Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年7月3日

StorageWorksテープストレージ製品における「オープンコネクト戦略」を発表

− 第5世代DDSテープドライブの特別値引きキャンペーンや
第2世代Ultriumを採用した初めてのオートローダ製品を発表 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、HP StorageWorksテープストレージ製品をあらゆるプラットフォームに接続できることを目指す「オープンコネクト戦略」を発表します。
「オープンコネクト戦略」を推進するため、第5世代DDS製品「HP StorageWorks DAT72(以下、DAT72)」において「容量アップ応援キャンペーン」を期間限定で実施し、第2世代Ultriumを採用した初めてのオートローダ製品「HP StorageWorks SSL1016 Ultrium460オートローダ(以下、SSL1016)」を発表します。

■ 容量アップ応援キャンペーン

製品名 キャンペーン価格 キャンペーン率
HP StorageWorks DAT72 112,000円〜 希望小売価格の20%

■ 新製品

製品名 希望小売価格 出荷時期
HP StorageWorks SSL1016
     Ultrium460オートローダ
1,860,000円 7月中旬

<保守・サポート環境まで含めて、お客様が安心してStorageWorksテープストレージ製品を

導入できることを目指す「オープンコネクト戦略」>

 

日本HPは、お客様に最適なRoIT(Return on Investment:ITにおける投資対効果)を提供するためのストレージビジョン「HP ENSAextended(Enterprise Network Storage Architecture extended:エンサ エクステンディッド) (注1) 」を提唱しています。ENSAextendedは、ビジネスやアプリケーションの様々なニーズに応じて異機種ストレージ環境を自由に制御できるオープンで柔軟なストレージインフラストラクチャを構築し、現在および将来の投資を保護することを目指しています。

HPはあらゆるプラットフォームに接続できるテープストレージ製品の必要性が高まっていると考えています。「オープンコネクト戦略」を実現するために、自社製および他社製ハードウェアにおけるテープドライブの接続をHPが検証し、その情報を公開します。また、その情報に基づいてお客様のサーバシステム、ストレージシステムへのStorageWorksテープストレージ製品の保守・サポート環境を提供します。

HPは今後も「オープンコネクト戦略」に沿ったテープストレージ製品を提供する唯一のメーカとして、またDDSテープドライブ、Ultriumの市場を牽引するリーダーとして「オープンコネクト戦略」を推進し、お客様が安心して使用できる保守・サポート環境を整えていきます。
お客様はHPのテープストレージ製品を利用することで「オープンコネクト戦略」対応のシステムを自由に構成でき、ビジネスの変化に柔軟に対応できます。その結果お客様の投資が将来に渡って保護され、RoITの最大化を可能にします。

注1:ENSAextendedについては下記URLをご参照ください
     http://h50146.www5.hp.com/info/pr/fy2003/fy03-007.htm

<テープストレージ製品の接続可否情報をWebで公開>

 

HPは、テープストレージ製品の接続情報 (注2) をWebで公開します。自社製および他社製ハードウェアとの接続を検証し、動作保証された各製品をサポートしている環境を明確に公開します。これらの情報は、Webで参照できるほか、お客様は電話でサポートセンターに問い合わせ、最新のサポート環境を知ることができます。

注2:接続可否情報については下記URLをご参照ください
     http://h50146.www5.hp.com/products/storage/connect/

<「オープンコネクト戦略」を推進するための施策>

 

下記のような施策を発表し「オープンコネクト戦略」を推進します。

 
  • 第5世代DDSテクノロジ採用のDAT72をキャンペーン価格で提供
    「オープンコネクト戦略」を推進するために、9月末日まで「容量アップ応援キャンペーン」を展開します。第5世代DDSテクノロジを採用したDAT72において「容量アップ応援キャンペーン」と銘打ち、希望小売価格の20%特別値引きキャンペーンを実施します。DAT72は、72GB(圧縮時最大)のデータを6MB/秒の転送速度でバックアップ/リストア可能です。今回のキャンペーンにより、お客様は72GBまでバックアップ可能なDAT72を40GBまでバックアップ可能なDDS4製品と同等の価格帯で導入できます。データ量の急増に伴ない、バックアップテープの容量が不足しているという問題を解決します。
  • 第2世代Ultriumを採用した初めてのオートローダ製品SSL1016を発表
    また第2世代Ultriumを採用した初めてのオートローダ製品SSL1016を発表し、「オープンコネクト戦略」をさらに推進していきます。SSL1016は6.4TB(圧縮時最大)のバックアップ容量を持ち、16巻のテープを管理するオートローダ機能を備えています。HP-UX、Windows、Linuxをはじめとする多様な環境で利用できます。
  • 無償貸し出しにより、接続検証やパフォーマンス検証などが可能
    DAT72のキャンペーンおよびSSL1016の発表にあわせ、DAT72やUltriumなど、「オープンコネクト戦略」製品の無償貸し出しを開始します。この無償貸し出しプログラムにより、テープストレージ製品を購入する前に、自社製および他社製ハードウェア製品との接続検証、使用中のシステムに組み込んだ際のパフォーマンス検証などの各種検証をお客様が検証できます。日本HPは今後発表されるすべての「オープンコネクト戦略」製品に対しても無償貸し出しを行います。

    <ご参考:Ultrium(ウルトリウム)について>

      IBM、HP、Seagate Technologyの3社が共同で策定した磁気テープ記憶装置の規格。「LTO Ultrium」とも呼ばれる。50社を超えるサプライヤがライセンス契約を結んでいる。HPはUltriumテープドライブ市場で第一位のシェアを占める。次々世代である第4世代まで明確なロードマップが発表されている。

    ■ 添付資料

     
    ・容量アップ応援キャンペーンの詳細一覧
    ・HP StorageWorks SSL1016 Ultrium460オートローダの主な仕様一覧
    ( PDF:12kb ) *

    ■ ストレージ・ソリューションに関する製品情報は以下のURLから参照できます。
         http://www.hp.com/jp/storage/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
    ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


    PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡