Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年7月30日

ストレージ運用システムを改善するコンサルティングサービスを開始

− データ移行まで含めた包括的なサービスを提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、ストレージ運用システムを改善するコンサルティングサービスを本日より開始します。このコンサルティングサービスでは、ストレージの設計から、効果的なストレージシステム構築のために必要となるデータ移行の実作業まで、すべての作業をパッケージで提供します。これによりお客様はデータを新しいストレージシステムに確実に移行でき、データ移行後は即座に業務を開始することができます。また低価格でコンサルティングサービスの利用が可能となります。

企業で扱うデータ量の急激な増加に伴い、ストレージに保管されるデータ量も増えています。そのためデータの性質および重要性ごとに、保管および利用方法を変え、より効率的で柔軟性の高いストレージシステムを構築することが求められています。
従来、データのバックアップ作業は、運用中のデータを直接テープなどのバックアップデバイスに保管していました。このためバックアップに時間がかかり、バックアップ作業中は時には長時間にわたり業務を停止しなければなりませんでした。これらの問題を解決するために、日本HPは以下のようなデータ特性に合わせたストレージ機器を配置するシステム「2ステージバックアップ・ソリューション」を提唱しています。(以下のURLでシステム構成例がご覧になれます。

 

     http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2003/pdfs/fy03-162.pdf ( PDF:32kb ) *

1) アクセス頻度が高く、高速なレスポンスが要求される運用中の業務データは、高性能・高可用性を備えたディスクアレイ(プライマリストレージ)に保管します。
2) アクセス頻度が低く、高速レスポンスは不要だがオンラインで保管したいデータには、既存のディスクアレイ(セカンダリストレージ)を活用します。
3) 長期保存を目的とするデータは、テープストレージに保管します。

これにより、各ストレージの性能を発揮した高速処理を実現し、業務停止時間を最短に抑えることが可能です。特にファイルサーバ用途のストレージで運用されている場合はフラグメントが解消されデータ転送速度が速くなるため、バックアップの時間が大幅に短縮されます。さらに既存ストレージを活用することで、資産の有効活用が可能となり、企業のIT投資を保護します。

2ステージバックアップ・ソリューションを構築するために、日本HPが提供するコンサルティングサービスは以下のとおりです。

<コンサルティングサービスの概要>

 

このコンサルティングサービスは、業務データの保管用にプライマリストレージとして高可用性ディスクアレイ「HP StorageWorks EVAファミリ」を導入するお客様を対象としています。その他のディスクアレイに関しては、新規購入、既存のストレージを活用する場合だけでなく、他社製ストレージを利用する場合においても適切なコンサルティングサービスを提供します。日本HPでは、マルチベンダストレージ専用のサポート部隊がサービスを提供し、マルチプラットフォーム/マルチベンダ環境での運用を保証します。

 
1) 高性能ストレージディスク「HP StorageWorks EVAファミリ」の設計
スナップショット機能の利用から、ヘテロジニアス(異機種混在)な環境まで、高度な技術知識が求められる環境での設計を行います。
2) バックアップの設計と実施
各ストレージで利用するバックアップソフトウェアの設定および動作検証を行います。また従来使用していたストレージ機器のRAIDの再設計を行い、バックアップデータストレージに適したRAID構成へ移行します(MAストレージに限る)。
3) 新ストレージへのデータ移行
旧ストレージ機器からEVAへのデータ移行を、設計から実作業まで実施します。8時間以内であればサービス提供範囲内で実施します。また、データが正しく移行されているかどうかを検証します。

<日本HPが提案する2ステージバックアップ・ソリューション>

 

2ステージバックアップ・ソリューションは、業務用の運用データを保管するプライマリストレージと、そのデータのバックアップをとるテープストレージの間に、セカンダリストレージを配置することで、ダウンタイムを最小限に抑え、高速処理を可能にするストレージシステムを構築します。このソリューションでは、各データに要求されるレスポンスに合った適切なストレージを配置します。

日本HPは、高性能・高可用性を提供するファイバチャネル向けプライマリストレージとして「HP StorageWorks EVAファミリ」を提供するとともに、セカンダリストレージとして価格性能比に優れたディスクアレイ「HP StorageWorks MSA1000」を推奨します。

日本HPは今後もお客様が利用しやすいストレージ環境を整備し、コンサルティングを行っていきます。

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡