Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、インテル株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、マイクロソフト株式会社の共同リリースです。3社から重複して配信されますが、あらかじめご了承ください。

2003年7月14日

インテル株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

インテル、日本HP、マイクロソフト
IT企業として初めて鈴鹿8時間耐久ロードレースをサポート

インテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役共同社長 グレゴリ ピアーソン/吉田 和正、以下インテル)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行、以下:日本HP)、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:マイケル ローディング、以下:マイクロソフト)の3社は、本年7月31日から8月3日まで鈴鹿サーキットにて開催される「FIM 2003 世界耐久選手権シリーズ第6戦 "コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース第26回大会(以下、鈴鹿8耐レース)」のSUZUKA 8tai Liveパートナーとして、同レースをサポートします。IT企業合同による同レースのサポートは、今回が初めてのこととなります。

鈴鹿8耐レースは、日本で最も有名なオートバイレースのひとつで、四半世紀以上の間、多くのファンやライダーに支えられてきた歴史あるイベントです。5月4日のイタリア・サンマリノで第1戦よりスタートしたFIM 2003 世界耐久選手権シリーズの第6戦も兼ねているため、世界的に注目度の高いレースでもあります。

今回のインテル、日本HP、マイクロソフトの3社の協力により、鈴鹿8耐レースのインターネット上でのライブストリーミング配信を実施します。ライブストリーミング映像は、ラップチャートもあわせてライブ表示をされますので、映像とともに周回タイム等も確認できます。

そして、その映像を自宅のみではなく実際にレースが開催されている鈴鹿サーキット内でもご覧いただけるイベントスペース「SUZUKA 8tai Live-Mobile Pit」(以下、Mobile Pit)を展開します。Mobile Pitでは、日本HPの新型ノートPCを無線LAN環境でお楽しみいただけるほか、高画質映像などもご覧いただけます。また、鈴鹿サーキット・グランドスタンドなどで設置される、Mobile Pit以外の無線LANエリアでも同様にインターネットや映像がお楽しみいただけます。

今回のサポートにあたり、3社は以下の取り組みを行います。

 
  • インテルは、モバイル・コンピューティングに特化して設計されたインテル® Centrino™ モバイル・テクノロジを提供します。インテル Centrino モバイル・テクノロジを搭載したPCは、無線LAN機能を標準装備し、省電力設計により長いバッテリ持続時間を実現します。
  • 日本HPは、Windows Media 9 シリーズのインストールされたインテル Centrino モバイル・テクノロジ搭載ノートPCおよび無線LAN機能、指紋認証機能を搭載したHP iPAQ Pocket PCを提供します。
  • マイクロソフトは、動画配信に利用するサーバーオペレーティングシステム(OS)のMicrosoft Windows Server™ 2003およびPC上での高品質の音質および映像などデジタルコンテンツの再生、配信を可能にするデジタルプラットフォームMicrosoft® Windows Media® 9シリーズを提供します。Windows Media 9 シリーズによって鈴鹿8耐レースの臨場感を、インターネットを通じて多くのPCユーザーが楽しむことができます。

    ■ インターネット配信

     
  • 期間: 2003年7月14日(月)〜8月3日(日)
      ※ 予選:7月31日(木)〜8月2日(土)
      ※ 本戦:8月3日(日)
  • URL:   http://www.8tailive.com/ (※現在、ページの提供は終了しております。)
  • PC視聴環境: 動画配信を視聴するには、Windows Media Player 9 シリーズ日本語版のインストール( http://www.microsoft.com/japan/windowsmedia/ )が必要になります。
    また、会場の臨場感を楽しむための通信環境として、ADSLなどのブロードバンド環境を推奨します。

    鈴鹿8耐レースをサポートすることで、インテル、日本HP、マイクロソフトは、無線LANと薄型軽量でも高性能なノートPCの組み合わせによる新しいレース観戦スタイルを提案します。

    <鈴鹿8時間耐久ロードレースについて>

      鈴鹿8時間耐久ロードレースは、1978年に第一回大会が開催された伝統ある二輪レースで今年は第26回目の開催となります。現在モーターサイクル市場で大きな勢力となっている一般生産型1,000ccクラスのストリートバイクをベースに独自チューニングを施した史上最強のロードゴーイングバージョンマシンを中心とした魅力的な耐久レースです。また、FIM世界耐久選手権シリーズ第6戦として世界的にも有名なレースでもあり、四半世紀にわたり、多くのファン、ライダーに支持されています。

    <インテルについて>

      世界最大の半導体メーカであるインテル コーポレーションは、パソコン・ネットワーク/コミュニケーション製品の世界的なメーカでもあります。インテルに関する情報は、( http://www.intel.co.jp/ ) で入手できます。

    <インテル® Centrino™ モバイル・テクノロジとは>

      インテル Centrino モバイル・テクノロジは、インテル Pentium® M プロセッサ、インテル 855 チップセット・ファミリ、およびインテル PRO/Wireless ネットワーク・コネクションで構成される、インテルがモバイルPC向けに提供する最高の技術で、薄型軽量ノートブックPCやミニおよびサブ・ノートブック、タブレットPCに最適です。

    <日本HPについて>

     

    ヒューレット・パッカード カンパニー(HP)は、コンシューマ及び企業向けの様々な製品、技術、ソリューション、サービスを世界規模で提供するリーディング・カンパニーです。HPが提供する製品、サービスはITインフラストラクチャからパーソナル・コンピューティング、アクセス・デバイス、グローバル・サービスおよびイメージング&プリンティングまで多岐にわたります。HPは2002年5月3日をもって、コンパック・コンピュータ・コーポレーションとの合併を完了しました。合併後の新会社は、2001年度の売上げが合計約811億ドル、世界160ヶ国以上で事業を営んでいます。HP及びその製品に関する情報は、ホームページ( http://www.hp.com/jp/ )に掲載されています。
    日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。日本HPは2002年11月1日をもってコンパックコンピュータ株式会社との合併を完了しました。詳細はホームページ( http://www.hp.com/jp/ )をご覧ください。

    <マイクロソフト株式会社について>

     

    マイクロソフト株式会社は、1986年に設立され、個人および企業向けのソフトウェアやサービス、インターネット テクノロジを提供しており、多様な製品・サービスの提供を通じて、時や場所、機器を問わず優れたソフトウェアで人々の可能性を広げていきます。

    <Windows Media 9 シリーズとは>

      デジタルコンテンツの再生、配信、著作権管理ができるデジタルメディアプラットフォームで、2003年1月29日より製品版の提供を開始。デジタルメディアの再生ソフトであるWindows Media Player 9 シリーズ、デジタルメディアのエンコード(符号化)ツールであるWindows Media エンコーダ 9 シリーズ、およびWindow Server 2003に標準実装されている配信サーバー機能などを含む。

    #     #     #

    トランスコスモス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥田 昌孝)は3社の上記レース映像、試合結果の場内配信などイベントの企画・サポートをしています。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡