Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年6月16日

IPコンタクトセンターの構築サービスを提供開始

− 運用・保守費用を抑え、場所に制限されないコンタクトセンターの構築がワンストップで可能に −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口泰行)は本日、IPテレフォニーの導入からコールセンター構築・統合をトータルに提供する「IPコンタクトセンター構築サービス」を開始することを発表します。このサービスでは、シスコシステムズ社のIPコンタクトセンター向けソフトウェア「Cisco IPCC Enterprise Edition」を中心に、IPテレフォニーの導入からコンタクトセンターの構築・運営まで、グローバルな実績を元にトータルなサービスを提供します。お客様は今後急速に広がるIPネットワークへの音声の統合(VoIP)を見据えた、極めて柔軟性の高いコンタクトセンターをワンストップで短期間かつ安全に構築することができます。

日本HPは自社のオンラインストア「HP Directplus(ダイレクト・プラス)」コールセンターにおいて、本年5月に日本で初めて「Cisco IPCC Enterprise Edition」を導入し、完全なIPベースのコンタクトセンターを構築しました。日本HPはこの経験と実績を元に、お客様のニーズにあった総合的なソリューションとサポートをワンストップで提供します。HPのサーバ群とネットワーク製品の提供および高い可用性を実現する大規模インフラの設計構築から、バックオフィスシステムとの連携やCRMアプリケーションの開発と運用まで、トータルなサービスをグローバルに提供します。

「IPコンタクトセンター・ソリューション」は、50席以上の中規模コールセンターや、複数の箇所にオペレーションを分散しているマルチサイトコールセンターで特に高い費用対効果が期待できます。またネットワークを刷新する企業ではさらに初期投資を抑えることができ、グローバルなビジネスを展開する企業でもその投資効果は顕著です。

<IPコンタクトセンターの利点>

 

企業でのIPネットワークの普及とADSLなどブロードバンドの整備に伴い、IPテレフォニーの利用が企業内から企業外へと本格化しています。IPコンタクトセンターの構築によってお客様は下記のような利点を得ることができ、企業が生み出すビジネス価値=RoIT(Return on IT)の最大化を図ることができます。

 

1) IPコンタクトセンターは従来のコールセンターと比較して、PBX(電話交換機)を必要としないため、コールセンターの保守・運用費用を約半分に抑えることが可能です。
2) 音声とデータのインフラが統合されるため二重投資がなくなり、通信費用の削減も可能となります。
3) PBXの設置場所に左右されることなく、IPネットワークがあればコンタクトセンターを分散配置できるため、効率的な業務とシステムを柔軟に構築することができます。
4) 場所にとらわれずに人員の配置が可能なことから、時差や人件費の差を利用したグローバルなサービス提供、システム設置場所と業務実施場所を地理的に分離した最適な場所でのオペレーションが可能になります。

<IPコンタクトセンター・ソリューション・サービスが提供する製品とサービス>

 
1) コンタクトセンター業務およびITのコンサルティング
2) CRM、その他アプリケーションの分析・設計、構築および既存システムとの統合
3) 各種ハード、ソフトウェア製品
通話録音装置などコンタクトセンターに必要な各種ハード、ソフトウェア製品
4) サーバ
ミッションクリティカルなIPCCやCRMを支える高い信頼性と性能を備えるUNIX、IAサーバを提供
5) ネットワーク製品
Cisco製品、AVVID周辺機器、hp procurve製品
6) インテグレーション及び保守サポート
上記製品に関連したインテグレーションサービスとIP コンタクトセンターに関わる一連の保守サポートの提供

<IPCCの特長>

  「Cisco IPCC Enterprise Edition」は、高い耐障害性と耐災害性を備えたIPコンタクトセンター向けソリューションです。例えば、コンタクトセンターの機能を大阪と東京に分散して構築・運用し、通常は両サイトでダイナミックに負荷を分散しながら、仮に万が一大阪のコンタクトセンターが障害や災害により停止した場合でも、東京のセンターだけでそのまま業務を継続できます。一般的なIP化による集中化で懸念される災害時の業務停止がありません。
また小規模用として「Cisco IPCC Express Edition」も用意されています。

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡