象外だった分野への統合管理環境の提供を強化 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口 泰行、以下:日本HP)は三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:槍田 松瑩)のIT戦略子会社である、E3ネットワークス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石黒 太郎、以下:E3)と、システム管理ソフトウェア製品の販売に関して提携を拡大することで合意しました。E3が取り扱うIBM DB2、セキュリティ、Windows/Linux、管理等の製品について、日本HPが新たに提供するソリューションパートナー製品特別認定プログラム"OVplus"の認定製品として6月1日より順次E3にて販売を開始することを発表します。

<市場背景>

 

ITの進展に伴い、システム運用管理が対象とする範囲も急速に拡大しています。アプリケーション管理、セキュリティ管理などそれぞれの分野で、専門ベンダーが自社、あるいは他社のハードウェア、ソフトウェア製品に対する管理ソフトウェアを提供しています。一方、業務効率化、IT投資効果の向上を目指して 統合システム管理へのニーズも強く、専門ソフトウェアベンダーが提供するポイント・ソリューションと、HP OpenViewのような統合運用管理ソリューションを結びつけ、一元的に管理しやすい環境を構築することが急務となっています。

<OVplusプログラムについて>

 

こうした背景のもと、日本HPでは、従来から全世界で提供してきた一般のソリューションパートナー支援プログラムより一歩踏み込み、日本の顧客に対して最適な統合管理環境を構築できるよう、パートナー製品特別認定プログラム"OVplus"の提供を日本市場向けに開始します。 現在、400近いOpenViewソリューションパートナー製品が全世界で提供されており、そうした製品を提供しているパートナーに対してHPでは、OpenView製品の評価版貸出し、技術支援窓口の開設等を行っています。本プログラムでは、その中でも日本のユーザにとって特に重要度の高い製品を日本HPが認定し販売支援を行うものです。

本認定を受けた製品及びソリューションパートナーに対しては、日本HPより以下のような支援を提供します。

 
日本における当該ソリューションパートナー向け技術支援窓口の開設及び共同技術検証
HP OpenView ファミリーの一部としての積極的プロモーション(Web、セミナ)
HP OpenView価格表、総合カタログへの掲載
日本HP 営業によるOpenView販売パートナー、お客様への推薦

今回このプログラムの第一弾として特に日本市場において戦略性の高いE3の取り扱う下記7製品の販売協調をE3と共に開始いたします。HP OpenViewとE3の提供するこれらの製品を組み合わせることで、ITシステムの統合管理環境をより構築しやすくなります。

[対象製品]

 
SMO(Server Monitor Options for NNM)(統合運用管理の簡易版)
VISION64(デスクトップ管理)
Tripwire for Servers(セキュリティ管理)
Tripwire for Network Devices(セキュリティ管理)
SPI for Lotus Notes(アプリケーション管理)
SPI for IBM DB2(データベース管理)(03年夏予定)
hp OpenView operations for Unix/Windows agent for OpenVMS(OpenVMS管理)
(03年夏予定)

今回のOVplusプログラムを通じて日本HPはDB2やセキュリティ管理市場等の新たなマーケットにおけるOV製品の販売拡大を目的とし、またE3は日本HPの支援により自社製品及びOV製品の販売拡大を目指します。



■ 今回OVplusに認定された7製品について

SMO(Server Monitor Options for NNM)について
Windows/Linux環境に特化した統合運用管理のエントリ・ソリューションです。サーバ管理に必要な60数個の監視項目をWebブラウザから、最小限の操作で必要な情報にアクセスし、定常監視と性能管理を同時に実現します。

VISION64について
インベントリ収集やソフトウェアの自動配布、ライセンス管理など、デスクトップ管理に必要な機能を全て備える、統合型ソリューションです。ネットワーク管理プラットフォームHP OpenView Network Node Manager(NNM)と連携することにより、ネットワーク管理とデスクトップ管理のシームレスな統合管理環境を実現します。

Tripwire for Serversについて
改ざん検知ツールとして、No.1の実績を誇る、ネットワーク・セキュリティ最後の砦です。サーバ上の重要なデータを不正な改ざんやユーザ・エラーから保護し、データの整合性を保証します。

Tripwire for Network Devicesについて
Tripwire for Network Devicesはマルチベンダー・ネットワーキング・インフラを支えるユニークなソリューションです。ルータやスイッチ、ファイアウォールなどのネットワーク・デバイスの設定情報を管理・監視し、不正な設定変更から保護します。また、NNMと連携することで、より高度なネットワーク管理ソリューションを実現できます。

SPI for Lotus Notesについて
HP OpenView operationsからLotus Notes/Dominoを管理するための、SPI(Smart Plug In)です。Notes/Domino用に最適化された定義済みの管理ポリシーを各サーバに配布することで、管理の効率化をはかり、Notes/Dominoサーバの安定運用を支援します。

SPI for IBM DB2
HP OpenView operationsからIBM DB2データベースを管理するためのSPIです。高度なスキルが要求されるDB2の管理を定義済みポリシーによって、比較的簡単に行え、システムの根幹となるデータベースの信頼性・可用性の維持向上に貢献します。

HP OpenView operations for Unix/Windows Agent for OpenVMS
多数の導入実績を持ち、未だ根強い人気を誇る、オペレーティング・システムOpenVMSをHP OpenView operationsで管理するためのエージェントです。本製品を導入することで、OpenVMSユーザは、既存のUnix/Windows混在環境とOpenVMSサーバを一元的に管理できる基盤が整います。


#     #     #

■ お客様からのお問い合わせ先

E3ネットワークス株式会社

マーケティング 西山  TEL : 03-5641-2202

日本ヒューレット・パッカード株式会社

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡