Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年8月5日

バックアップ・ソフトウェア「HP OpenView Storage Data Protector 5.1」を発表

− Itanium 2サーバやWindows Server 2003をサポート −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、バックアップ・ソフトウェア「HP OpenView Storage Data Protector(エイチピー オープンビュー ストレージ データプロテクタ) 5.1」を発表します。Data ProtectorはマルチベンダのLANおよびSAN環境に対応したバックアップ・ソフトウェアです。今回のバージョンより最新のインテル® Itanium® 2 プロセッサに対応したHP-UX 11i v2をサポートしたほか、マイクロソフト社の最新OSであるMicrosoft® Windows® Server 2003のサポートを開始します。また、Windows版のライセンス価格を従来のバージョンと比較し大幅に見直すことで、市場の競争力を強化しました。出荷開始は8月上旬からで、日本HPおよび日本HPの販売パートナーより販売します。

製品名 価格 出荷開始
HP OpenView Storage Data Protector 5.1 118,000円〜 8月上旬より

<データバックアップの運用環境の統合と自動化をサポート>

  企業における危機管理の一環として、ITシステムのデータ保管、バックアップは一般化してきました。その一方で、企業内に複数メーカーのサーバやストレージが混在して設置されていることから、バックアップに関してもサーバごと、ストレージごとに実施し、必要以上に手間がかかっているケースが多く見受けられます。また多くの企業では管理対象のデータが急増しているにもかかわらず、IT投資抑制のあおりからバックアップに携わるITスタッフの人数を容易に増やすことができないなど、運用面でも問題を抱えています。こうした環境の中、限られたITリソースで効率よくデータバックアップを行うためには、運用環境を統合するとともに、バックアップ・ソフトウェアのスケジュール機能を使用して自動化を進める必要性があります。日本HPはお客様のIT投資を効率的にサポートできるよう、Data Protectorの機能を一段と強化し提供します。

<Windows環境でのサポートを強化したData Protector 5.1>

  Data Protector 5.1は最新のItanium 2 プロセッサに対応した最新のHP-UXである HP-UX 11i v2をサポートするほか、Windows Server 2003も32ビット版と64ビット版の両方にいち早く対応しました。価格面においても、小規模オフィスでの単一サーバ環境に最適な「シングルサーバ版Windows」の価格を従来バージョンより約20%引き下げ118,000円とすることで、市場競争力を高めています。日本HPは今回の製品よりWindows環境のバックアップ・ソフトウェアでも販売体制を強化、販売パートナーに向けた教育プログラムなどを充実させることによりシェア拡大を目指します。

<数TBのデータを数分で復旧できるインスタント・リカバリ機能>

 

Data Protectorは運用中のデータのバックアップをハードディスク上に複数のリカバリイメージとして保持することにより、障害時に短時間での復旧を可能とする「インスタント・リカバリ機能」を搭載しています。テープ装置へのバックアップと比較してリカバリ時間を大幅に短縮でき、数TBのデータも数分で復旧することができます。特にデータが絶えず更新され続ける無停止型のアプリケーション環境で有効です。
また、HP StorageWorksテープドライブ製品との連携により、最小限の手順で短時間にサーバを復旧できる「ワンボタン・ディザスタリカバリ機能」を充実させています。Data Protector 5.1は、これ以外にも以下の新機能を搭載しています。

 
  • Oracle 8/9iデータベースのリストアにGUI(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)を提供
  • 自動メディアコピー機能によるデータの分散保存
  • スケジューリング機能の強化
  • バックアップするデータの暗号化などに有効なエンコード機能
  • Windows Server 2003のVolume Shadow Copy Service(VSS)機能との連携によるオンライン・バックアップ機能の強化
  • Windows Server 2003の2〜8ノードのクラスタシステムのバックアップに対応

    ■ HP OpenView Storage DataProtectorおよびそれぞれの機能に関する詳細は以下のURLを参照してください。
         http://h50146.www5.hp.com/products/storage/software/dataprotector/index.html

    ■プレスルーム
         (画像データなどは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
    ホームページ :   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡