Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年5月28日

ProLiantの「ターン・キーソリューション」

ProLiant Advantage Pack Neoファミリに3モデルを新たに発表

− 「導入による具体的な効果のわかりやすさ」と「導入の容易さ」を追求 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、業界標準高性能IAサーバ「hp ProLiant(プロライアント)」に、さまざまなオプションをあらかじめ組み込んだ「ProLiant Advantage Pack Neo(アドバンテージ パック ネオ)」ファミリに、新たに3モデルを発表します。同時に、既存のProLiant Advantage Pack Neo ML350 T03 X2200 2P リダンダントモデルについて11%の価格改定を本日より実施します。

ProLiant Advantage Pack NeoはエントリークラスのProLiantサーバに、お客様のニーズに合わせたオプションを組み込むことで、ターン・キーソリューションを実現するものです。ここでのターン・キーソリューションとは、具体的には「現在使用しているシステムの強化として、サーバの追加を行うときに本体を簡単に導入したい」あるいは「新たにネットワークを構築する際に、手間をかけずに各サーバの導入を行いたい」などといった、"ターン・キー"、つまり鍵を回すだけで簡単にスタートできるソリューションを意味しています。

日本HPは、ProLiant Advantage Pack Neoに競争力のある価格設定を行うと同時に、以下の2つの製品ラインを設定することにより、IAサーバ事業でのボリューム・ビジネス領域における二極化戦略を推進します。

ProLiant Advantage Pack Neoは2つのラインで構成されます。

 
OSプリインストール・ライン
サーバにOSをあらかじめインストールすることでOSインストールの手間を省き、導入の簡便性の向上を提供します。
OSプリインストール・ラインは「Windows 2000 Serverプリインストールモデル」を含有します。
ソリューション・ライン
サーバに各種機能を向上させるオプションをあらかじめ組み込むことでターン・キーソリューションを提供します。
ソリューション・ラインは「バックアップモデル」および「リダンダントモデル」と、今回新しく追加する「デュアルプロセッサモデル」を含有します。

今回発表する製品はWindows 2000 Serverプリインストールモデルが1モデル、プロセッサを標準で2基搭載し、さらにHDDのアレイ構成を標準で設定できるようRAIDコントローラを搭載したデュアルプロセッサモデルが2モデルの合計3モデルです。これらの製品は6月上旬より出荷開始予定です。

<新製品>

製品名 希望小売価格 出荷開始
ProLiant Advantage Pack Neo ML330 T03 X2400 SCSI
     Windows 2000 Serverプリインストールモデル
268,000円 6月上旬
ProLiant Advantage Pack Neo ML350 T03 X2400 2P
     デュアルプロセッサモデル
398,000円 6月上旬
ProLiant Advantage Pack Neo ML370 T03 X2800 2P
     デュアルプロセッサモデル
598,000円 6月上旬

<価格改定製品>

製品名 新希望小売価格 改定率
ProLiant Advantage Pack Neo ML350 T03
     X2200 2Pリダンダントモデル
498,000円 11%

<ボリューム・ビジネス領域へ新しい提案をするProLiant Advantage Pack Neo>

 

日本HPは先に発表したIAサーバ事業での二極化戦略に基づき、ボリューム・ビジネス領域において競争力のあるProLiantの価格設定をしています。しかし、実際のボリューム・ビジネス領域では競争力のある価格設定だけでなく、いかにわかりやすく導入の容易な製品を提供できるかが重要となってきています。こうした状況に対し日本HPは、用途ごとに特化したターン・キーソリューションと位置付けたProLiant Advantage Pack Neoを本年2月に発表しました。
専任のシステム管理者がいないSOHOや中小企業のお客様に対しProLiant Advantage Pack Neoの「導入による具体的な効果のわかりやすさ」と「導入の容易さ」を訴求し、競争力のあるProLiantの価格設定との相乗効果を醸成し、IAサーバ事業でのボリューム・ビジネス領域での事業強化をさらに促進します。
ProLiant Advantage Pack Neoファミリの第二弾として、今回発表する3モデルは、ラインナップを拡張・充実することを目的としたもので、今後も「Windows Server 2003」のプリインストールモデルなどの新モデルを継続して発表する計画です。

<サーバにOSをあらかじめインストールすることでインストールの手間を省き、

導入の簡便性の向上を提供するOSプリインスト−ル・ライン>

 
ファイル/プリントサーバに最適なWindows 2000 Serverプリインストールモデル
ProLiant Advantage Pack Neo ML330 T03 X2400 SCSI Windows 2000 Serverプリインストールモデルは、最新の2-Way構成が可能なエントリモデルProLiant ML330 X2400をベースに、Windows 2000 Serverを事前に工場でインストールすることで、サーバ本体とOSを別々に購入する必要がない「One Stop Shopping」の簡便性を提供します。一方でハードウェア構成は可能な限りシンプルなものとし、使用環境に応じた構成を組めるよう自由度を高めた製品となっています。

<サーバに各種機能を向上させるオプションをあらかじめ組み込むことで

ターン・キーソリューションを提供するソリューション・ライン>

 
基本性能の大幅な向上を実現したデュアルプロセッサモデル
今回新しく追加する「デュアルプロセッサモデル」では、ProLiant ML350とML370をベースにプロセッサを標準で2基搭載し、さらにHDDのアレイ構成を設定できるようRAIDコントローラを搭載するなど、以下の特長を持っています。

 
  • 最新プロセッサが標準で2基搭載
    インテルの最新プロセッサであるXeonプロセッサを標準で2基搭載しています。(ML350は2.4GHzを2基、ML370は2.8GHzを2基搭載)
  • メモリは2倍の大容量
    それぞれベースモデルに搭載される標準メモリの2倍の容量のメモリが搭載されています。大容量のPC2100 DDR ECC SDRAMがデータ処理性能の向上を実現します。(ML350は512MB、ML370は1GBを搭載)
  • 最新のSCSI規格であるUltra320にフル対応するHDDシステム
    両モデルとも最新のUltra320 SCSIに対応するアレイコントローラ「Smartアレイ 641コントローラ」を標準搭載。また、36.4GB Ultra320ホットプラグ対応ハードディスク(10krpm)を3基搭載していますので、高速データ伝送を実現するフルUltra320規格でのアレイ構成(0、1、0+1、5)のHDDシステムを構築できます。
  • リモート管理機能(ML370のみ)
    特にProLiant ML370をベースとしたモデルでは、ML370に標準搭載されたリモート管理機能である「内蔵Lights-Out」に加えて、さらに高度なリモート管理ソリューションを実現する「ProLiant Essentials 内蔵Lights-Out Advancedパック(単品購入時の希望小売価格:48,000円)」を標準添付しています。

    内蔵Lights-outおよびAdvancedパックで実現される主な機能

     
    仮想グラフィックリモートコンソール
    遠隔地にあるサーバの管理コンソールのGUIを、手元のPC上のWebブラウザにそのまま表示でき、あたかも目の前にサーバがあるかのように、管理コンソールのキーボードおよびマウスで操作が可能
    仮想フロッピードライブ
    ネットワーク上の任意の場所から遠隔地のホストサーバを起動し、そのFD内のイメージを使用してROMアップグレードの作業等が簡単に実行可能
    仮想電源ボタンにより、遠隔地からのサーバ本体の電源オン・オフが可能
    サーバ本体のネットワークとは別の、専用ネットワークからのアクセス設定が可能なことで、本来のネットワークがダウンしている際も、迅速なトラブルシューティングを提供
    リモート管理に利用するネットワークアドレスをDNS/DHCPにより自動設定
    その他、リモートリブート、アラート通知、リセット/障害シーケンスの再生など

    また、これらの機能と、世界中のお客様から高い評価をいただいているInsightマネージャ7との連携により、従来、サーバが設置された場所に出向いて行っていたメンテナンスのコストを削減するとともに、リモートからでも最高水準の管理・監視機能を提供します。

    ■ 添付資料

         ・ ProLiant Advantage Pack Neoの主な仕様一覧および価格改定一覧 ( PDF:13kb )

    ■ ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■ プレスルーム
         (画像データなどは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    hp directplusコールセンター  TEL : 03-6416-6777
    ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


    PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡