Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース


会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースはセンドメール株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、ヒューレット・パッカード・ソリューションデリバリ株式会社の共同リリースです。重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

2003年6月12日

センドメール株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ヒューレット・パッカード・ソリューションデリバリ株式会社

センドメールと日本HP、HPSDがLinuxベースのメール・ソリューション展開で協業

− ProLiantサーバによる高可用性クラスタで、コストパフォーマンスの高い大規模メール・システムを実現 −

センドメール株式会社(社長:小島國照、本社:東京都中央区)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(社長:樋口泰行、本社:東京都品川区、略称:日本HP)、およびヒューレット・パッカード・ソリューションデリバリ株式会社(社長:岡田一夫、本社:東京都渋谷区、略称:HPSD)は、日本市場においてLinuxベースのメール・ソリューションを共同展開することを発表します。

今回の協業により、Sendmailと日本HPの業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiant(プロライアント)」とHPSDが提供するクラスタ・ミドルウェアを組合せることで、コストパフォーマンスと可用性の高いLinuxベースのメール・システムを提供します。
ProLiantは、Sendmailのベンチマークテスト *1 で、メッセージ配送速度、スループットでハイエンドUNIXサーバを上回る結果を出し、特に、数千〜数万の従業員が利用する大規模エンタープライズ・メールシステムにおいて、コストパフォーマンスで競争力を発揮します。

SendmailとProLiantとクラスタ・ミドルウェアによるLinuxメール・ソリューションは、HPSD、および日本HPとセンドメールのパートナ各社経由で販売されます。また、3社は販売促進のための各種プロモーション活動を共同で展開します。

■ 大規模メール・システムを低コストで構築するニーズの高まり

 

電子メールがコミュニケーション手段として必要不可欠となっている昨今、企業では正社員に限らず、社内外の契約社員およびアルバイトに、また、大学では全学生にメールアカウントを与えるケースが増えており、低コストで、高性能メール・システムを構築するニーズが高まっています。*2
米センドメール(Sendmail,Inc.、本社:米国カリフォルニア州)とヒューレット・パッカード カンパニー(Hewlett-Packard Company、本社:カリフォルニア州パロアルト、略称:HP)は、2002年1月にグローバルアライアンス契約を締結し、コストパフォーマンスの高いメール・ソリューションの販売・マーケティングで協業し、すでに企業、ISP、大学、政府機関などで多数の実績があります。
今回の協業は、米センドメールとHPのアライアンスを日本市場で展開するものです。

■ クラスタ化により信頼性と可用性を向上

 

近年、ビジネス・コミュニケーションの大半が電子メールで行われるようになり、メール・システムにはより高い信頼性と可用性が求められています。一方で、エンタープライズ市場においても、メール・システム、インターネット接続、業務システムから基幹システムに至るまで、Linuxをベースに、安価にシステムを導入する動きが増えています。

このような背景の中、3社の共同体制のもと、SendmailとProLiantのメール・ソリューションに、HPSDが提供する「HP Serviceguard for Linux」 を利用したLinux環境でのクラスタ・ソリューションを組み合わせることにより、最小限のコストで信頼性、可用性を向上させることが可能となり、企業におけるRoIT(Return on IT:ITにおける投資対効果)を改善します。

*1 HP ProLiantでのLinuxベースのSendmailベンチマーク詳細は以下をご覧ください

  http://store.sendmail.com/cgi-bin/smistore/news/pressrelease.jsp?eventOID=70040&localId=USA
(※現在、ページの提供は終了しております。)

*2 米Sendmailが、従業員2,500人規模の企業44社に対して行った調査によると、約60%の従業員がメールを利用できないため、本社や顧客とのコミュニケーションに支障をきたしており、各企業では、ビジネスの生産性向上のために、メールの利用対象の拡大に注目しています。詳細は以下をご覧ください。

  http://store.sendmail.com/cgi-bin/smistore/news/pressrelease.jsp?eventOID=73444&localId=USA
(※現在、ページの提供は終了しております。)

■ Sendmail社メッセージング製品について

 

オープンソースの「sendmail」をベースとして各機能を提供する以下4つの製品があります。

  稼動OS: Red Hat Linux、SuSE Linux(United Linux)、MIRACLE LINUX、Solaris、AIX、
Windows NT/2000

 

【1】 Sendmail Switch
大規模、高信頼性を求めるユーザのためのメール配送パッケージです。
メール転送エンジン「Managed Switch MTA」と、管理を行う「Multi Switch Console」から構成され、監視・レポート・警告機能、フェイルオーバ機能などを提供します。

 
(1) Sendmail Multi Switch 複数のMTAを一括管理し、拡張性と信頼性を実現
(2) Sendmail Single Switch 拠点や部門に適したMTA

※プラグイン・フィルタにより、以下のオプション機能を追加可能です

  • Message Copier メール監査などの用途で、メールをコピーしてアーカイブ
  • MIME Attachment Filter 添付書類のチェックと配送のコントロール
  • Message Appender 定型文、添付ファイルを自動添付
    (法的な免責、マーケティングツールとして)
  • Anti-Virus Filter 送受信メールのウィルス対策フィルタ
  • Flow Control Filter 送受信メールの流量を監視、コントロール
    (DOS攻撃、スパムからサーバを守る)

    【2】 Sendmail Advanced Message Server
    MTAに、POP3、IMAPなどを組み合わせた製品。
    メッセージストア(データベース)は拡張性が高く、また、1つのメッセージストアでローカル、リモートいずれの環境からでも、高度なセキュリティを確保しつつメールアクセス可能です。

     

    ※プラグイン・フィルタにより、以下のオプション機能を追加可能です

     
  • Sendmail Mobile Message Server
  • Webブラウザ、iモードおよびWAP対応携帯端末から
    メールサーバにアクセス
  • Intelligent Inbox
  • 一般ユーザが設定可能な、サーバーサイドフィルタ

    【3】 Sendmail Directory Server
    LDAPサーバ

    【4】 Sendmail HVMS
    顧客とのダイレクト・コミュニケーションやメールマガジン配信など、同時性と信頼性が要求される大規模メール高速配送用ソリューション

    ■ クラスタ・ミドルウェアHP Serviceguard for Linux (SGLX) について

     

    HP Serviceguard for Linux - ProLiantクラスタは、広範なHPストレージおよびProLiantサーバに、統合された高可用性クラスタリング・ソリューションを提供し、ミッション・クリティカルなアプリケーション、情報、およびサービスへの効率的な継続アクセスを実現します。

     

    特長

  • HP Serviceguard for Linux - ProLiantクラスタキットには、2つのServiceguard for Linux ライセンス、必要な全てのソフトウェア、完全なマニュアルセット、およびハートビートケーブルが含まれています。
  • SCSI構成ではRed Hat Professional 7.3、ファイバチャネル構成ではRed Hat Enterprise Linux AS2.1をサポートします。
  • ソフトウェアの強化により最大パッケージ数が150に増え、Serviceguard Managerによって管理機能が向上し、追加されたジャーナルファイルシステムとパラレルfsckによってフェイルオーバ時間が最小限に抑えられ、インストールが簡素化されています。
  • 2ノード構成用のQuorumサービス(アービトレータ)はRed Hat 7.1、7.2、7.3、またはRed Hat Enterprise AS2.1をサポートするHPサーバまたはPCで動作します。1つのインスタンスは、最大50の異機種HP-UXおよびLinux Serviceguradクラスタにおいて、最大100のノードをサポートします。
  • HP-UX版MC/ServiceGuardと同等機能をProLiant上のLinuxプラットフォームで実現しています。
  • HP/HPSDにより、設計、開発、デリバリ、サポートのトータル・サービスを提供します。
  • HP StorageWorks VAシリーズ、XPシリーズをサポート。SCSI構成で2ノード、Fibre構成では2〜8ノードまでサポートします。

    サービス

  • HPSD ハイアベイラビリティサービス for Linux により、お客様の環境・ニーズに合わせたLinux環境の高可用性を効率的に実現するための各種サービスをご提供します。
  • 基本構成と標準アプリケーションをベースに SGLXの導入・構築を行う『HP SGLX 導入サービス』、お客様固有のアプリケーション(カスタムパッケージ)の動作検証および実装を行う『カスタムパッケージ導入サービス』、お客様個別の要件・条件に応じた最適化を行う『チューニングサービス』、お客様の管理者の方へ製品トレーニングを行う『トレーニングサービス』および、製品に関する障害、問合せに対応する『サポートサービス』をご用意しています。
  • URL:http://www.hpsd.co.jp/linux/sglx/ (※現在、ページの提供は終了しております。)

    ■ センドメール社について

     

    米センドメール社(Sendmail,Inc. 本社:カリフォルニア州エメリビル)は、オープンソースのメール配送エージェント(MTA:Mail Transfer Agent)の「sendmail」を開発したエリック・オールマン(Eric Allman)と、Sybase社やIntegrated Systems社で重役ポストを歴任したソフトウェア業界のベテラン、グレッグ・オルソン(Greg Olson)によって1998年に設立されました。2000年には、事業拡大のために、デイブ・アンダーソン(Dave Anderson)が社長兼CEOに就任。Amdahl Corporation社の元CTO兼上席副社長であったアンダーソンは、メインフレーム専業メーカーだったAmdahl社を、ソフトウェアやサービスを手がけるベンダーへと見事に路線転換させた実績を持ちます。

    米センドメール社は非公開企業で、出資元としては、Morgan Stanley Dean WitterPrivate Equity、Chase H&Q、Robertson Stephens、Red Hat、Intel IA64Fund、Novell、Adobe、Network Appliances、Network Associates、ANT、Trans Cosmosなどのベンチャキャピタル投資者、企業投資者および一般投資家が名を連ねています。従業員は180人を超え、英国、ドイツ、フランス、および東京(アジア太平洋地域)に拠点を擁し、日本法人は、2003年1月に設立されました。商用版「Sendmail」は、欧米で約3万ライセンス、アジアで約1万ライセンスを出荷しています。

    http://www.sendmail.com/    http://www.sendmail.com/jp/   

    ■ ヒューレット・パッカード カンパニーおよび日本ヒューレット・パッカード株式会社について

      ヒューレット・パッカード カンパニーは、コンシューマおよび企業向けの様々な製品、技術、ソリューションおよびサービスを提供する世界規模のリーディング・カンパニーです。HPが提供する製品・サービスは、ITインフラストラクチャからパーソナル・コンピューティング、アクセス・デバイス、グローバル・サービスおよびイメージング&プリンティングと多岐にわたっています。HPはコンパック・コンピュータ社との合併を2002年5月3日に完了しました。HPに関する詳しい情報は以下のサイトに掲載されています。

    http://www.hp.com/    http://www.hp.com/jp/   

    ■ ヒューレット・パッカード・ソリューションデリバリ株式会社について

     

    HP(51%)、丸紅株式会社(34%)、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(15%)の共同出資により設立し、1999年4月1日より営業開始しました。HPSDは、ヒューレット・パッカード(HP)製及び業界で定評のある主要ハードウェア/ソフトウェア製品を組み合わせたインターネットを核としたソリューションの提供を目的として事業展開をしています。また、ミッションクリティカルな企業情報システムの構築においては、業種・業界を問わず多数の実績があります。

    http://www.hpsd.co.jp/ (※現在、ページの提供は終了しております。)

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡