Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年7月1日

「アダプティブ・エンタープライズ戦略」を支える
インテル® Itanium®2 プロセッサ・プラットフォームを発表  

− 業界最高のパフォーマンス、優れた価格性能比、投資保護、マルチOS環境への対応で、
RoITの最大化をサポートし企業の国際競争力強化に貢献 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口泰行)は、同社のエンタープライズ事業の戦略「アダプティブ・エンタープライズ戦略」を支えるキーのテクノロジーである最新のインテル® Itanium®2 プロセッサを搭載したプラットフォームを発表しました。このシステムをお客様に提供することで、ITの生み出すビジネス価値=RoIT最大化をサポートし、企業の国際競争力強化に貢献していきます。

<日本HPのアダプティブ・エンタープライズ戦略>

 

グローバル競争の加速やインターネットの普及が、企業の競争の枠組みを大きく変化させています。企業は、M&A や事業の統廃合などを行い、先の見えない連続的な変化を乗りこなし続けなければなりません。このような状況下で日本HPは、各企業が激しい変化に迅速に適応できる企業=アダプティブ・エンタープライズ(適応型企業)になることをサポートします。アダプティブ・エンタープライズ実現のために日本HPが提唱するアダプティブ・エンタープライズ戦略は、以下の三つの技術の提供が特長です。

 
  • ダイナミックなリソースの最適化(仮想化技術)
  • 自動化されたインテリジェントな管理(マネージメント技術)
  • 連続的で安全なオペレーション(ビジネス・コンティニュイティ)

    これらを中心に、日本HPは、企業が連続的に変化するビジネス状況に迅速に対応できる俊敏性=アジリティを持ったシステムを、サービス品質を維持しながら、より少ない総所有コストで構築し、ITが生み出すビジネス価値 = RoIT (Return on IT)を最大化することをサポートします。これらの実現によって企業は、激しい変化に迅速に適応できる企業「アダプティブ・エンタープライズ(適応型企業)」になることができます。日本HPのアダプティブ・エンタープライズ戦略は、各企業がアダプティブ・エンタープライズになり、国際競争力を強化することをサポートします。

    <アダプティブ・エンタープライズを支えるItanium アーキテクチャ>

     

    インテル Itanium 2プロセッサはHPとインテルがそのアーキテクチャを共同開発してきました。日本HPは、共同開発してきたHPだからこそ提供できるItanium 2 プロセッサに最適化されたチップセット「HP zx1」を搭載した高いパフォーマンスとHP-UX、Linux、Windows® の3つのOSに対応可能なサーバ、ワークステーションをいち早く市場に提供してきました。今回も、インテル株式会社が最新のItanium 2 プロセッサを発表したのに合わせて、いち早く同プロセッサを搭載したサーバ、ワークステーションを発表し、Itanium 2 プロセッサの開く新しいエンタープライズ・コンピューティング環境をリードしていきます。また、Itanium アーキテクチャは、日本HPのエンタープライズ事業戦略アダプティブ・エンタープライズを支えるキーのテクノロジーであり、RoIT最大化を実現する4つの特長を持っています。

     
  • 高いパフォーマンス、優れた価格性能比
    Itanium 2 プロセッサは、演算処理時の更なる並列化をコンパイラレベルで実現する最新のEPICアーキテチャを採用しており、既存のRISCと比較して高いパフォーマンスを発揮します。本日発表する最新のItanium 2 プロセッサを搭載した「HP Integrity サーバ Superdome」は、Windows Server 2003との組み合わせで、TPC-Cベンチマークテストにおいて非クラスタ型システムとして業界で初めて70万トランザクション/分を越える結果を達成しています。また、「HP Integrity サーバ rx2600/rx5670」は、主要コンポーネントをバンドルした形で提供することでお求め安い価格を実現し、極めて価格性能に優れたシステムを提供します。これにより、総所有コストの削減が可能になります。
  • 投資保護
    Itanium 2プロセッサに対応したHP-UX 11i v2では、PA-RISC環境からのソース、バイナリ、データの互換性を維持しており、また、PA-RISCプロセッサからItanium 2 プロセッサへのアップグレード・パスも用意しています。このため、お客様の既存の投資を保護し、総所有コストの削減を実現します。
  • マルチOS対応による効率的なシステム運用/俊敏性の実現
    日本HPのItanium2 プロセッサ・プラットフォームは、HP-UX、Windows、Linuxの3つのOSをサポートします。そのため、ビジネス環境の変化に応じて、余剰となったシステムリソースを不足しているシステムにOS環境が違っていても転用することが可能となり、システム全体の利用率を高め、効率的なシステム運用ができます。また、適材適所のOS/アプリケーション選択で、システム開発期間を短縮することができます。これらによって、総所有コストの削減と俊敏性が実現できます。
  • パートナーシップによる俊敏性の実現
    Itanium 2 プロセッサは、業界標準プロセッサあるため、多くのソフトウェア・パートナーが対応を表明しています。これにより、各分野において最先端、最高のアプリケーション環境を選択することが可能となり、ビジネスの変化に迅速に対応するシステムが構築でき、俊敏性の獲得が可能となります。

    <Itanium 2 プロセッサ・プラットフォームを支えるHPサービス>

     

    Itanium 2 プロセッサ・プラットフォーム、マルチOS、アプリケーションソフトウェアを横断的にサポートする保守サービス、マルチOSを統合するITコンソリデーション、投資保護を目的とした導入/マイグレーションサービス、ビジネスコンティニュイティを実現するミッションクリティカルサービスなど、お客様の多様なニーズに対応するサービスを提供します。

    以上のように、日本HPの提供するItanium 2 プロセッサ プラットフォームとそれに関連したサービスは、総所有コストを削減しながら、ビジネスの俊敏性とRoITの最大化をサポートします。これにより、各企業がアダプティブ・エンタープライズを実現し、企業の国際競争力を強化することに貢献していきます。

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡