Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年10月15日

HP StorageWorksオートローダ製品で最大約20%の価格改定を実施

− テープストレージ製品のオープンコネクト戦略をさらに推進 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、HP StorageWorks(ストレージワークス)テープストレージ製品があらゆるプラットフォームに接続できることを目指す「オープンコネクト戦略」をさらに推進するため、Ultrium 230ドライブまたはvs80ドライブを搭載した「HP StorageWorks 1/8 tape autoloader」において最大約20%の価格改定を実施することを発表します。また、テープストレージ製品の接続可否情報の日本語化、テープストレージ製品の選定サポートシステムの提供により、「オープンコネクト戦略」を推進します。

製品名 新希望小売価格 改定率
HP StorageWorks 1/8
     Ultrium 230 tape autoloader
¥1,280,000 約20%
HP StorageWorks 1/8
     vs80 tape autoloader
¥647,000 約10%

企業のRoITの最大化が厳しく問われる中、IAサーバ、ディスクストレージの低価格化が進んでいます。さらに、サーバに接続される周辺機器に対しても価格性能比の高い製品が求められています。日本HPは、システムダウンによる企業の損失がますます大きくなっている現在こそ、万全のデータ・バックアップとリカバリ対策が重要と認識しています。
テープストレージ製品を使用するバックアップはバックアップメディアが低価格なだけでなく、データに可搬性を持たせることでリモートサイトでの保管が可能です。万が一、オンサイトで発生してしまったデータ障害においても、復旧が可能なため壊滅的なシステムダウンタイムの回避が可能になります。
日本HPは、オートローダ製品をよりお求めやすい価格で提供することでお客様にデータ保護ソリューションを提供します。また、自社製および他社製プラットフォームへの接続を増やすことで、HP StorageWorksテープストレージ製品における「オープンコネクト戦略」をさらに推進します。

<オートローダ製品において最大約20%の価格改定>

 

「オープンコネクト戦略」を推進するため、「HP StorageWorks 1/8 tape autoloader」のUltrium 230ドライブ搭載モデルにおいて約20%、vs80ドライブ搭載モデルにおいて約10%の価格改定を行います。両モデルとも1台のドライブとカートリッジ8巻を高さ2U(約8.8cm)の筐体に搭載し、ラック搭載の外付け自動バックアップソリューションとして最適です。オートローダ製品とバックアップソフトウェアの運用設定により、例えば一週間分の自動バックアップ運用が可能になり、管理運用コストを低減します。

両モデルの最大バックアップ容量は以下の通りです。

 
Ultrium 230ドライブ搭載モデル: 1.6TB(圧縮時最大)
vs80ドライブ搭載モデル: 640GB(圧縮時最大)

<テープストレージ製品の接続可否情報の日本語化、テープストレージ製品の選定サポートシステムの提供>

 

日本HPは、自社製および他社製ハードウェアとの接続を検証し、テープストレージ製品の接続情報をWeb 注1 で公開しています。今後、接続可否情報を日本語化し、テープストレージ製品の選定サポートシステムを提供することで、お客様のテープストレージ製品導入をサポートします。また、これらにより、販売パートナの販売促進を支援します。

最新の接続可否情報はWebで参照できるほか、サポートセンターでも情報を提供しています。

  注1:接続可否情報については下記URLをご参照ください
     http://h50146.www5.hp.com/products/storage/connect/

<HP StorageWorksテープストレージ製品の「オープンコネクト戦略」>

 

日本HPは、あらゆるプラットフォームに接続できるテープストレージ製品の必要性が高まっていると考えています。「オープンコネクト戦略」を実現するために、自社製および他社製ハードウェアにおけるテープドライブの接続をHPが検証、Webで公開し、お客様のサーバシステム、ストレージシステムへのStorageWorksテープストレージ製品の保守・サポート環境を提供しています。お客様はHPのテープストレージ製品を利用することで「オープンコネクト戦略」対応のシステムを自由に構成でき、ビジネスの変化に柔軟に対応できます。その結果お客様の投資が将来に渡って保護され、RoITの最大化を可能にします。

■添付資料
     今回価格改定する製品の仕様一覧 ( PDF:12kb ) *

■ストレージ・ソリューションに関する製品情報は以下のURLから参照できます。
     http://www.hp.com/jp/storage/

■プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

f■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡