Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年5月30日

グリッドコンピューティングの実用化を促進

− 日本HPが「Avaki Data Grid(TM)」ソフトウェアを用いたSIサービス事業を開始 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口泰行)は、本日、エンタープライズIT環境における業界初の商用データグリッドソフトウェア「Avaki Data Grid(TM) (アバキ・データ・グリッド)」を提供開始します。Avaki Corporation(以下、Avaki社。www.avaki.com )が開発したAvaki Data Gridは、企業データのセキュアな広域アクセスを実現し、その複雑さやコストを大幅に削減します。

HPとAvaki社はワールドワイドで2002年9月にアライアンスを締結しています。日本でのAvaki Data Grid提供開始にあわせて、日本HPではAvaki Data Gridに関するSIサービス事業も開始いたします。これにより、テクニカル分野及びビジネス分野でのグリッドコンピューティングの応用を促進します。今まで主に科学技術系分野で研究目的に利用されてきたグリッドコンピューティングがAvaki Data Gridによって、科学技術分野及びビジネス分野双方で迅速かつ容易に利用できるようになります。また技術の適用可能性を発展させて、複雑なデータ・アクセスを備えてサービスを提供するコマーシャルビジネスへ展開できます。

グリッドコンピューティングは、ネットワーク上に分散する様々な演算資源及びデータ資源の共有化利用を進める技術です。Avaki Data Gridは、データ格納場所はそのままで、広範囲に存在する資源から、セキュリティを確保しながらデータへのアクセスが可能なデータ統合サービスを実現するエンタープライズ基盤ソフトウエアソリューションです。

今日、グリッドコンピューティングは実際のビジネス環境において使用できるようになっています。どこからでも最新データを利用でき、元データのコピーや移動の必要がなくなります。また、ネットワーク環境に左右されずデータの統合が可能なため、コンピュータの性能および資源をより有効に活用でき、管理コストの著しい削減に貢献します。さらにサーバやストレージが相互接続・共有化されるため、複数の組織や企業内の部門間で直接共同作業を行なえるようになり、分離している組織が低コストでセキュリティが確保された状態でデータを共有でき、業務の効率化が可能となります。

従来、グリッドコンピューティング環境を構築するためには、開発用ツールキットや大幅なカスタマイズが必要でした。Avaki Data Gridは、グリッド環境の構築・運用を容易に行うことが可能な商用のソフトウェア製品です。導入の際の負担が少なく、工期の短縮につながり、低コストでの構築・運用が可能となります。企業のデータやアプリケーションへのアクセスは、ビジネス・ポリシーに基づき制限され、すばやく簡単に割り当てることが可能です。
Avaki Data Gridは、UNIXやWindowsなどのOSを意識することなく、LANやWANのネットワーク環境にも左右されずに自由にデータを利用できます。ファイルアクセス権などの制御も可能なためセキュリティも確保されます。さらにシングルサインオン機能により、ネットワーク越しのデータへの高速なアクセスを実現します。

Avaki Data Gridの販売に伴い、グリッドコンピューティングの知識とノウハウを蓄積した日本HPの技術者がシステムインテグレーションおよび導入のサポートサービスを提供します。Avaki Data Gridはすでに導入実績があり、お客様はIT資源へのセキュアな広域アクセスを行うことでAvaki Gridの投資効果を実現しています。今後はAvakiの分散コンピューティングのためのグリッドソフトウェア「Avaki Compute Grid 」の提供も予定し、グリッドコンピューティングの商用化を促進していきます。

<Avakiについて>

 

Avaki社は、今日の企業が直面する重要なデータ・アクセスや統合の問題に対応したソフトウェアを提供します。Avakiのソフトウェア製品は、多くの部門や場所にまたがるITリソースを共有して、ユーザやアプリケーションが、分散したデータと処理能力に対して、あたかもそれらが一箇所に存在するかのようにアクセスできるようにします。これらの製品を使用することにより、企業は生産性を劇的に向上できると共に、ITコストや複雑さを軽減することができます。他社の分散コンピューティング・ソリューションとは異なり、Avaki製品では画期的なデータ・アクセス機能を、単独またはAvakiの実績あるコンピューティング・グリッド機能と組み合わせることで、実現することができます。Aventis, Infinity Pharmaceuticals, Gene Logic, The North Carolina Bioinformatics Grid Project, Pfizer, Structural Bioinformatics 及び Texas TechなどでITコストの削減及びコントロール、複数サイトあるいは会社内コラボレーションでの効率改善、製品開発期間の短縮などのためにAvakiソフトウエアが利用されています。Avakiについての詳細は、www.avaki.comをご覧ください。

<日本HPのグリッドコンピューティングへの取り組み>

 

日本HPは、2002年6月にグリッド・サポートセンターを開設し、専任のエンジニア及び最新のシステム環境でグリッドコンピューティング環境の検証・構築を行っています。Platform Computing社やグリッドコンピューティング専業ベンダーであるAvaki社と、グローバルで提携しグリッドソリューションを推進しています。
またグリッドコンピューティングの標準化の提案および認知度を高めるための活動、情報共有などを実施する「グリッド協議会」にも参加しています。

#     #     #

その他文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問合せ先もこちらでお願いします。)

「カスタマー・インフォメーションセンター」  TEL : 03-6416-6660
日本HP グリッド・コンピューティング ホームページ :  
http://h50146.www5.hp.com/solutions/crossindustry/hptc/grid/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡