Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは日本ヒューレット・パッカード株式会社とブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社の共同リリースです。 両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2003年10月16日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社

IIJ-Tech「IBPSデータマネジメントサービス」インフラストラクチャに日本HP、ブロケードによる
コアエッジモデル大型SAN導入

− 日本最大級のSANインフラストラクチャを支援し、IIJ-Techデータマネジメントサービスを強化 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行、以下 日本HP)とブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社(本社:東京都港区、社長:松島 努、以下 ブロケード)は、株式会社アイアイジェイテクノロジー(本社:東京都千代田区、社長:鈴木幸一、以下:IIJ-Tech)に日本最大級のSAN (注1) インフラストラクチャを構築したことを発表します。今回のSAN構築は、IIJ-Techによる企画・設計の下、日本HPおよびブロケードがSANデザイン、SAN全体のインフラストラクチャ構築を担当し実現したもので、IIJ-Techは、「IBPS(インテグレーション & ビジネスプラットフォームサービス)データマネジメントサービス」の大幅な拡張を達成し、お客様に対して国内初となる総容量40TB大規模ストレージサービスの提供を開始します。

現状のストレージシステムを利用しているお客様は、「多大なコスト」、「莫大なデータのバックアップ時間」、「データの重要性に合わせたディスクの選択の難しさ」など多くの問題に直面しています。今回IIJ-Techが導入した日本最大級のコアエッジモデル (注2) は、企業に蓄積された情報資産を集中管理し、管理コストも含めたTCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)の削減を行う、ネットワーク型のストレージシステムへのニーズに対応したものです。
またIIJ-Techは、今回導入するコアエッジモデルにより、高い拡張性、柔軟性を備えることで今後のさらなる事業展開をも視野に入れたSANによるインフラストラクチャ環境を実現しました。IIJ-Techは、SANによるインフラストラクチャを再整備することより、「IBPSデータマネジメントサービス」を大幅に拡張し、低価格で柔軟性の高いストレージサービスを2003年10月27日より開始する予定です。

IIJ-Techが新たに構築したSANは、日本HPのハイエンドディスクアレイである「HP StorageWorks XP」を、メインのストレージ装置とし、FCスイッチには「HP StorageWorks Core Switch 2/64(Brocade SilkWorm 12000相当)」を4台(6ドメイン)、コアエッジ型で接続した構成となっています。日本HPは柔軟性や拡張性、そしてマルチベンダー対応といったメリットのあるオープンなSAN環境を推進しています。今回のIIJ-TechのSANについても、マルチベンダー環境への適応や運用サポートなど幅広い範囲の支援を行いました。

このコアエッジモデルの採用により、IIJ-Techが実現した内容は以下の通りです。

 
  • 柔軟に拡張可能なサービス基盤
  • リソース利用効率の向上、および将来的な設備投資の抑制
  • 顧客の選択範囲の拡張、従来比1/5の価格でのストレージサービス
  • ディスクからディスクへの高速バックアップ、SANとNAS (注3) の統合

    IIJ-Techが「HP StorageWorks Core Switch 2/64(Brocade SilkWorm 12000相当)」を採用したのは、次の理由からです。「ストレージは、ITインフラストラクチャの中でも比較的長期間使われるものです。長期的な視点で考えたとき、ロードマップがしっかりしている製品でなければ、将来に不安があって使えません。次世代製品のリリースが明確になっているなど、ロードマップのしっかりしたベンダーであることが条件です。」

    IIJ-Techでは、SAN環境について次のように考えています。「今後ストレージ単価はますます下がるため、今までは基盤業務を中心に用いられたSANの用途が広がり、同時に多くのアプリケーションがこのサービスを利用することが想定されます。将来的な利用者ニーズへの対応のため、今回IIJ-Techでは柔軟に拡張可能なコアエッジ型大規模SANを構築しました。今後は、より多くのポート数を持ったFCスイッチや高速なFC規格対応スイッチ、またIP対応を含め、来年販売予定のFabricアプリケーションプラットフォームに期待しています。」

     
    注1: SAN Storage Area Networkの略。複数のストレージ装置で構成するネットワークを専用のネットワークで接続し、仮想的に1つの大きなストレージ装置として、様々なOSのプラットフォームから自由にアクセスできるようにするもの。コンピュータ間を繋ぐLANとは異なり、ハードディスクなどの外部記憶装置同士をFibre Channelというデータ転送方式で高速に接続し構成する。サーバごとにディスク装置を接続する構成に比べ、ストレージ利用効率の改善や、運用管理の一元化が可能。
    注2: コアエッジモデル 統合され、柔軟に拡張可能な階層型SAN構築モデル
    注3: NAS Network Attached Storageの略。コンピュータ間を接続するLANに直接接続して使用するストレージ装置。ネットワークに接続された他のコンピュータからは、通常のファイルサーバと同様、共有ディスクとして使用することができる。

    <日本ヒューレット・パッカード株式会社について>

     

    ヒューレット・パッカード カンパニー(HP)は、コンシューマ及び企業向けの様々な製品、技術、ソリューション、サービスを世界規模で提供するリーディング・カンパニーです。HPが提供する製品、サービスはITインフラストラクチャからパーソナル・コンピューティング、アクセス・デバイス、グローバル・サービスおよびイメージング&プリンティングまで多岐にわたります。HPは2002年5月3日をもって、コンパック・コンピュータ・コーポレーションとの合併を完了しました。合併後の新会社は、2001年度の売上げが合計約811億ドル、世界160ヶ国以上で事業を営んでいます。HPおよびその製品に関する情報は、ホームページ ( http://www.hp.com/   米国のサイトへ ) に掲載されています。
    日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。日本HPは2002年11月1日をもってコンパックコンピュータ株式会社との合併を完了しました。詳細はホームページ ( http://www.hp.com/jp/ ) をご覧ください。

    <ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社について>

     

    ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社(代表取締役社長:松島努)は、インテリジェントなストレージネットワーキングプラットフォームの開発・販売事業をグローバルに展開するBrocade Communications Systems, Inc.(Nasdaq:BRCD)が100%出資する日本現地法人です。ブロケードはSAN(Storage Area Network)向けファイバーチャネルファブリックソリューション市場のリーディングサプライヤであり、ファイバーチャネルファブリックスイッチ市場において90パーセントを超えるシェアを獲得しています。 ブロケードのSilkWorm® ファブリックスイッチファミリーとソフトウェアは、企業におけるデータの可用性とストレージ、サーバ資源を最適化するように設計されています。企業では、ブロケードのソリューションを使用することによって、SANを簡単に実現し、データストレージ環境のTCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)を低減し、ネットワークとアプリケーションの効率を高めることができます。ブロケードに関する詳細については、
    http://www.brocadejapan.com/ をご参照ください。

    <IBPSとは>

     

    IBPSは、IIJ-Techが提供するリソース・オンデマンド型サービスです。お客様の要件に応じたシステム構築・運用を行う際に必要となる"部品"(あらゆるリソース)を予めサービスとして用意いたします。これにより、お客様は、初期導入コストを抑えた大規模なシステムの構築を短期間で実現することができます。さらに、お客様システムをIIJ-Techにてお預かりし、運用・監視を行うことにより、システムに係るお客様のTCOを大幅に軽減いたします。IIJ-Techでは、これまで、オンライン証券、大規模EC・製品ポータルサイト、検索エンジンなど多くの大規模インターネットビジネスのシステムを構築し、システムの運用・管理までトータルにサポートしております。

    ■ 日本HPストレージ・ソリューションに関する製品情報は以下のURLから参照できます。
         http://www.hp.com/jp/storage/

    ■日本HPプレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

     

    日本ヒューレット・パッカード株式会社

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
    ホームページ :   http://www.hp.com/jp/

    ブロケードコミュニケーションズシステムズ(株)
    マーケティング本部

    TEL: 03-5402-5370  FAX: 03-5402-5399
    E-mail:   japan-info@brocade.com
    URL:   http://www.brocadejapan.com/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡