Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年10月14日

日本オラクル株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本信号株式会社

日本信号がLinuxと「Oracle9i Real Application Clusters」で交通管制システムを構築

− 「HP ProLiant」と「Oracle9i Real Application Clusters」で可用性の高いシステムを実現 −

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新宅正明、以下:日本オラクル)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口泰行、略称:日本HP)、日本信号株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:西村和義、以下:日本信号)は、クラスタ・データベースソフトウェア「Oracle9i Real Application Clusters」とHPのIAサーバおよびストレージを採用した交通管制システムを構築したことを発表します。システムの構築とインテグレーションは、富士ソフトABC株式会社(以下、富士ソフトABC)が行いました。

今回の交通管制システムは、信号機に設置された車両感知器から送られるリアルタイムな交通量や車の流れなどの情報を収集、分析し、そのデータを基に、円滑な交通を実現するための意思決定支援システムです。こうした24時間365日連続したサービスが不可欠なシステムを、今回Linuxと「Oracle9i Database」、「Oracle9i Real Application Clusters」という組み合わせで実現しました。

今回のシステムのハードウェアには、オラクルの「Oracle9i Real Application Clusters」と高い親和性を持つ日本HPの業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiant DL580 G2」3台とストレージシステム「HP StorageWorks MSA1000」が採用されました。また、サーバとストレージ間のNSPoF(No Single Point of Failure:ノー・シングル・ポイント・オブ・フェイルア、一箇所の障害がすべてをだめにしてしまうその箇所がないこと)構成をはかるため、「HP StorageWorks セキュアパス ソフトウェア」を導入、ファイバチャネルの二重化により、システム全体の高可用性が実現されました。今回のシステムは、日本で初めてLinux上の「Oracle9i Real Application Clusters」をオラクルのクラスタ・ファイルシステムOCFS(Oracle Cluster File System)と組み合わせ、ファイルシステムの効率化を目指したものでした。そのため、システム導入に先立ち、パフォーマンスや構築手順等、さまざまな事前検証が求められ、日本HPと富士ソフトABCは「HP Oracleソリューション・センター」にて検証作業に取り組みました。また、「HP ProLiant DL580 G2」3台による「Oracle9i Real Application Clusters」システムの構築にあたっては、段階的にノード数を増やしていき、求められる処理能力にあわせて柔軟に拡張していくことができるRACのスケールアウトの魅力が実証される形となりました。

日本オラクルと日本HPはこのシステムを始めとして、低コストで高可用性を実現するLinuxとRACの組み合わせによるシステム構築に注力していく予定です。

<日本信号の交通管制システムについて>

 

交通管制システムは、信号機の点灯を制御するだけでなく、将来の交通予測や施策立案に関する意思決定を支援するため、収集した交通情報を解析、分析します。主要幹線道路上に設置された信号機と車両感知器から送られるデータを24時間365日収集し、解析のために長期間保存しています。また加速度的に増加する現代の車社会に対応できる拡張性をもったシステムにより、正確な情報を安定して提供し、人に優しい車社会の実現に貢献しています。

<「Oracle9i Real Application Clusters」について>

 

世界で圧倒的なシェアを誇るオラクルのデータベース管理ソフトの前バージョン「Oracle8i」から採用された「キャッシュ・フュージョン」アーキテクチャに基づく新しいデータベース・クラスタリング機能です。従来のデータベース・クラスタリング機能では、ノード数の増加に従ってノードあたりの性能に劣化が生じていましたが、この新機能によりノード数の増加に対して正比例した性能を確保することができます。「Oracle9i Real Application Clusters」によるノードの追加は単にシステム全体の性能向上をもたらすだけではなく、単一もしくは複数のノードの障害が発生しても、残りのノードで運用が継続できることで信頼性の向上をもたらします。

<「Oracle Cluster File System」について>

 

「Oracle9i」で培われたクラスタリング技術を基盤に新しく構築された共有ファイルシステムです。システム管理者は、高可用で信頼性が高く、ハイパフォーマンスなシステムの上で、より大きなファイルや拡張ファイルを管理することができます。

#     #     #

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

 

日本オラクル株式会社

OracleDirect  TEL : 0120-155-096

日本ヒューレット・パッカード株式会社

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
URL :   http://www.hp.com/jp/

日本信号株式会社
広報グループ 今井 光大

TEL : 03-5954-4607
E-mail : info@signal.co.jp
URL :   http://www.signal.co.jp

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡